My Audio Life (趣味のオーディオ)

真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取り組んでいます。

KT88 PPアンプ 出力トランス(OPT)交換後、音質調整を進行中(その2)~抵抗交換編~。

2017-03-20 12:26:53 | 真空管アンプ

今回は抵抗を高音質と言われるものに交換してみました。

同時に、定数の見直し(設計の見直し)も行っていますが、この部分は次回として、まずは交換した抵抗を紹介します。

今まで私のアンプでは散々アーレン・ブラッドレー(A&B)のカーボン抵抗を使用し濃い音を作ってきましたので、今回は高特性の出力トランスのを生かすために、金属皮膜抵抗を中心に使い、ハイファイ化を狙いました。

使用した抵抗は以下です。写真を参考にしながら読んで下さい。


①PRP製抵抗PR9372 写真の赤い抵抗。小さい方。表面に艶があります。 

 アメリカ製のハイエンド・オーディオ用の抵抗らしいです。

 電力が低い部分(カソード抵抗、帰還抵抗、グリッド抵抗)にはこの抵抗を使いました。1/2W品です。


②IRC製RN-65(MIL規格品) 写真の赤い抵抗。少し大きい方。IRCの印字が見えます。

 RN型の元祖でアメリカ宇宙航空用途に開発された物らしいです。3/4W品です。


③KOA製SPR5C 写真の緑色の大きい抵抗。

 日本が誇る抵抗メーカーKOA製のものです。カーボン系?

 この抵抗は「無線と実験」「管球王国」でも抜けが良く透明感のある音と評価だったそうです。

 5Wが音が良いそうです。

 

今回、初段帰還カソードの電解コンデンサもスプラグATOMからBCコンポーネンツ製のラジアルタイプ220uF/25Vに交換しています。

こちらの方が配置的に収まりが良いのと、音も抜けが良いためです。

 

現在エージング中ですが、エージングが進むとともに抜けの良い、解像度の高いハイファイな音になっていってます。

今迄よりは確実に音質が向上しています。ノイズも減っています。

抵抗はとにかくエージングに時間が掛かるので、100時間くらいは様子を見たいと思います。 

 

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロック豪華アーティスト揃い... | トップ | ビンテージ部品を使用する時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。