千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  TB&コメントにも☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『恋する神父』

2005-08-17 22:18:50 | Movie
韓流ブームは、どうやら本物のようだ。
一過性の流行もので終わらず、ひとつのポピューラーなジャンルとして定着しそうだ。何しろ女性が集まれば、必ず話題になるのが韓国ドラマと韓国俳優。なかでもペ・ヨンジュンをおさえて、第2コーナーを快走しているのが、クォン・サンウ。その魅力を問うと、カラダがいい!と即答され、思わずのけぞってしまうではないか。身長183センチの長身に、童顔甘めなルックスを裏切るほどよいマッチョさが、どうやら大和撫子のハートをわしづかみしているらしい・・・。韓国旅行で買った、クォン・サンウの顔がプリントされた靴下を、宝物のようにしているファンもいる。

そんなクォン・サンウが、品行方正、真面目で純粋、女性にオクテな主人公を演じた。電車男ではない。彼は神学生なのだ。
カトリックの神学生ギシュク(クォン・サンウ)は、厳粛なるミサの最中に学友のソンダルのおかげで、大失敗をやらかしてしまう。もうじき正式な神父になれるはずなのに、あわや退学かとあせるが、田舎の教会でふたりは修行することになった。どこまでも続くのどかな田舎の夏の田園地帯。ここで神父になるべく奉仕と勉学に励むはずだったのだが、アメリカから恋人を追いかけてきた帰国した自由奔放な神父の姪、ボンヒ(ハ・ジウォン)のおかげで受難の日々。なんたることか。これも神が与えたもうた試練であろうか。顔をあわせれば、喧嘩し、ボンヒにふりまわされるギシュクなのだが。

生真面目で優柔不断、けれども清流のようなこころをもった男の子と、奔放で短気、気が強いけれど実は繊細な感受性の女の子とのラブ・コメディ。これはもはや「水戸黄門」のように古今東西に定番化している。そんな食べあきたような定食を、新鮮な味付けでフルコース満足できるのは、やはり韓流映画が流行でなく本物だからだろう。日本では、あまりにも類型化している主人公のキャラクターも、神学生という衣装をまとえば、その純粋さと生真面目さを納得でき、滑稽なふるまいも素直に笑える。そして、あの黒い神父の服をまとっているのが、なんといってもクォン・サンウだ。確かに、支持率を伸ばしていることに納得。女の子と夜遊びして門限やぶりが日常の学友を諌め、せまるミサの時間に神父服をスカートのようにつまんで長い脚で走る姿が、、、か、可愛いじゃん!恋に悩み、迷い涙ぐむ姿がいじらしい。。。
(思わず、Gacktさん、浮気してごめんなさいと言ってしまいそうだ)
また次々と笑えるシーンが、バッティングセンターの球出しのように小気味よく続く。

そして、妻帯を禁じられた神父になる儀式になる日がやってくる。
神父になるということ。神に生涯を尽くすということ。自分の愛する人は、親よりも女性よりも神であるということ。神学生の煩悩と静粛な精神とのゆらぎが、この映画に若い清々しさを与えている。私が最も気に入ったのが、女遊びはするし、自堕落で軽くて神父として最も遠いところにいた友人のソンダルの変化だ。彼はギシュクがボンヒとのどたばた喜劇を繰り返している時に、実は神父とアルバイトをして、その賃金で村に電灯をつけた。その灯りを見て、彼は言う。
「俺、自分で自分のことを怖いとはじめて思った。本当に神父になるかもしれない」
この自分を怖いと感じる感覚、まさに鳥肌がたつような名セリフだ。

デオ・グラシアス。。。
私だってクォン・サンウと一緒に食べたい綿菓子の味。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「水平記」山文彦著 | トップ | 「はやぶさ」と「イトカワ」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (丞相)
2005-08-19 09:57:45
こんにちは、『殺人の追憶』の記事に引き続き、TBありがとうございました。

