こっぽんおりブログ

朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(愛称:こっぽんおり)のブログです。

【第2回】京都朝鮮学校事件高裁判決―日本の裁判所はなんと言ったの?(イラスト付リーフレットWEB連載)

2014-09-19 20:50:01 | おしらせ
WEB連載第2回目が、いよいよ公開です。
今回は、「判決では、どうして1,226 万円もの大きな賠償金を命令することになったんですか?」にふくろう博士が答えます。

襲撃事件を直接経験した朝鮮学校の子どもたち、民族教育の次代を担う子どもたちが、
日本の司法が出した判決の意義を、楽しく前向きに捉えることができるように、子ども目線で作成しています。
ぜひ、注目&拡散にご協力下さい。

あわせて、第1回目のハングルバージョンもアップロードしていますので、こちらもご活用下さい。
自分たちの言葉で、この判決の意義を体感して欲しい。そんな思いで用意しました。

民族教育の社会的価値を認めたこの判決は、日本社会のみならず、世界史的に重要な意義を持つことをどんどんアピールしていきたいと思います!

★ダウンロードは↓★
https://drive.google.com/folderview?id=0B60d_nhxt-QfajloR24wNEVHLUk&usp=sharing



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都朝鮮学校事件高裁判決―日... | トップ | 【第3回】京都朝鮮学校事件高... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む