My Audio Life (趣味のオーディオ)

真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取り組んでいます。

新PCでUSBオーディオの再構築(Foobar2000でDSD128再生)

2014-07-26 13:21:02 | DAC ES9018

前の記事で書いた様に、日本に帰って来てから新PCを購入したので、このPCを使って再度USBオーディオの再構築をした。

購入したPCの仕様は、

ASUS UX32LN NB / silver

( Win8.1 64bit / 13.3inch FHD / i5-4200U / 8G / 500GB HDD + 8GB SSD / GT840M )

という製品。アマゾンで10万円を少し切る価格。

 

目指すは、PCM→DSD128(5.6MHz)以上のリアルタイム変換!


使用するDACは、GUSTARD DAC-X10。(X-MOS+ESS9018)

CDのリッピングは、以前から使っているEACをインストール。こちらは問題なくインストール完了しリッピングも問題なし。

今までリッピングした音楽ソースは、WAV形式で既に簡易NASにたっぷり入っている。

再生はFoobar2000

Foobar2000本体は問題なくインストール完了。v1.3.3(2014年7月16日Version) 

しかし、ここからの色々なDriverやComponentsのインストールが大変。

XMOS+ESS9018でDSD再生するために必要なものを手順を追って説明する。


①foo_output_ASIOのDownloadとInstall

 オーディオ・インターフェース・ドライバである。

  これはfoobar2000のHPのComponentsで入手できる。

 http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_asio

 これでKernel Mixerを通らなくなる。これを入れておかないと、PCのスピーカーから普通に音が出てくる。

②ASIO4ALLのDownloadとInstall

 こちらから→http://www.asio4all.com/

 "foo_output_asio"をinstallする。どこの言語でも良いが無難にEnglishにしておいた。 

 

③"foo_input_sacd"と"foo_dsd_asio"をdownload、install

 こちらから→http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/ 

この②、③はfoobar2000のPrefernces>Componentsのところで追加(install)する。

Componentsの追加後はこの様になった。

 

④XMOSのためのTUSB Audio Driver

 "USB Audio 2.0 Class Driver"

   これが大変だった。

 Thesyconという会社が持っているDriverらしいがFreeで落とせない。

   ちなみにこちらのHomepage

 http://www.thesycon.de/eng/usb_audiodriver.shtml

 幸いにも、私はDAC-X10を購入した時にCDが同梱されていた事を思い出して、そちらからInstallした。

これで一通り準備が出来た。

ASIO Driverは次の様に追加された。

 

次はFoobar2000などの各種設定。

・ASIO4ALLの設定

   DACを接続するとXMOS XS1-L1 Audioが追加される。

  

・USB Audio Class Driverの設定

 次の様に設定。

 DSD128で出力するためには、Buffer Sizeは最大の8192が必要。(小さいとノイズが入る)

Clock Sourceを確認すると、XMOS内部Clockが352.8KHZを表示している。

・foo_dsd_asioの設定

 次の様に、DoP Maker / DSD128に設定。

 PCM→DSDへの変換設定。

・SACDの設定

 DSDで出力するために以下の様に設定する。PCM to DSDへ変換の設定。

 ASIO Driver Modeは、"DSD"

・OUTPUT Deviceの設定

 ASIO:foo_dsd_asioとする。

これで一通りの準備は完了!

1年前よりは、余計なDriverなど(WASAPIなど)ものを入れていないのでスッキリ。

さて、DACの入力表示を確認してみると、Play前は内部Clockの352.8KHZを表示している。

実際にPlayをしてみると、見事に"DSD128"を表示。

これは、44.1KHz x 128 = 5.6448MHzを意味している。

やった!成功だ!リアルタイムDSD変換!!

これでPCM→DSD128のリアルタイムDSD変換が可能になった。

出てきた音をヘッドホンアンプで聴いてみた。

DSD64の時に比べて、さらに音の密度が増して、音に厚みと広がりが出た。

さらに、かなり細かい音まで綺麗に聴こえる。スタジオのバックグラウンドのノイズやギターアンプのかすかな音も聴こえる。

DSD64とまた次元が違う。

以前使っていたPCでは、DSD128に設定すると(時々DSD64でも)、プチプチノイズとか音が途切れていたが、

PCを新しくしたらDSD128でも問題なく再生できる。

さらにDSD256にも挑戦したが、音源ソースが44.1KHZでは無理な様だ。?

