ゑの巣

ここでは管理人個人の日々の妄言、妄想、創作などを世に晒しています。ごゆるりと。

結局運が四割程度

2017年06月13日 23時47分50秒 | Weblog
いつもの『神羅万象チョコ』の季節である。
いつものと銘打つ通り、今更特に何か変わったようなこともなく、
強いて言えば、女性キャラが今まで以上に多く、ついでに胸が軒並み特盛
状態で、子供向けを諦めたかのような印象がある点だろうか。

前の弾が子供向けを意識した内容(裏面に謎解き要素があったり、主人公の
性格が少年誌的なヒーロー然としている)であったが、おそらくそれがあまり
うまく行かなかった結果なのかも知れない。

今までの弾のオールスター的な弾があったり、ロボ系のキャラが多めの弾が
あったり、デザイン上のコンセプトが裏に見え隠れしているのが神羅万象
シリーズの面白い所でもあったりする。イラスト担当の趣味がにじみ出ている
だけの可能性もあるが、いずれにしても味わい深い。

当人からすれば望んでないモチーフを嫌々ながらに描いている可能性もあるが、
意に反してそれが望まれてしまうことも往々にしてある。
個人的なものである可能性もあるが、好きなものを描こうとすると概して手を
入れ過ぎてしまったり、偏ったこだわりめいたものが強く出過ぎて、えぐみの
ようなものが前に出て来てしまう傾向がある。

ラーメンで言うと煮干大量投入系の味わいのような感じか。
煮干は好きだし美味いと思うが、濃過ぎ(煮過ぎ)て味に酸味が生じてたり、
内臓の味まで出てきてしまっていて、正直また食べたいとは思わないという、
そんな感じ。
なので、適度に好きだけど、ある程度どうでも良いとも思っている位の
塩梅の執着加減の方が、見る側をして好印象を与えやすい絵が描ける気がする。
描いているうちに好きになってくるという、そういうことも良くあり、
なかなか如何ともし難いが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これから | トップ | 集中力管理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL