アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数3900 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

寺院東0364  清水寺 舌切茶屋 2

2017年05月17日 20時37分11秒 | 寺院

 

 

舌切茶屋

腰掛茶屋 清水寺の寺侍で、月照を庇い、六角の獄舎で舌をかんで自害した近藤正慎の遺族が営む茶屋。

幕末、幕府の追及をのがれるために、月照(清水寺の勤皇僧)が西郷隆盛とともに都落ちしたのは、安政5年(1585)9月11日だった。近藤正慎は伏見の渡船場まで見送った。近藤は幕府に捕えられ、翌月の24日に獄中での最期だった。捕えられた後は拷問が続き、もはやこれまでと最後の手段として牢屋の壁に強く頭を打ち付け、舌をかみ切るいうあわれな最期だった。43歳と清水寺の文献は伝えている。妻きぬ女は、まだ幼い市太郎八重の二児をかかえて途方に暮れた。清水寺の好意で、境内に茶店を出すことを許され、やっとその日をしのぐことができるようになった。「清閑亭」と名付けられたこの茶店は、いつのころからか、正慎が舌をかみ切って死んだところから、「舌切り茶屋」と呼ばれるようになった。

4代目主人は近藤昭平氏。正慎の墓は、東山区祇園下河原清井の清竜寺にある。

 

関連記事  ➡  石碑中0019-12 日本近代医学発祥の地 かつ 平野國臣外数十名終焉の地(六角獄舎跡)

           清竜寺

月照・西郷の密議の場所  ➡  寺院東0358  清閑寺 2

                寺院東0357 清閑寺  1

                

               寺院東0363 清水寺 本堂 舞台 1

寺院 前回記事  ➡  寺院東0362  金剛寺 八坂庚申堂

五七五

たくわえは老後のためと老いた母 /巻淵

ことわざ

屋上屋を架す(おくじょうおくをかす)

 下のユーザー地図で京都の記事探索が出来ます。試してみてください

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺院東0363 清水寺 本堂 ... | トップ | 寺院東0365 清水寺  子安... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む