My Audio Life (趣味のオーディオ)

真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取り組んでいます。

祝!ノーベル文学賞「ボブ・ディラン」 ~クラプトンともデュエット~

2016-10-15 12:08:45 | 音楽

 ノーベル文学賞に「ボブ・ディラン」が選ばれましたね。

ボブ・ディランは、私も5年くらい前だと思いますが、台湾公演に行きました。当時、70歳でしょうか。アンコールにも答えることなく終わりました。

流石、ディラン様だなと思いました。

公演前から会場の外でビール等のお酒を飲んで、コンサートが始まるとステージ前で踊っている人もいました。

 

ボブ・ディランについては、他のブログでもたくさん紹介がされるでしょうから、ここでは私の好きなエリック・クラプトンとの共演作品について書きます。

エリック・クラプトンとボブ・ディランの共作は、アルバム「No reason to cry」の中に収められています。

ノー・リーズン・トゥ・クライ(紙ジャケット仕様)

この中の3曲目「Sign Language」でデュエットをしています。もちろん、ボブ・ディランのギターと歌を聴くことが出来ます。

一聴して、ボブ・ディランのギターだとわかります。歌もギターもディラン節です。

このアルバム自体、参加メンバーが豪華なアルバムで、ボブ・ディラン、ロン・ウッド、ビリー・プレストン、ザ・バンドのロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、リック・ダンコなどが参加しています。

ラプトンもガンガン弾きまくるのではなく、豪華なメンバーに囲まれて、リラックスした雰囲気で演奏しています。レイド・バックという感じでしょうか。

クラプトンの使用ギターは、もちろん「ストラト・ブラッキー」です。

 

ついでに、

もう一枚、ロン・ウッドもディランから曲を貰っています。

アルバム「Gimme Some Neck」の中の1曲「SEVEN DAYS」です。これも一聴してディラン節です。ロン・ウッドは、より気だるく歌っています。とても良い感じの曲です。

この曲には経緯があり、上のクラプトンの「No reason to cry」の収録にロン・ウッドもセッション参加していますが、その際にボブ・ディランが2曲を書き、そのうちの1曲はクラプトンが選んだので、残りの1曲をロン・ウッドが貰ったらしいです。

この曲には、キース・リチャーズも参加しています。


2曲とも私のお気に入りの曲です。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプラグ製118Pを使ってみた... | トップ | 6C33C-B(FOX-BAT)真空管アン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。