ゑの巣

ここでは管理人個人の日々の妄言、妄想、創作などを世に晒しています。ごゆるりと。

上り始めとなるか

2017年04月19日 00時25分21秒 | Weblog
四月も半ばに差し掛かり、ここ大阪は急に気温が上がり、時に暑いと
感じる程になる。

そんな環境下で、色々な生物たちが堰を切ったように蠢き始めるのを感じる。
即ち、草(カビ含む)、虫(あの虫含む)、動物(ヒト含む)である。
実際にはカビもあの虫もまだ出くわしてはいないが、時間の問題で、かかる
確信を深めたのは残るヒトの活発化、つまり自身の代謝がいきなり良くなり
始めたと感じたためである。

代謝が良くなれば色々良い事があるかというとそうでもなく、汗やら垢やら
それに伴う臭いの心配やらで、あまりそれどころではないのが実情である。
恩恵といえば、飯が美味く感じるくらいか。
とは言え、これからまだ徐々にでも良いことが増えていくのかも知れず、
個人的には、やはり気力の復帰を強く望む次第である。

後は虫やカビが出現しないことも同様に強く望む。まだ越して半年程度だし。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺跡の芽吹き | トップ | ゾンビモード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL