千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  TB&コメントにも☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『プラダを着た悪魔』

2006-12-01 23:51:26 | Movie
”That!s all.”

それがプラダの服を着た悪魔の上司の口癖。眼鏡越しにつきつけられるその言葉を聞いた瞬間に、この鬼上司、つまりハイ・ファッション誌”RUNWAY"のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のありとあらゆる命令と要望と注文に応えるために、新米第二アシスタントのアンディ(アン・ハサウェイ)は走らなければならない。それは、まさに特攻隊並みの命懸けの至上命令である。
アンディは、ジャーナリスト志望。田舎の大学を卒業してNYにやってきて、ドルチェ&ガッバーナの名前すら知らずにファッションに興味はなかったが、夢を叶える足がかりになると考え、”RUNWAY”の名物編集長の第二アシスタントになった。ところが、その職場はとんでもないクラッカー族が跋扈するステージだった。

靴は、足首が折れそうな高~~いピンヒールが鉄則。
食事はダイエット食で2~4号サイズのモデル体型を維持。6号の服なんぞ問題外。
常に流行の先端であり自分に似合った洗練されたモードな衣装が戦闘服。
そして、そして、悪魔のような編集長のミランダに絶対服従。彼女の命令はどんなことにも服従して要求はかなえなければならない。ご機嫌を損ねた瞬間に、自分の席はなくなる。
だから1年という期限をつけて、アンディはファッションを変え、彼女の双子の娘たちのためにまだ店頭に並んでいない「ハリー・ポッター」の新作も調達し、毎朝のスターバックスの熱々のコーヒーと食事も用意。24時間携帯電話でミランダの連絡にこたえてきた。やがてアンディは、ミランダにデキル部下と認められたいがために、洗練されたクラッカー族の仲間いり。たちまちにその有能ぶりも周囲に認められていき、第一アシスタントに昇格。しかし仕事に反比例するかのように、私生活が失速していく。恋人の誕生日も一緒に祝うことができない。そんな中、急転人事の情報を入手するのだが・・・。

新人の有望な女の子のいかにも米国らしいサクセス・ストーリーだが、なんといってもメリル・ストリープ演じるミランダとアン・ハサウェイのアンディのかけあいが抜群のおもしろい。幕開けはピン・ヒールの靴が次々と表れ、戦場に出勤する女性たちの朝の慌しいNYの街の風景からはじまる。最後に登場するのは、勿論鬼編集長。エレベーターのチーンという音とともにスクリーンに登場するメリル・ストリープのあまりにも”らしさ”にあっけにとられて笑ってしまう。メリルの整っているが線の細い冷たい顔立ちやシルバーの常に決まった髪型と、アンの大きな目と唇の愛らしい顔立ちと黒くて長いゆれる髪、実に対照的で正反対のタイプが主従関係を表現している。
鬼編集長のミランダの行動をコメディにしているのだが、彼女の欲求は当然とも思える部分も多い。責任のある超多忙の役員クラスの男性だったら、15分刻みで行動するために、移動用の車が指定の場所で待っているのは当然。食事もしかり。仕事のために至らない私生活の買物を秘書にまかせるのも、日本の重役だったら珍しくないだろう。アンディ以上に、上司はもっと仕事に費やす時間は多いのだから。「女は感情的になりやすい」という世間一般が考える女性たちを主人公に設定したから、楽しめる傑作コメディとして成功したのだろう。そんなことも考えた。

ついでに次々と登場する素適なファッションにも、女性の観客だったら大満足できる。毎日出勤すると高価なコートと大きめのバッグをアシスタントの机の上に投げつける場面がわくわくする。そしてなんといっても圧巻は、パリでのファッション・ショー。
”リアル・クローズ”という実は没個性で貧しいコンセプトで、econ-economeさまお気に入りの元気のよい押切もえさんたちが登場する東京ガールズ・コレクションとは全く異なる、芸術の輝きがまぶしい”RUNWAY”。そこはまさに神が宿るかのようなファッションの聖地である。また莫大なお金が生まれて、そして消えていく出発点でもある。それを司るのが、プラダを着た悪魔。
アンディが最後に背中を向けたのは、愛すべき悪魔ではなく、仁義なき戦いのファッションという戦場と資本主義のからくりだったのだろうか。

