アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4000 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

寺院左0368  安養寺  

2017年06月02日 08時02分28秒 | 寺院

 

 

青龍山と号する西山浄土宗粟生光明寺に属する寺で、本堂には本尊阿弥陀如来像と慈覚大師像を安置し、境内の不動堂には石造不動明王像を安置する。寺伝によれば、初め神明山の東南、一切経谷辺に慈覚大師円仁が創建した延暦寺の別所があったが、応仁の乱にかかって退転した。その後、室町時代の延徳年間(1489~92)比丘尼智照によって現在の地に再興され、さらに天正18年(1590)に至って浄土宗にあらため、安養寺と称するに至った。

慈覚大師 関連 記事  ➡  寺院下0065  長圓寺  浄土宗 本派  内容追加

         寺院西0013-1 浄住寺  黄檗宗 

         金福寺  芭蕉・蕪村・たか女

         赤山禅院  天台宗  サルが御所・平安京を守る

         清浄華院 浄土宗  松平容保の宿舎・新選組も訪れた

         広い境内の知恩寺  「百万遍」 名付け親は後醍醐天皇

         この寺の施餓鬼会の火が左大文字の親火になり点火される  法音寺

         聞名寺  光孝天皇ゆかりの寺・明眼地蔵

         寺院上0140 光清寺 浮かれ猫、「心和の庭」 (重森三玲 作)

寺院 前回の記事 ➡  寺院東0366  青蓮院 大日堂 

 五七五

生きてやる百歳までの見積書 /古崎

ことわざ

親の光は七光り

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まち歩き山0461  京都一周... | トップ | 神社左0103 日向大神宮   »
最近の画像もっと見る

寺院」カテゴリの最新記事