忠岡町会議員 これえだ綾子です

くらし平和を守る忠岡町をごいっしょにつくりましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忠岡町9月議会が終わりました

2017-09-07 21:18:13 | 町政&議会報告

9月7日(木)

忠岡町の9月定例議会が今日、終わりました。

 

忠岡町は、決算の認定が9月議会ではなく、12月議会なので、

9月議会は、よその議会よりも、早く終わります。

 

決算委員会は10月17日~19日の3日間です。

決算委員には、日本共産党から今回は、私が入ります(緊張するわ~)。

 

9月議会では、2つの意見書が全会一致で採択されました。どちらも大阪府に送付されます。

①大阪府福祉医療費助成制度について府議会付帯決議の完全実施等を求める意見書(新婦人府本部からの陳情)

②国民健康保険の保険料率や減免制度のあり方に関する意見書(議運に日本共産党が提案)

 

他会派のみなさんが賛同されたので、ちょっと驚いたのですが、採択されて良かった

 

しかし、私たちが紹介議員となった、町独自の少人数学級を求める請願(泉北教職員組合)は、

私たち日本共産党以外の議員が賛同せず、不採択となりました。残念~

 

町から提案された「大阪府福祉医療助成制度の再構築に伴う関係条例の整備に関する条例」は、

日本共産党は反対しましたが、賛成多数で可決されてしまいました。

①大阪府の老人医療費助成制度が廃止

  (3年の経過措置があるものの、88名の方が対象外に。今後、毎年11名程度の方が新たに受けれるはずだったのに受けれなくなりました)

②医療機関窓口での一部負担額が引き上げ

  (障がい者医療は、月2日の限度が撤廃され、月額限度額も3,000円に引き上げの負担増に)

③精神病床への入院が対象外 

などの問題があり、大阪府の制度改悪ですが、忠岡町の条例も変えるので、認められません。

 

大阪府はヒドイことする! IR万博のためのお金はあっても、福祉医療助成はばっさり削る。

 

今日は、一般質問もあり、疲れました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町政報告会を開きました

2017-08-27 00:52:32 | 町政&議会報告

8月25日(金)

文化会館で、日本共産党の議員団町で、政報告会を開きました。

夕方3時半からの開催でしたが、30名近くの参加がありました。

 

司会は私で、3人の議員団で分担して報告しました。

6月議会の報告をしたあと、ご意見やご質問をいただきました。

 

「町独自の少人数学級を実施して欲しい」

「高月北の高齢者は買い物にも苦労する」

「大阪万博とのセットのIRには反対」

「大事なことが、知らない間に議会で決まってしまっている」

などのご意見や要望が出されました。

 

改善や実現に向けて、取り組んでいきたいと思います。

 

司会をしながら、分担した所の報告もしていたので、写真を撮るのを

忘れました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「市民と野党の共同」 泉州市民連合のつどい

2017-08-23 07:33:58 | 活動報告

8月22日(火)

岸和田市福祉センターで、社民党の福島みずほさんを迎えて、

泉州市民連合の集いがありました。

憲法や民主主義をないがしろにするアベ政権を打ち破って欲しいという、

国民の願いは、市民と野党が一致点で共同することを求めていると思います。

 

自由党の方の発言で、「共産党を嫌いとか言っている場合ではない」との話に

自民・公明と、維新の会などの補完勢力に打ち勝つには、ホント、こちらも共闘するしか

道はないと思いました。

「あ~、民進党の前原さんに言いたい~」と思いました。

 

福島みずほさんも、集会の中でも言われていましたが、自民党の支持層にも、

アベ政権の憲法改悪に危惧を抱く方はいると思います。

そんな方にも、「いっしょに力を合わせましょう」と話をしていく必要性を感じました。

 

「安倍改憲を絶対させてはならない!」と決意を新たにするいい集会でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっても良かった~! 日本母親大会in岩手

2017-08-20 22:58:22 | 活動報告

8月20日(日)

8/19~20、日本母親大会が岩手県で開かれ、行ってきました~

延べ1万人を超す参加者で、とても大きな集会でした。

 

今年は東日本大震災の被災地で開催されることと、記念講演が

フリージャーナリストの安田菜津紀さんということもあり、「是非行きたい!」

と申し込みました。

 

大阪の母親連絡会の皆さん(100名を超える参加者、スゴイ!)と参加しました。

 

1日目の分科会、私は、「不登校・ひきこもり」に参加しました。

飛行機が機体整備で1時間遅れたので、分科会の基調報告が終わっていて

参加者の発言しか聞けなかったのですが、子どもが不登校というお母さんの

大変だった気持ちや、支援者の方のお話も聞けて、本当に良かったです。

 

行政への働きかけや議会質問に、活かしていきたいと思います

 

安田菜津紀さんの記念講演は、中東の内戦と、東日本大震災の被災地の

話をされました。

被災された方に寄り添い、ジャーナリストとして役割を果たす。

ジャーナリストの役割や報道の仕方の難しさなどがよくわかりました。

 

岩手県知事と盛岡市長が揃って挨拶され、実行委員長はJAの方で、「スゴイ!」

野党と市民の共同の広がり、草の根の運動に驚きました。

 

全国のお母さんたち、女性のたたかいが報告され、元気をもらえたり、

盛りだくさんで、感動もいっぱいあって、本当に素晴らしかったです。

 

来年は高知県。来年も参加したいです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国民健康保険「府内統一」問題で緊急要望

2017-08-10 01:28:06 | 活動報告

8月9日(水)

朝から議会報告の忠岡民報の全戸配布ビラを配り、昼から大阪府庁へ。

日本共産党府議団とともに府下市町村議員団で、大阪府に対し、

国保の「府内統一」問題について、緊急に要望しました。

 

来年4月から国保が「都道府県化」されますが、大阪府は

保険料率や減免基準を「府内統一」する方針のため、保険料がかなり上がるし、

減免基準も良くないものにされます。

 

国保が「都道府県化」されても、保険料は市町村で決めれるのに、

大阪府は、「府内統一」に従わない市町村にペナルティーをかける方針です。

 

現在、市町村が保険料引き下げのため、一般会計から独自の繰り入れを

していますが、「府内統一」になったら、独自繰り入れはダメという。

 

今でも高くて耐えがたい国保料が、さらに上がるし、市町村の独自減免が受けられなくなる

世帯が出てきて、大変なことになります。

 

都道府県化になれば、財政基盤が安定するというけれど、大阪府は独自に繰り入れは一切しないし、

今、市町村が行っているの独自繰り入れも認めないとなれば、国保加入者の負担増で財政基盤を

安定させる訳ですね。

 

「府下統一」されたら保険料が上がるわけだ。

 

忠岡町でも、来年度から国保が都道府県化されるのでと言うことで、この4月から

国保料の府下限度額が6万円(国基準まで)引き上げられました。

国基準とおりに限度額を上げておかないと、府からの調整交付金を減額されるから

ということが理由です。

 

大阪府は国保料を安くする市町村の独自の努力をさせない、ヒドイもんです。。

そんなん、いらんよ~と、思います。

 

維新府政は、国保加入者のくらしの大変な実態をみていない、冷たいと思いました。

 

9月議会や決算委員会で、明らかにして、住民にお知らせしていきたいと思います。

 

そして、府下統一保険料や減免制度にさせない、という世論を広げていきたいです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加