 

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に帰ってきました。(オー... | トップ | RCA製赤ベース6SL7(5691)と6S... »
最近の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
曲再生時のノイズについて (takuann)
2014-11-21 09:42:46
はじめまして。
キワモノ好きが講じてDAC-X10に手を出してしまい^^;,こちらの記事を参考にさせていただいています。
同梱ドライバー等に違いは見られますが,概ね設定ができ,おかげ様で中々の音質を楽しんでいます。
ただ,一つ悩んでいるのが曲再生時のノイズと頭の欠けです。
曲データをネイティブ再生する時は問題無いのですが,FLAC→DSD変換モードにすると,曲の冒頭に「ピュッ」「シッ」といったノイズが発生し,頭に無音が無い曲だと頭の部分が欠けて再生されます。
特に元データが96k以上のハイレゾ音源だと顕著です。
foobar2000の問題かと,バッファ等いじっても変化は無いようです。
管理人殿の環境ではそのような現象はありませんか?
何かご存知でしたら教示いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
Re. (ブログ主)
2014-11-21 23:35:41
こんにちは。
この症状は他の人もWeb上に書き込まれていますが、
Foobar2000に依るものの様です。
私も、PCM→DSDリアルタイム変換で聴くときに同様な症状があります。
停止状態から再生、スキップして再生した時に起こります。ただし、曲の冒頭が一瞬切れるだけで、ノイズが入る事はありません。
それも、曲を連続して(流して)聴くと、曲冒頭でも切れることはありません。
この症状も、Foobar2000の最新Versionでは、多少改善されている様な気がします。
私は、v.1.3.5を使用しています。
試してみてください。
EACとfoobar2000の違い (池本良一)
2014-11-23 01:09:25
今ではfoobar2000でCDのリッピングからできるのでEACは不要になりませんか?同じ曲でリッピングしたWAVファイルでの音質はどうですか?ファイルサイズはEACが小さいです。
ハイレゾ音源を作るのに、私はEACはレコ-ドで言えば細かいゴミを取り除くソフトでfoobarはカ-トリッジ針の役目かと思っています。
この解釈でいいのでしょうか?指南ください宜しく。
Re. (ブログ主)
2014-11-23 09:29:28
こんにちは。
私も、そう思うところがあります。
EACは、①受け取ったデータと保存したデータのコンペア(ベリファイ)と、②抽出データの正確性をネットを介して他の人が抽出したデータとコンペア、③ディスク上のゴミを削除している事が主な特徴と思っています。
①に関しては、結局送り出しのエラーやロスはお構いなし、補正や再読み込みには至らない。②は、他の人が取り込んだデータが全て正確か疑問。③は、例えば、bit欠け?16bitあるところが部分的に(ある時間、ある瞬間だけ)15bitになってしまったとか。
私はこの様に認識しているのですが、どの様に思われますか?

ごめんなさい。Foobar2000でリッピングした事はありません。今度、機会があれば、比較してみます。
Unknown (takuann)
2014-11-25 10:29:08
管理人殿

ご意見ありがとうございます。
とりあえず,最新Verを使用していました。頭切れはES9018の仕様,という話もあるようですね。
foobarでタイムラグを付けた再生ができるといいのですが。。。

私の環境で発生している「ピュ」という妙なノイズですが,その後ネイティブ再生で確認して,
PCMソース → 未発生
DSDソース → 発生
という状況です。それぞれサンプリング周波数にかかわらず同傾向でした。
ネイティブ/リアルタイム変換にかかわらず,PCからDACにDSDデータが入力され,ロックする時にノイズが発生するようです。
また,同梱されてきた無印のUSBドライバーから,こちらで紹介されていたThesycon社のお試しドライバーに変えても症状は同じでした。
ハードの個体差なのかもしれません。使っている内にノイズが小さくなったような気もします。
こちらの過去記事を拝見すると,ハード的な対策も楽しそうですね。少しずつ試して行こうと思います。
50kHZって? (DACX10ユーザー)
2014-12-13 21:08:59
参考にさせていただいています。
右上の表示が50KHZ・60KHZ・70KHZと変わりますが、これは、SLOW・FASTと同じように音質を変えるものなのでしょうか?
Re: (ブログ主)
2014-12-13 23:58:22
私も良くわかりませんが、おそらく高域のカットオフ周波数ではないかと思います。
間違っていたら、ごめんなさい。
以前はデフォルトの50kHzで使っていましたが、今は70kHzで使っています。
カットオフ周波数と言う認識が正しければ、可聴範囲外になるので、理屈的には聴感上はあまり変わらないと思いますが、70kHzのほうがなんとなく帯域が広いような。。。精神的(フラシボ的)なものかも知れませんが。
ありがとうございます (DACX10ユーザー)
2014-12-14 20:34:01
切り替えても違いが解らなかったもので、質問させていただきました。
foobarを設定出来て喜んでいたら、DSDではないのですが、WPUPというフリーソフトで聞いてみたら、音に厚みが出てバイオリンが気持ちよく聴けるようになりました。

また、中国のサイトを見ていたら、なんとDAC-X12やDAC-X20なんてのが出てくるようです。
Re. (ブログ主)
2014-12-15 00:08:37
>中国のサイトを見ていたら、なんとDAC-X12やDAC-X20なんてのが出てくるようです

それは興味がありますね。
使っているDACはES9018ですか?

