アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4000 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石碑上0118  初代上京区役所跡

2017年06月20日 06時57分45秒 | 石碑

 初代上京区役所跡

明治12年(1879)3月14日郡区町村編成法に基づき京都府上京区が誕生する。明治22年(1889)の市制施行による京都市誕生の10年前のことである。当初京都府庁内に区役所が仮設されたが、初代上京区長杉浦貞氏等の尽力により、上京区第17組中立売通西洞院西入3丁町及び菊屋町、下小川町に約600坪の敷地を確保する。初代上京区役所は明治16年(1883)7月に開庁し、昭和13年(1938)7月までこの地で区政が執り行われた。上京区130周年を記念して、日本の地方自治の魁であるこの地を顕彰する。上京区130周年記念事業実行委員会

関連記事 ➡  道標 上京区役所前にあり  天満宮・上かも・東山

           上京区役所 

石碑 前回の記事 ➡  石碑上0117 中立小学校・中立幼稚園 閉校閉園記念

五七五

立ち話 意気投合し 旅プラン /田川

ことわざ

旅は道連れ世は情け

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まち歩き上0497  松葉 京... | トップ | まち歩き上0498  古風な2階... »
最近の画像もっと見る

石碑」カテゴリの最新記事