アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4200 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

まち歩き伏0272  近藤勇 遭難の地

2016年11月26日 21時33分31秒 | まち歩き

 

 

 この清和荘には 名水 「清和の井」 がある

 

街道の宿場町としての拠点がここ墨染界隈にもありました。京都へ通じる伏見街道、大津へ至る大津街道、そして、八科峠を越えて六地蔵から宇治に向かう道、墨染は大きな3つの街道の分岐点にあたり、人馬の往来が激しく、土産物屋では伏見人形・深草団扇・深草焼塩・伏見鋸などが売られていました。参勤交代の大名行列はこの墨染から藤森神社の南鳥居の前を進み、西寺町、谷口町を経て山科の勧修寺前に出ます。そして、山科川を渡り、小野随心院を北に折れて追分けへと大津に向かう道が定められていました。

幕末の慶応3年(1867)12月18日、伏見奉行所に陣を移した新選組の隊長・近藤勇は京都町奉行所の若年寄・永井玄播頭との軍議のため、二条城に赴きました。この頃すでに、幕府軍と薩摩長州軍との間に戦いがいつ始まっても不思議ではない緊張関係にありました。近藤は護衛約20名を伴っての帰り道、伏見街道が屈曲する墨染通り附近で狙撃されました。狙っていたのは御陵衛士の生き残り阿部十郎と、伏見薩摩藩邸にいた篠原泰之進、加納道之助、富山弥兵衛らでした。弾は左肩に命中しましたが致命傷には至らず、そのまま馬を走らせて伏見奉行所逃げ込みました。近藤は治療のため大阪に退き、副隊長・土方歳三が新選組の指揮を執り、近藤は鳥羽伏見の戦いへ参戦するすることができなかったのでした。

伏見観光協会 (社)伏見納税協会 青年部会

平成21年12月 建立

遭難の地  こちらを主張する人もある  ➡  まち歩き伏0269   墨染 の 交差点

関連記事  ➡  新選組

まち歩き 前回の記事 ➡  伏0271

 

川柳

 

2億円買えば当たるか2億円   /茂木

 

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まち歩き伏0273  この角石... | トップ | まち歩き伏0274  下ノ郷橋... »
最近の画像もっと見る

まち歩き」カテゴリの最新記事