アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

まち歩き伏0325  伏見の名水 白菊水

2016年12月28日 22時27分47秒 | まち歩き

 

 

 

 

「白菊水」は、創業延宝5年(1677)の清酒神聖・山本本家の酒造りに使われ、香りのよい飲み口の淡麗な日本酒を醸し出す水。全国名水百選を選ばれた御香水の水脈と同じくしています。「白菊水」の伝説は、その昔、稲の豊作を願い白菊を愛でる翁(仙人)が「この地に日照りが続き、稲がかれるようなとき、私の愛でた白菊の露の一雫より清水が湧き出す」と告げたとされています。その白菊の翁が姿を変えたといわれる「白菊石」は御香宮の境内に祀られています。

 

京の水  ➡ 名水を訪ねて

まち歩き 前回の 記事  ➡  まち歩き伏0324  民家 土台は突き出た石だった

 

川柳                                        

 

倹約をライトアップの社寺が説く     /もんじろう

 

下のユーザー地図で京都の記事探索が出来ます。試してみてください

 

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔵のある風景伏0310回  伏... | トップ | まち歩き伏0326  月の蔵人 »
最近の画像もっと見る

まち歩き」カテゴリの最新記事