出来ましたら、その情報元のURLを教えて頂けませんか?
多少なら中国語もわかりますので。

DAC-X10の私の最近の使い方を近々ブログのアップする予定です。

ところで、ES9018の使いこなし結構難しいらしいです。この辺りは、たぶんOppoが一番熟知しているのでは思います。ESS社のリファレンスモデルだと、どこかで読んだ事があります。それに、Oppoは同じシリコンバレーに拠点を置くデジタル技術の会社ですからね。
OppoのDAC内蔵のヘッドフォンアンプHA-1が気になります。
DAC-12のHPです (DACX10ユーザー)
2014-12-15 20:54:08
ES9018で、ttp://item.taobao.com/item.htm?id=18012850492です。

文章中にアナログ ラインは離散アナログ線 X 20 の新しい旗艦モデルに適用される新しい開発に使用されます。
となっているので、X20というのが出るのかな?と、今のところ検索しても出てきません。
Re. (ブログ主)
2014-12-15 21:52:12
ありがとうございました。

eBayにも掲載されていましたね。

U12にも興味があります。こちらはDDCです。
DSD128対応って書いてありますが、どの様に出力するのでしょうね。
U12検索すれば (DACX10ユーザー)
2014-12-16 20:59:12
デジタル入力のアンプを持っていないので、U12は使えませんが、検索すると結構出てきます。

今はWPUPかFOOOBARで、昔法律改正前にネットラジオからダウンロードしたMp3をDAC-X10で、パワーに黒モグラをダイレクトに接続して聞いています。

音は昔アルテックの604を聞いた時と同じようにまったく聞いたこともない別次元の音がしています。
Re: (ブログ主)
2014-12-16 23:23:02
>別次元の音がしています。

そうですか。それは良かったです。

MP3はUSB経由ですよね。
XMOS用のUSB Audio class2.0のDriverはどうされましたか?同梱されていましたか?それとも、WebからDownloadですか?
困られている人が結構いらっしゃる様なので、参考に教えてください。
私は同梱されていたものを使っています。
(VID:0x20B1 PID:0x0002)となっていますが、UpdateされたFirmwareがあるのではと思っています。

ところで、PCM→DSDリアルタイム変換すると、少し音が篭る様な感じがしますが、どうですか?

いろいろと聞いて、ごめんなさい。
ドライバー (DACX10ユーザー)
2014-12-17 09:23:43
音の強弱が誇張されて、奥行き感もあり、どこから音が出てくるやらドキドキしています。演奏内容とは関係ないのですが・・・・

ドライバーは同封されていました。どこかの掲示板に書いてあったように、EBAY DAC-X10で検索すると、ebayの商品説明の最後の方にダウンロードのアドレスが出てきます。ただ、名前はXMOS-Stereo-USB-Audio-Class2-Driver-2014で、詳細を見るとTUSB Audio Driverとなっているので同じものだと思います。最初に商品が送られてきた時はTUSB と表示されていたのですが、何者か解らなかったので消してしまったような気がします。その後はTUSB とは表示されないでXMOS-Stereo-USB-Audio-Class2-Driver-2014となるようになりました。現在もそれで使用できています。

音がこもるかどうかは、ソースにもよると思いますが、DAC-X10をコルグのオーディオゲートで192K再生していた時から比べるとやや、ハイ上がりになった気がします。低域は必要な時にドッとやってくる感じで、音が団子に感じる部分もあるのですがそれは録音がそうなんだと思っています。なんたって聴いている曲はパブリックドメインになった曲しかないので・・・・
ドライバーお礼 (ブログ主)
2014-12-17 23:37:41
お陰様でXMOSのドライバーを更新する事が出来ました。
1年越しでずっと悩んでいた事が解消できました。ありがとうございました。

今までUSBを通して聴く音がなんとなく納得がいかなくて、きっとUSB Driverのためだと睨んでいました。
私は付属されていたDriverのTUSBAudio v1.61.0を使っていました。
しかし、Web上でこのDriverのUpdate版をさがしても見つけることができないまま、今に至っていました。

このDriverを使うと、XMOS+ES9018の最強コンビの実力はやはり凄いですね。

DAC-X10ユーザーのために、このDriverのDL方法を備忘録として書いておきます。
貴殿に教えて頂いた、「XMOS-Stereo-USB-Audio-Class2-Driver-2014」で検索して、「http://pan.baidu.com/wap/link?uk=2905646637&shareid=1399688334&third=0」からダウンロードしました。v2.23.0でした。

DSD128でも快適です。篭りも解消です。
お役に立ててよかったです (DACX10ユーザー)
2014-12-18 21:17:39
私こそ貴HPのおかげで別次元の音を手に入れることができて感謝しています。
ユーザー登録はされていないのでしょうか?
XMOS xSOFTip Explorer (Community_13.1.0)というソフトを紹介するメールが送られてきました。
これまた何者なのかわからないので放置してあります。

