瀬戸際を制する物は全てを制する。落ちそうで落ちない、瀬戸際の覇者の、瀬戸際の日々

来るものは拒まず、去るものは追わず、嫌なものからは逃げる、人生は冗談をモットーとする、そんな男の瀬戸際の戯言

ブログ再開!

2017-06-20 00:13:49 | Weblog

ブログとは大分御無沙汰していたが、記事にコメントが付いたというメールが来ていたので、久し振りにブログを見てみたら、なんと、本当にコメントが付いている、誰も読む人などいないと思って油断していた為、これは衝撃だ。誰にもこのブログの存在を教えていなかったのだから、アクセスなど無くて当たり前なのだが、教えてgooの回答のお礼に書いておいたら、見に来てくれた、有難い。これで、ずいぶん長い間更新していなかったブログだが、また再開する気が出てきた、下書きの状態の物や、記事にはなっていないネタだけの物、学生時代に同人誌(ほとんど文集のような物)に書いていたものなどもいくつかあるので、順次公開していこうと思う、ヴィジュアルな物の全くない、文字ばかりのブログと言う物も有ってもいいのではないか、逆に新鮮だったりするかもしれない。ところで、今はブログ全盛だが、インターネットが広まる前のパソコン通信の時代は、掲示板が流行っていた。掲示板は1つのテーマに沿って、様々な意見を交換し合う場であるので、自分の書いた意見に対して、同意や反論が有るのは当たり前だった、つまり会話が有った、それに対してブログは、自分で情報を発信し、それを人に見て貰うのが目的で、そこには会話は無い。私のこのブログでは、好き勝手なことをネタ帳代わりに書いている、なので、見てほしいと思う反面、見られたら恥ずかしいと思う所も有る、なので、毎週送られてくるアクセス履歴を見ては、どうせ巡回ロボットだろうと思って気にしていなかったが、実際に読んでくれている人がいて、しかもコメントまで書いて頂いた、嬉しいと同時に恥ずかしいというのが本音である。プロのブロガーやユーチューバーの人にとっては、アクセスされるのは当たり前で、見られる事よりもアクセス数の方が重要なのだろうが、アマチュアの自分としては、たとえ一人でも、確実に読まれていたと言う事が確認できたのは、感動すら覚える程の驚きである、なんだかまとまりが付かなくなって来たので、この位にしておこう。ところで、コメントの中にメールアドレスは書き辛いと書かれていたが、確かにその通り、少なくとも公開されいる所にむやみにメールアドレスは出さない方が良い、なので、もしも私と連絡を取りたい場合は、私に直接メールをして頂ければ、対応します。私のメールアドレスは、このブログのアドレスの最後をgooIDとした物ですが、私は古くからのgooのユーザーで、アドレスを変更していませんので、「@mail.goo.ne.jp」になります。よろしくお願いします。

『コラム』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月見うどんの食べ方に関する... | TOP |   

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL