㈱コンテックス ~技術翻訳ならおまかせ!
相模原で機械メーカーさんを中心に外国語に関するお手伝いをしています。
http://www.kontecs.com/




コンテンツサービス事業部の後藤です。

タイトルはコーヒーのCMキャッチコピーだと思いますが、今日はそんな「仕事に全く関係のない」お話です。(・・あ、いつもか・・)

 

私は8年ほど前にタバコを止めました。それまでは特別ヘビースモーカーではなかったのですが、一日一箱ぐらいは吸っていました。セブンスターがメインで、常備しており、時々ショートホープ、ピース、キャメル等を平行して吸っていました。

いつの頃からかチクチクと胸の痛みを覚えるようになり、「こ、これは・・・恋・・・?」・・ではないのはすぐに分かったので、タバコの接し方を考えるようになりました。中毒していたので、すぐ止めるのは無理だと思い、軽くすることから考えました。15~20㎎程度のニコチンを好んでいたのですが、これを少しずつ落としていったのです。といってもいきなり1㎎とか3㎎とかでは全く吸ってる気がしないため、逆に本数が増えます。で、12㎎、10㎎、8㎎、5㎎という風に段階的に落としていくことにしました。それでも時々リバウンドしてピース(20㎎)に逆戻りしながら、2年かけて1㎎のキャビンに落ち着きました。これは長足の進歩です。胸の痛みもなくなりました。

更にとある冬にインフルエンザにかかり、3日間高熱で倒れていましたが、この時全くタバコを吸わずにいられたのです。これはかつてない出来事でした。以前はどんなに喉が痛くても、咳が止まらなくても、健康のバロメーターと称して必ず1本は吸っていたからです。!!もしかしたらこのまま止められるのでは・・??・・・果たして、吸いかけの箱を残したまま、タバコは止めました。ちょうどタスポが出回っていて、まもなく異常な値上げをされる直前です。当時はまだ320円ぐらいでしたね。今の値段ではとてもついていけません。吸い始めのころはセブンスターが150円でしたから・・。インベーダーゲーム3回やるとタバコ2箱分の出費になるので、私は友人のプレイを咥えタバコで見ていたものです。結局30年ほど吸い続けました。その昔、祖父が専売公社に勤めていましたが、やっとその因縁が切れた感じでしょうか。

さて、ここからが本題です。禁煙する1年ほど前から、パイプタバコにも興味を持って、少しずつ研究していました。パイプ作製キットなんてものもあって、自分でブライヤーの火皿部分を削って作ってみたりもしました。いろいろなHPを参照して自分好みのタバコを探していました。パイプタバコは紙巻タバコとは違い、肺まで吸引しません。口元で火力を調節して、「いぶす・くゆらせる」ものです。私はアロマオイルやインセンスにも興味があり、こりゃまたいろいろ研究していたのですが、パイプはそれに近い感じです。紙巻タバコの巻紙には燃焼剤が含まれていて、これが紙巻の独特な臭気になっています。パイプタバコはアロマに近く、良い香りを部屋に付けることもできます。そんなわけで、パイプはいつかまた「大人になったら」やろうと思って保管していました。

先月ぐらいから部屋でぼーっとする時間が欲しくて、久々にパイプを出してきました。一日1回(休日はこの限りにあらず)、だいたい火を付けると1時間以上は楽しめます。タバコの葉は50gで1500円程度。1パックあれば1月以上持ちます。リーズナブルに静かな独りの時間を過ごせます。とりとめのない考え事をしたり、ただ音楽を聴くのに(覚えるためでなく)パイプとコーヒーはぴったりです。お金をつぎ込まなくても、独りの時間を静かに過ごせるのはそれだけで贅沢なことだなぁと思う今日この頃です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コンテンツサービス事業部の前田です。

Eテレの『100分で名著』という番組で『ソラリス』をとりあげているのを知り、
「シブい!」とうなりました。

何年も前に『ソラリス』を読んだのですが、
その時、「なんじゃこりゃ」とクラクラきました。

スタニスワフ・レムというポーランドの作家が書いた小説です。
ざっくり説明すると、宇宙ステーション内で、記憶の中の人が実体化する物語です。

この物語、登場人物の目の前に、死別した人が目の前に現れる、
実体化しているので幽霊ではない。
しかも、自分の記憶が元になっているので、いわゆるコピーにすぎず、
さらに、自分の願望も反映されている。

まったく同じだけど、別人なのです。

主人公の場合は、死別した妻に遭遇します。

さあどうする、という難しい決断を迫られる展開になりますが、
実は「ソラリス」を読んでもっとインパクトがあったのは、
謎がまったく解明されない、ということです。

ソラリスというのは惑星の名前です。
表面をおおう海はどうやら知性を持っているらしいけど、
人間が考える生命の概念を超えているし、
やることがまったく意味不明なのです。

なんで人間の意識をさぐってコピーをつくるんだ、と。

人間が考えるロジックで理解できない存在がある、ということみたいです。

いつか読み返すかもしれませんが、
とうぶん先でしょう。

技術翻訳ならコンテックス!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




* 社内記事  日→英 翻訳(東京都 中央区 の メーカー様  ) をご依頼いただきました。  ありがとうございます。

* 論文 英→日 翻訳 (東京都 中央区 の メーカー様 ) をご依頼いただきました。  ありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コンテンツサービス事業部の人見です。
さて、今回は最近見かけた面白い翻訳ツールのご紹介をしようと思います。

私は趣味で月に数度舞台に行くのですが、
とある海外でも大人気の漫画を原作とした舞台に行った時のこと。
中国の方が遠路はるばるその舞台を観に来ていたのです。

私も京劇やブロードウェイの来日公演などを観劇したことがあるので、
異国語の舞台でも十分に楽しむことは出来るのは知っているのですが、
大体予め舞台の両端に字幕が流れる電光掲示板などが置いてある事が多いのです。
それは来日公演だからこその措置であるため、
国内公演であるその舞台では勿論字幕が流れる掲示板はありません。
原作をある程度把握していたとしても楽しみは半減してしまうのでは…と思っていました。
すると、その方たちはロビーの端にいたスタッフに声をかけ、何やら眼鏡のようなものを借りていたのです。

…そう、翻訳眼鏡!(正式名称ではありません笑)

実際にかけたことがないのでどのように見えているのかは分からないのですが、
視界の下の方に字幕が見えるようになっているみたいでした。
言語も英語、中国、韓国語に対応していて、
これがあれば海外の方も舞台を最大限に楽しむことができる
何とも素敵な翻訳ツールではないかと感動しました…!

実は身近なところに翻訳ツールがあるんだと驚いた、そんなお話でした。

技術翻訳ならコンテックス!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コンテンツサービス事業部の後藤です。

 

先日同時通訳の現場に立ち会いました。

ブースの中に2名の通訳者さんが腰かけて、ヘッドセットを付けて聞こえた言葉を同時通訳していきます。集中力が必要な業務なので、15分マックスで交代して行います。

いやいやいや・・これは不思議な技術です。伺ってみると、「反射」だそうです。 耳に聞こえた言葉を反射的に別の言葉に変換しているということでした。それにしても、すごい・・・私はヘッドセットを付けて、右耳で通訳者の声、左耳で会場の音を聞いていましたが、両方聴くだけでもわけがわからなくなります。それを聴きながら別の言語で話すのですから、これはもう宇宙人ではないかと、思ってしまうわけです。(笑)

通訳者さんたちは実際の通訳時間の数倍以上の予習時間を充てているそうです。そして頭の中で二つの言語を組み合わせておいて、どちらかが来たらもう片方が発声されるように備えておくということでした。ですので事前の資料が揃っているほど、よいパフォーマンスになります。逆にアドリブだと言葉を探す時間が必要なので質とスピードが低下するそうです。ご依頼される方は是非「早めに」「必要な情報」をご提供いただけるようご協力ください。

私はプライベートでバンドをやっていますが、「アヒルの水かき状態」という言葉を時々使います。これは平然として演奏しているが、実は裏でものすごい時間の稽古を積んでいることを表したり、ドラムの話ですが、上半身(客席から見えるところ)では余裕のプレイをしていながら、実はベースドラム(足)が非常に難しく、早い動きをしていることを表します。アヒルも悠然と泳いでいるようで、結構忙しく水をかいているんですね。そんな言葉が今回の通訳案件で頭に浮かびました。技術を提供する人は見えないところで人知れず厳しい稽古をしているものですね。

 

技術翻訳ならコンテックス!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