円安になったせいか、DAC-X12を購入しようかどうか悩みますね。

今の希望は、ネットラジオがこの音質になってくれればいいのですが、もう少し時代の進化を待つしかないようです。
Re: (ブログ主)
2014-12-18 23:36:51
今もXMOS Driverを入れ替えたもので聴いていますが、劇的に変わりました。これはもう別次元ですね。感謝、感謝です。今までの悩みが吹っ切れました。
ただ、ソフトの設定が色々とあって、まだわからない事が沢山あります。
foobar2000のTool-SACDのところなど。
Multistage(Fixed-Point)って何でしょう。私はそのままにしています。
他は、ASIO Driver Mode:PCM、PCM sample rate 176400(サンオーディオの人が講演で言ってました)、Preferable Area:Stero、他チェックなしに設定して、PCM→DSD128のリアルタイム変換で使っています。
ところで、ユーザー登録って、どこでされましたか?
その様ことを聞いてくる箇所には遭遇しませんでしたが。

DAC-X12は、アナログ回路がディスクリートになってるみたいですね。ディスクリートだと、癖がなくスピードがある音になると思います。
私はDAC-X10のOPampをMUSES8920に交換しているので、これでも満足です。

ヘッドフォンアンプのGustard H10にも興味が湧いてきました。トランス左右独立、ディスクリート、A級ドライブ。

また、情報交換させてください。

Unknown (DACX10ユーザー)
2014-12-20 09:58:57
foobar2000の設定についてはいろんなHPに出ていますが、いろいろ替えて見てもあまり変化は感じません。

ユーザー登録はXMOSのHPでやったのだと思います。
ドライバーがダウンロードできるみたいです。

スピーカーから音を出しておられるのでしたら、レーザーを使ってスピーカーをセットしてみてください。これまた劇的に音が変ります。(ヘッドフォンで聴いているような感じ)ttp://www.mmjp.or.jp/ippinkan/newpage140.htm
別にこのセットを買わなくても、百均で鏡とレーザーポインターを手に入れれば簡単に出来ます。
DACX12注文 (DACX10ユーザー)
2014-12-23 12:29:47
新しいのが出ると欲しくなるので、注文してみました。
本体が54731円だったので、送料とで6万ぐらいだと思います。
Re: (ブログ主)
2014-12-23 14:52:06
そうですか。さっそく注文されましたか。

どこで注文されましたか?
届きましたら、簡単にレビュー結果を教えてください。
Re:620B (ブログ主)
2014-12-23 15:07:16
昨日、604-Hを載せた620Bを聴いてきました。
確かに、能率が103dbもあるので開放的で異次元の音ですね、とても幸せな気分になれる気持ち良い鳴りっぷりでした。
がしかし、ただただ大きすぎます。私の環境には残念ながらそんなスペースはありません。部屋から作らなくてはなりません。
今まで使っていたスピーカーは本宅に持って帰ったり、サブはTV用に使ったりで、現在音楽を楽しむ私のシステムはスピーカー無しでヘッドホンで聴いています。
スピーカーを探しているのですが、現代のスピーカーはどれも能率が低くて、どうも開放的になってくれなくて良い物が見当たりません。
アルテックの様なスピーカーは無いものですかね?
やはり中古のヴィンテージ品を探すしか無さそうですね。
アンプも真空管、プレーヤーはアナログプレーヤーなので、やはりスピーカーもヴィンテージで揃えたいです。
聴くジャンルはロックやジャズ(フュージョン系)です。
スピーカー探しの旅が続きそうです。。。。。
アルテックを探されたときに他に候補として挙げられたものがありましたら、教えてください。
タオバオ便です。 (DACX10ユーザー)
2014-12-23 22:34:52
DACX10を紹介していたHPで、タオバオ便を紹介していたのでそのまま使っています。DAC-X10が48000円ぐらいでした。

620B良かったでしょ。今メインで聴いているのがJBLの3wayホーンです。仕事部屋はアルテックの612に290を付けて聴いています。どれもオークションで安いものを探して落札したものです。

ロックやフュージョン系のJAZZはデーターでは持っているのですが聴く機会が無いので良く解りません。

JBLならLE8T、アルテックならDIGとかが昔は有名でした。他にも昨日28000円で落札されたジェンセンの2wayなどがありますが、小さい箱のスピーカーはスタンドを付けて背面にも空間がいるので結局大きいスピーカーを置くのと変わらなくなってしまうのではと思います。
個人的には、狭い部屋には大きいスピーカーを小さな音量で、広い部屋には小さいスピーカーを大きな音量で設置するのが良いと思います。