「以上」
仕事でメールする機会が多いのだが、「日経アソシエ」の文章の書き方特集を読んで、必要簡潔にするあまり自分の文章は冷たい印象を与えているのではないかと考えていた。私も実は、最後にいつも「以上、~」で依頼や報告をしめてきた。メリンダは、最高にクールだと思うのだけれどもね。

やっぱりいつかはNYでスタバを飲みたい気分★
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「赤い指」東野圭吾著 | トップ | ポーランド国立ワルシャワ室... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ペトロニウス)
2006-12-02 11:19:36
メールは簡潔に。メールは、細かく書いても、感情豊かに書いても、ほぼ100%相手を怒らせます(笑)。抽象的な命令というものは、関係性ができていないと、ダメなんですよねー。僕は、定型的なモノ以外は、できる限りメールと同時に電話します(笑)。いみないじゃないか?(笑)とも思えますが、メールは証拠。電話は、ラポール(下地)づくり。これを繰り返していると、いざ、トラブルや大きなプロジェクトなどのときに、阿吽の呼吸で、全てが進むようになります。

しょせんは、すべて信頼の預金残高。

自分が自由に動かせるネットワークのメンテナンスと考えています。「いざ、鎌倉!」ってときに軍隊のように効率よく動かせる仕組みをもっえいると、うれしいですねぇ。。。たしかに、役員の忙しい人は、分刻みとは言わないが、強いプレッシャーで時間を管理しているんで、ある意味わがままなのは当然で、そのために秘書がいるんだから、この編集長の態度をコメディ化するのは、ほんとはおかしいんですよね。
私も一度だけでもよいからあのような我がままを言ってみたい (樹衣子)
2006-12-03 13:28:30
>メールは証拠。電話は、ラポール(下地)づくり

私も、自分の見落としで担当者を2回も手をわずらせる時、メールで連絡して開封確認をしてからすかさずお詫びの電話をしています。逆に電話で照会・質問に回答した時も、複雑だったり重要だと思ったことは後で要点を整理してメールで担当者に送信。
それに重要なメールは印刷して保管。けっこうそれが我が身を救うこともありましたので。(笑)
また電話で険悪な雰囲気になった時、後から顔文字つきのメールで返信がきてお互い穏やかになれたりしたこともあります。

>信頼の預金残高

この言葉、職場のミーティングでいつか使わせていただきますね。^^

>編集長の態度をコメディ化するのは、ほんとはおかしいんですよね

原作は、実話に基づいています。気まぐれな部分が、やっぱりおもしろいのだと思いますが、私も我がままが許されるくらいの権力者になったその方、「ヴォーグ」の編集長を、やはり凄いと感じています。あのファッション・センスは解せませんが。
わが身を救う (ペトロニウス)
2006-12-03 19:20:02
>それに重要なメールは印刷して保管。けっこうそれが我が身を救うこともありましたので。(笑)

そうそう。僕も何度もあります(笑)。感情的なときや、最後の戦い(笑)になってくると、すべてはルール(規則や法律)と事実だけでしか評価されません。そういう意味で、シゴトには、嘘やあいまいさは通用しないというのは、顧との交渉で慣れているので、社内では抜けめなく(笑)。まだまだ若造ですから♪。だから、議事録やメモ魔の僕を、嫌がる人もいますが(笑)。証拠取られるといって。
踊るサラリーマン・ライフ (樹衣子)
2006-12-06 23:05:19
>証拠取られるといって

そういえば、某課長の机の中から録音機がでてきたことがあります。ペトロニウスさまぐらいの抜け目のない若造時代に、上司とトラブル案件でもめた時、打ち合わせの席でとったそうです。当然、嫌がられたそうですが。
またゼミの先輩がその昔、カイシャの接待用にプロ野球のチケットを当時のゼミ員を使って並ばせてゲットしたらノミ行為にあたるといきなり逮捕された時も、カイシャに念書を書かせたそうです。いろいろな修羅場があるのですね・・・。勿論、このおふたりは現在も同じカイシャに勤務して、同期に遅れることなく出世してます。

ペトロニウスさまも、くれぐれも用心されたし。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
プラダを着た悪魔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋に仕事にがんばるあなたの物語』  コチラの「プラダを着た悪魔」は、11/18公開のVOGUE誌編集長アナ・ウィンターのアシスタントだったローレン・ワイズバーガーの同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  メリル・ストリープ、「ブロー...