正直、ストーリーになんらひねりのない作品だと思うのですが、

スターの力だけでラストまで押し切ることに、韓国映画の底力を感じてしまいます。

私は男なもので、ハ・ジウォンの可愛さだけで十二分に満足できた作品でした。

こういう作品もありなのですが、韓国映画の同じような路線としては、

最近レンタルされた『シングルス』という作品は、大人の女性向けの、

実に良い作品だと思います。良ければチェックしてみてください。
ひとりノワールも楽しい (樹衣子)
2005-08-19 22:55:34
ブログのテンプレートが変更されたせいか、ハ・ジウォンの魅力のせいか(^^)今回は、随分軽やかな文章になっていて、楽しく拝読させていただきました。

私は女性なもんで、クォン・サンウの可愛さだけで大満足でした。

(後で気がついたのですが、ハ・ジウォンのことにはひとことも触れていませんでした。)



『シングルス』は、先日TUTAYAで見かけました。貴ブログを読ませていただきましたが、丞相さまは「29歳のクリスマス」が大変好きなのですね。私はドラマ自体観たことがないので(山口智子さん出演のドラマを一度も観たことがないのです)、近々レンタルしてきます。ご紹介、ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『恋する神父』~黒衣のファンタジスタ~ (Swing des Spoutniks)
『恋する神父』   公式サイト ノベライズ   監督:ホ・インム 出演:クォン・サンウ ハ・ジウォン   【あらすじ】(goo映画より)品行方正なカトリックの神学生のギュシクは、ミサの最中に学友ソンダルのせいで大失敗を起す。2人は罰として田舎の教会
恋する神父 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日3本目は「恋する神父」です。   神学生ギョシク(クォン・サンウ )が、修行をする田舎の教会で酒に酔った女性ボンヒ(ハ・ジウォン)と出会う。 それ以来、彼女と過ごす機会が多くなり、彼女の不思議な魅力に心が惹かれていくという話。   笑いあり感動.
恋する神父 評価額・1300円 (Blog・キネマ文化論)
●恋する神父を鑑賞。デオ・グラシアス~。 真面目な神学生ギュシクは、神父になる儀
【韓国映画】恋する神父 クォン・サンウ ハ・ジウォン (あるある人気アイテム紹介隊)
カトリックの神学生のギョシクはミサの助祭で大失敗をしでかし、罰として山の上の教会
クォン・サンウ『恋する神父/神父修行』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『恋する神父』公式サイト:http://www.love-shinpu.com/原題:신부수업 神父修行        LOVE, SO DIVINE製作:2005年韓国監督:ホ・インム出演:クォン・サンウ/ハ・ジウォン/キム・イングォン/キム・イン.
恋する神父 06年26本目 (猫姫じゃ)
恋する神父 そんなに期待していた訳じゃないんだケド、その通でした。大好きな韓流コメディーなんだケド、あたしのツボは、ちょっとはずれていました。 結構おもしろかったのですが、、、何かなぁ、、クォン・サンウ 、泣きすぎ??それに、キリスト教、宗教臭いから、ダメ
「恋する神父」~神様と彼と彼女 (お茶の間オレンジシート)
2004年韓国監督/ホ・インム出演/クォン・サンウ ハ・ジウォン キム・イングォン   キム・インムン キム・ソンファ 真面目な神学生ギュシク(クォン・サンウ)は親友ソンダル(キム・イングォン)のせいで失態を演じ、神父になる儀式を控えての1ヶ月間、田舎の教...
映画『恋する神父』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Love, So Divine 全体的にはテンションの上がりにくい映画で、ロマンチック・コメディといっても特に笑いどころがあるわけでもない・・、それでもとってもチャーミング・・ 生涯神に仕える神父を目指す神学生キム・ギュシク(クォン・サンウ)は、友 ...
恋する神父 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『神様、ぼくは 恋をしてしまいました。』  コチラの「恋する神父」は、クォン・サンウ主演のロマンティック・コメディーです。タイトルの通り神父に扮したクォン・サンウ、とは言っても神学生なのですけどね~。  生涯独身を貫き神に仕えることを誓ったギュシク...