あと、HPに使いこなすのが難しいとか書いてあっても気にすることはありません。昔のスピーカーをDSD音源で鳴らしたことのある人なんてそんなにいないと思いますし、実際、鳴らすのが難しいと言われるJBLも、マッキンより黒モグラの方がずっといい音で鳴ってくれます。
Unknown (DACX10ユーザー)
2014-12-26 22:42:28
DACX12の販売ページよりダウンロードするとXMOS USB Audio 2.0 ST 3033というドライバーとDSD File ASIO Driverがそれぞれ手に入れることができます。
DAC-X10で使用してみました。音は出ますが、設定方法がわかりません。
Unknown (DACX10ユーザー)
2014-12-27 16:51:57
XMOS USB Audio 2.0 ST 3033をインストールすると、なぜか2014が繋がらなくなりました。
foobarでは、もっと上の方まで伸びて、低域がしまった感じの音になったのではと思います。おかげで、WPUPは引退になりそうです。
DAC-X12は、送料が確定したので総額59906円でした。
Re. (ブログ主)
2014-12-27 23:28:57
DAC-X12 59,906円は安いと思います。eBayで見ると、送料込みで65,000円くらいです。eBayは基本的にUS$をベースにしているので、円安の影響ではないでしょうか。中国元⇔日本円換算のほうが、まだ良いのじゃないしょうかね。
XMOS USB Audio 2.0 ST 3033は何でしょうか?そもそもDAC-U12,X12用のDriverではないでしょうか?これらの機種ではX8(8コア)のXMOSを使っているようです。コンパチで使えるのなら良いのですが。

ところで、今はスピーカーを探しています。
アルテックの様な開放的な音のするものが良いのですが、如何せんアルテックは大きすぎます。そこで最近はJBLが良いかななんて思っています。
4428なんかが良いかなと思うのですが、どうでしょうかね。
実は今日4429を聴いていましたが、新品で買うと、自分の様な小音で聴いていたら、何時まで経ってもエージングが進みそうにないので、中古の4428かなと、音質的には同傾向でしょうか。
それと、マッキントッシュのアンプにはJBLかな?なんて噂を聞いたり。
ただ、JBLのスタジオモニターシリーズは設置方法によってかなり音が変わり、設定が難しいとかも聞きます。
Unknown (DACX10ユーザー)
2014-12-28 22:50:45
JBLの4429は近所にエベレストを鳴らす店があるので、あの顔つきを見ると、あまりいい音で鳴る印象がありません。
スピーカーボックスが大きい小さいというのは奥行きのことでしょうか?だったらA8なんてのもあります。

小音量で聴くのでしたら、20cmぐらいのフルレンジが良いと思うのですが、LE8Tとか

ただ、DSD音源はスピード感が命だと思うので、低能率のスピーカーで再生するとその良さが消えて、耳触りの良い自然な感じになってしまうのではと思います。

スタジオモニターは、かなり大きな音で鳴らすことを前提に作られていると思います。

マッキンは音がまとまりすぎて面白さに欠るというか、想像がつく音です。

やっぱり、どこから音が出てくるかドキドキしながら、演奏者の呼吸音や、ペダルの音、ライブの空気感なんかが再現されて、エッ!!の連続みたいな音には、DSD音源、DAC、D級アンプ、高能率スピーカーの組み合わせが良いと思います。
Unknown (DACX10ユーザー)
2014-12-28 22:50:59
JBLの4429は近所にエベレストを鳴らす店があるので、あの顔つきを見ると、あまりいい音で鳴る印象がありません。
スピーカーボックスが大きい小さいというのは奥行きのことでしょうか?だったらA8なんてのもあります。

小音量で聴くのでしたら、20cmぐらいのフルレンジが良いと思うのですが、LE8Tとか

ただ、DSD音源はスピード感が命だと思うので、低能率のスピーカーで再生するとその良さが消えて、耳触りの良い自然な感じになってしまうのではと思います。

スタジオモニターは、かなり大きな音で鳴らすことを前提に作られていると思います。

マッキンは音がまとまりすぎて面白さに欠るというか、想像がつく音です。

やっぱり、どこから音が出てくるかドキドキしながら、演奏者の呼吸音や、ペダルの音、ライブの空気感なんかが再現されて、エッ!!の連続みたいな音には、DSD音源、DAC、D級アンプ、高能率スピーカーの組み合わせが良いと思います。
スピーカー選び (ブログ主)
2014-12-29 10:48:24
4429は、そんな感じですか。
やっぱり、JBLとかALTECのヴィンテージスピーカーが欲しくなりますね。

LE8Tは良さそうですね。
自分で箱を作るような技量は無いので箱入りが良いのですが、中古でも、なかなか売っている処がありませんね。
Youtubeでちょっと聴いてみましたが(?)、なかなか良い音が出そうな気がします。ぜひ現物を聴いてみたいものです。

>DSD音源はスピード感が命だと思うので、低能率のスピーカーで再生するとその良さが消えて、耳触りの良い自然な感じになってしまうのではと思います。
⇒海外ではフロアー型トールボーイのスピーカーを使っていましたが、音が詰まった感じがします。海外では壁コンクリート、床大理石の部屋だったので、反響していて、まだマシだったのですが、日本の部屋ではたぶんつまらない音になるでしょう。まだ鳴らしてみてませんが。

>やっぱり、どこから音が出てくるかドキドキしながら、演奏者の呼吸音や、ペダルの音、ライブの空気感なんかが再現されて、エッ!!の連続みたいな音には、DSD音源、DAC、D級アンプ、高能率スピーカーの組み合わせが良いと思います。
⇒まさしく同感です。私もその様な音を求めています。
Unknown (編人)
2014-12-31 02:58:25
>DSD音源、DAC、D級アンプ、高能率スピーカーの組み合わせ

復活したTechnicsを聴いてみたいものです。
まさかのフルデジタルで来ましたからね。
パイオニアはD級を得意としていますよね。
Re. (ブログ主)
2014-12-31 11:34:14
TechnicsのHPで技術紹介を読みましたが、あまり目新しことが無いように思えます。
マランツとかがすでにやっていることですよね。
でも、色々な(デジタル、オーディオ)専門分野の方が知恵を絞って取り組んでおられたら、ブラッシュアップされているのかもしれません。
聴いてみたいですね。
内部も見てみたいです。内部見たら、だいたい出てくる音が想像できます。
Unknown (編人)
2015-01-01 05:02:25
明けましておめでとうございます。

新年早々しょうもないマニアックなネタですが(笑)
Marantzもフルデジタルのアンプを出していましたっけ。
アナログアンプのイメージしかありませんでした。
スピーカーのインピーダンスやF特を平坦化する機能とか
768kHzのPWM制御もあったでしょうか(SU-C700)。
PWM制御についてはソニーに在りましたが。

R1シリーズなどはアッテネータレスも実現しています。
これも既に出ていたでしょうか。
Unknown (DACX10ユーザー)
2015-01-02 21:04:05
明けましておめでとうございます。

DAC-X12は1月10日頃に配送されるそうです。
Re. (ブログ主)
2015-01-03 00:29:19
明けましておめでとうございます。

到着が楽しみですね。
届きましたら、また感想をお聞かせください。

今年も、よろしくお願いします。
やってきました。DAC-X12 (DACX12ユーザー)
2015-01-06 21:25:12
DACX10の時は、上部パネルをはずして、電圧設定スイッチを切り替えなくてはいけなかったのですが、開けてみたら115Vになっていました。

変わった点は、外観上、電源スイッチが前面左に、3っのボタンが右側に移動しました。
操作は、表示ランプが設定ボタンを操作すると点灯し、しばらくすると消灯します。

肝心の音ですが、そんなに変わった気はしませんが、シンバル等の芯の部分がさらにはっきりしたような気がします。(期待感がそう感じさせているのかも)
DACX12 (ブログ主)
2015-01-06 23:41:43
到着が早かったですね。

音は暫くエージングが必要ではないでしょうか?
半導体でも、コンデンサ、抵抗でもエージングで音が変わります。音はそれだけ微妙というか、人間の耳の分解能、感覚が鋭いのでしょうね。
エージングは偏人さんが仰っている様に、1時間鳴らし、1時間電源オフを繰り返したほうが良さそうです。やはり焼きを入れる感覚でしょうか?

ところで、私はスピーカー探しを続けていますが、JBL LE8Tを使ったSANSUIシステムはなかなか出てこないので、JBL L36とかL56も良いんじゃないかなと思い始めています。4312ではオーソドックスすぎるので。
音が左右逆になってしまった (DACX12ユーザー)
2015-01-08 21:23:42
DAC-X12では、foobar2000で41Kや192kで再生すると正常なのですが、DSDにアップコンバートすると左右の音が反転します。
DACX10で確認してもらえませんか。
確認しました。 (ブログ主)
2015-01-08 23:47:46
DAC-X10で確認しましたが、その様な事はありませんでした。
気になって、レコードプレーヤー、CDプレーヤー、DACで確認しましたが、すべて同じでした。
DAC-X10も、PCM44.1kやDSD128にアップコンバートしても変わる様な事はありませんでした。
ちなみに、私が今使っているfoobar2000はv1.3.6です。
CDP (ブログ主)
2015-01-09 00:03:31
久々にCDの音を聴いたのですが、やはり私が手間暇かけて改造したCDプレーヤーは良いです。
デジタル系の再生機器で今だにこれに勝るものはないですね。自画自賛ですが、、、(汗)
このブログのCDプレーヤーのところを見て頂ければ、その改造経緯がわかります。
音の情報量、立体感、広がりが他の機器とは違います。音離れが良くて、音が空間に居ます。
Unknown (DACX12ユーザー)
2015-01-09 22:34:39
ご迷惑をおかけしました。
私も同じバージョンですが、どうしてかは不明です。

現在通電した状態でFMをBEHRINGERのSRC2496で変換して入力した状態にしています。

音はやっぱり変わった気がしません。

CDも同じBEHRINGERのSRC2496にて変換してDACに入力しています。
これもまた良いか悪いか解りません。

音が左右逆になったところで、心のトーンが下がってしまいました。
Unknown (DACX12ユーザー)
2015-01-09 22:34:48
ご迷惑をおかけしました。
私も同じバージョンですが、どうしてかは不明です。

現在通電した状態でFMをBEHRINGERのSRC2496で変換して入力した状態にしています。

音はやっぱり変わった気がしません。

CDも同じBEHRINGERのSRC2496にて変換してDACに入力しています。
これもまた良いか悪いか解りません。

音が左右逆になったところで、心のトーンが下がってしまいました。
スピーカー選び (ブログ主)
2015-01-31 23:49:26
DAC-X12ユーザー さん

その後、如何ですか?エージングが進んで良くなりましたか?

話はスピーカーになりますが、アルテックの620Bでは大きすぎるので612Cではどうか?とか、やはりLE8Tか?などで悩み続けています。
一度でも試聴できれば一番良いのですが、なかなか置いてある店が見つかりません。
612Cは横浜に見つけましたが、37万くらいでした。相場でしょうか?試聴も未だです。
それに、612Cの場合は購入して、もし気に入らなかった場合の処分がとても困ります。運送代も結構ですし。
中古市場でもLE8Tに比べれば、人気が無いようです。
何か参考になりそうな、ご意見があれば、ぜひお願いします。
YoutubeにUpされている音を聴いて想像したりしてます。(笑)
Unknown (DAC-X12ユーザー)
2015-02-03 22:17:04
612Cも620も幅は変わらないのではと思います。
612Cが37万ってのは高いような気がしますが、程度によって変わるので何とも言えません。ちなみに僕の612Cは15~16万ぐらいだったと思います。(ネットワーク無しの物)

612Cの人気が無いのは、箱の色と外観からだと思いますが、どこかのHPに書いてあったのですが、スピード感?がとても良いそうです。
自宅の612Cはドラムなどがパカーンと言った感じで鳴りますが、299プラス564を700Hzぐらいで繋ぐとパカーンが消えて素直な音になるので、低音のせいだけではないような気がします。

LE8Tは実際に聞いたことがあるはずなのですが記憶に残っていません。ただ、友人がLE8Tとパラゴンの区別がつかない時があると言っていました。

運送時ですが、ダイアフラムだけは外して別に送ってもらった方が良いと思います。なぜか、輸送中に断線してしまいます。あと、えくぼがあるものがありますが、あれもどうしてそうなるのか不思議です。よく、聞く分には解らないとか書いてありますが、それは嘘です。すぐに解ります。

国産箱とオリジナルは吸音材の貼ってある位置と大きさが違います。国産箱は聞いたことが無いので解りません。

20cmと38cm(実際は40cm)のスピーカーでは音の傾向が全く違います。
今の僕には20cmの音はハイ上がりに聞こえてしまうと思います。
かえって迷わせる書き込みになりすみません。
DSD左右反転 (Pooh)
2015-02-16 04:22:18
はじめまして。左右反転の件は解決されたでしょうか。
イタリアのCombo384、倒産してしまったラステーム、Asterll & KernのAK240など、いろいろなメーカーがのきなみ反転製品を出荷して後日ファームウェア変更で対応しています。おそらくX12も内蔵DDCボードについて同様の対応が必要でしょうが、メーカーにどうやって知らせるかですね。X12はS/PDIFからDoPが入れられるはずなので、こちらでの反転が無ければ、USB-DDC部分のファームウェアのバグということでしょう。
Re: DSD左右反転 (Pooh)
2015-02-16 18:12:27
X12をお持ちの方には悪い知らせになります。
中国のオーディオ店に聞いたところ、DSDでの反転事例はユーザーから報告されていて、Gustardも知っているとのことでした。修正ファームウェアは簡単にできると思いますが、これをXMOSへ移植する簡単な方法があるかがネックになると思います。私が持っているU12のDSD出力も反転している可能性が高いのではないでしょうか。
困りましたね (DAC-X12ユーザー)
2015-02-19 13:25:23
foobar2000で再生する場合、352まではその通りなのですが、DSD128になったとたん反転します。
現在は、常用が352なので必要に迫られているというほどでは無いのですが、ネットラジオをfoobar2000で聴く場合ほとんどが新曲なので逆転しているのかどうか解りません。
ブログ主さん、612C買っちゃったのでしょうか?それともLE8Tを・・・・・
SP (ブログ主)
2015-02-19 23:23:24
私の最新のブログ記事を読んでもらえばわかりますが、スピーカー、買っちゃいました。
結局、JBLのL26 レストア品にしました。
LE8Tもかなり迷いましたが、聴けるところが無かったことと、Web上の書き込みを見ると、高音不足を感じてしまうとか、悪いところばかりが目につき始めて。。。。不安を感じてしまいました。
その時にちょうど秋葉の店でL26が出店されているのをWebで見つけて、ついつい。。。購買意欲とタイミングって重要ですよね。
実際に店頭でも聴いてから購入しました。
買った事に後悔はしてませんが、その時にお店にあった4312、4311と聴き比べなかった事が後悔です。
612Cはやはり大きすぎますね。それに私には鳴らし切れないのではと、扱いが大変そうです。予算的にも。
Re: DSD左右反転 (Pooh)
2015-02-20 00:28:32
続報です。中国の販売店によると、Gustardは修正するつもりは無いそうです。理由は「他社のハイエンド機器でも反転が起きているから。」
試してみる価値があると思われるのは、U12を導入することです。回路が異なるので、ファームウェアがX12とは違う可能性があります。この組合せでも反転が起きる場合はご愁傷様ということになりますが、X12単体よりもU12併用の方がずっと音がいいとメーカーがコメントしています。搭載クロックの精度や電源回りが異なるので、その通りでしょう。
Unknown (DAC-X12ユーザー)
2015-06-09 08:39:27
XMOS-Stereo-USB-Audio-Class2-Driver-3033(v2.26.0)が出ています。
Re. (ブログ主)
2015-06-14 14:52:43
DAC-X12ユーザーさん

ご教示頂き、ありがとうございました。
本日、更新結果をブログにアップさせて頂きました。

その後、DAC-X12の調子は、どうでしょうか?
L/R逆転は直りましたか?

今後とも情報交換をよろしくお願いします。

PS.
最近DAWに取り組んでいます。目的は、単純にアナログレコードをデジタル化するためだけの予定だったのですが、なんだか扱いが難しく四苦八苦しています。ある程度できる様になれば、ブログにアップする予定です。
ご無沙汰です。 (DAC-X12ユーザー)
2015-06-24 12:33:11
あいかわらず逆転したままです。
10と12の差が良く解りません。

左右が逆転するのは致命傷だと思うのですが、アキュフェーズのCDプレーヤーをJBL及びゴトウユニットを使用したシステムで聴く機会がありました。結果は音が前に出てこなくて寝ている感じでした。CD、LP、DACそれぞれ感じが違っていて、スピーカーとの相性があるようです。DACで聴き続けているせいか、CDの音は悪く感じてしまいます。
DAC X20 (ブログ主)
2015-07-23 00:00:32
本日、たまたま別件でスマホを使って、eBayを見ていたら、X20を見かけました。
トロイダルトランスが2発、ES9018Sが1個/ch、中の写真もありましたが、凄かったです。
価格が8万円くらいだったと思います。
が、家に戻ってから、PCで、もう一度、eBayで検索しようとしても見つけられませんでした。どう検索したら出てくるのか???
見間違えだったのか?いや、そんな事はない筈。
X20見つけました (ブログ主)
2015-07-23 00:13:05
たった今、タオバオで見つけました。
「GUSTARD歌诗 DAC-X20 双ES9018 XMOS方案 支持DSD DOP 384K」

Unknown (X20レビュー)
2015-08-20 12:39:59
http://www.head-fi.org/t/752522/gustard-amplifiers-and-dacs/45
DAC-X20 (Pooh)
2015-10-11 17:22:04
発売当初は電源スイッチに問題があったようで、その後しばらく市場から姿を消し、9月下旬にようやく販売再開したようです。ここにあるリンクの2.26はX10/X12/U12でも使えます。
X12のDSD反転は修正されたようです。既存ユーザーに対してのコメントは出ていません。最初から反転など存在しなかったということでしょうか。U12の古いロットも反転しています。反転するX12のユーザーは、同じく反転するU12をつなげば正常になります。
https://www.shenzhenaudio.co.jp/gustard-dac-x20-super-ultimate-2-x-es9018-xmos-hifi-dac-384khz-dsd-dop-decoder.html
Gustard H10聴いてみました (gondagonta)
2016-10-18 13:32:37
Gustard H10入手して聴いてみました。パワフルな音ですが
audio-technicaのヘッドフォンアンプAT-HA5000のような
音の艶は、ありませんし、audio-technicaのヘッドフォン
ATH-W5000とは、相性が良くありません。SONYのヘッドフォン
MDR-7506とは、非常に相性が良いです。ゾクゾクするような
音が楽しめます。ただし、今使っているMDR-7506は、イヤーパッドが
ボロボロになっていて両手でMDR-7506を左右から押しつけながら
聴くと素晴らしい音質です。イヤーパッドを交換する予定です。

Gustard H10ですが、ヘッドフォンとの相性が合えば非常にいい線行きそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。