千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  TB&コメントにも☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ロング・エンゲージメント」

2005-03-12 21:59:15 | Movie
「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という不思議な“直感”を信じ、戦死したと伝えられた婚約者マネクを探す20歳のマチルド。私立探偵を雇い、顧問弁護士の協力をえて、少しずつ真相に近づくそのたびに彼の生存は絶望的になるのに、不自由な脚をひきずりながらマネクへの道のりをひたすら歩く旅。



「アメリ」の監督ジャン=ピエール・ジュネが再びオドレイ・トトゥを主人公に迎え、ベストセラー小説『長い日曜日』(Sebastien Japrisot)を映画化したフランスでも多くの観客動員数を誇る話題作である。春の訪れとともにロードショー初日、初回に足を運ぶのは気分がいいものである。いつものとおり開演ぎりぎりに飛び込み、混んでいたらどうしようという心配がひょうしぬけするくらい場内はがらがらだった。考えてみると「アメリ」は大ヒットしたが、もともとは幅広い年齢の大衆向け百貨店というよりも、裏原系のブティック向けの既存のものにあきたらないちょっと小技のきいた趣味的な作品だ。「ロング・エンゲージメント」も銀座の大きな映画館よりも渋谷の単館にふさわしいともいえる。

時は第一次世界大戦、幼なじみで友人で、恋人でもある婚約者マネクは戦場へ旅立った。映画の冒頭は、激しい驟雨の中のリアルな戦場を舞台に、軍法会議によって死刑に処せられる兵士の素顔を紹介していく。5人目のひときわ若い兵士、それがマネクだったのだ。彼は、初めて抱いた時のマチルダの胸の鼓動を刻んでいる手に向けて、自ら銃を放つことによって負傷して戦争を回避しようとするのだが、無情な大佐によって死刑を宣告され「ビンゴ」と呼ばれる独逸と仏蘭西の中間地点の戦場に向かっているのだ。まるで地獄のようなこの地で5人の兵士たちは、武器ももたず雨のような爆弾や銃をあびて次々と倒れていく。

二人の秘密の暗号、海辺の荒れる風と灯台、小さなユーモラスとグロテスク、ジャン=ピエール・ジュネ監督が好きな方には最後の結末まで含めて期待は裏切られないだろう。
そしてここまでリアルに描く必要があるのかと疑問さえもってしまう残酷な戦場の映像と一転して、マチルダが一心にマネクを思いながら探す場面はこの監督独特のセピア色の映像美に包まれている。戦争の残酷さと平和な海辺の養父母とのマチルダの暮らし。その対比をかたやリアルな音とともに灰色に、他方では緻密な小道具を配置した懐かしい完璧な様式美に描いたこの監督に、いまどきのフランス映画のエッセンスをきく。
ジュディ・フォースターが脇役を演じているのだが、驚くほど存在感があった。こんな女優に成長していたのだと改めて思った次第である。
それにしてもマチルド役を演じたオドレイ・トトゥをジュリエット・ビノシュに似ていると感じているのは私だけだろうか。フランス人はこういう雰囲気の女優が好きなのだろうが、どうみても20歳には見えないのが惜しい。むしろマネクを演じたギャスパール・ウリエルが実に役柄にぴったりだった。 「かげろう」で演じた青年といい、こういう無垢な若者は今は彼以外に考えられない。「歩くと脚が痛いの?」こういうセリフがいえるのは彼だけだ。

オトナの自覚がある方にはお薦め。無花果を食した気分かも。

二人が初めての夜をともに過ごすときのマッチを一本ずつ擦る場面だけで、映画のチケット代に値する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陪審員コンサルタントってなに? | トップ | 勘弁してくれっ、サマータイ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はなぽ)
2005-03-16 00:14:39
初めまして!

トラックバックのお返し及びゲストブックへの書き込み有難う御座いました。

この映画は本当に意外な部分が多かったのですが、個人的には苦手なシーンが多く疲れました^^;

私の連れもオドレイはどう見ても20歳には見えない!と豪語しておりました(笑)

最初の謎解きの場面は難し過ぎてついていけない感じでした。

フランス人には馴染み深いであろう登場人物の名前も日本人の私にとってはちょっと覚えにくいものがありましたね…

この作品を観終わった後に「またアメリを観てほっと一息つきたい!」と思いました。
アメリは天使のようです (樹衣子)
2005-03-17 23:00:03
私も登場人物像に謎をとく鍵をうまく当てはめられなくて、前半は眉間にしわがよっちゃていました、多分。(-"-;) ??

残酷なシーンがけっこう多かったのは甘いラブロマンスに、毒と悲惨を盛り込むことで作品により個性と芸術・趣味性をもたらす効果をねらっていたのではないでしょうか。

たまたま昨日、ランチタイムにフランス映画はわかりにくくて嫌い派の意見も聞きましたが、私はフランスをはじめとするヨーロッパ映画が好きです。人生の深淵にのみこまれそうな危うさにひかれるのかもしれません。
TBありがとうございました (shito)
2005-03-19 11:44:48
はじめまして。こちらもTBさせていただきました。

この映画は確かに単館系ですよね・・・王家衛の『2046』のときもそう思いましたけど。そしてオドレイ・トトゥはジュリエット・ビノシュに似てる、のお言葉にはポンと膝を打ってしまいました。

樹衣子さんのブログは、とても読み応えがあります。これからも拝読しに伺いますので宜しくお願いします~。
ことらこそTBありがとうございます^^ (樹衣子)
2005-03-19 16:51:16
shitoさまのブログを拝見して、私の方こそ思わずPCを前に膝をうつ切り口に、お断りなくTBさせていただきました。マチルドを物語の狂言回し役、野坂昭如の本から語り口が柔らかく御伽草子的なほど無情さと悲惨さが浮かぶというくだりに、なるほどっ!と思いました。印象的な娼婦役の女優は、『ビッグ・フィッシュ』で息子の妻役も演じられていたのですね。今後の活躍が期待できそうです。

好みの映画ではなかったけれど、上質な映画ですから日本でも観客動員数が伸びるといいですね。
無花果に賛成! (マダム・クニコ)
2005-04-17 20:01:09
まるで詩人のような上記の表現に脱帽。

ジュリエット・ピノシュに似ているというのも納得。

でも、オドレイは役柄が限定されそうですね。
映画歴25年とは・・ (樹衣子)
2005-04-18 18:03:47
はじめまして。「映画解体新書」とは、センスのよいタイトルですね。

オドレィは美人ではないけれど不思議な魅力があり、年齢とともにEmily WATSONのようなよい女優になれるタイプだと思います。

映画の中でマチルダが吹くチューバーの”解体新書”にはこういう見方があるのかと感心しました。私はチューバーの音は、船の汽笛に似ていて灯台、ここがマネクのかえる場所という意味をかねていると思っています。

それにしても25年とは!

今度、マダム・クニコさまのとっておきの映画を教えて下さい。
TBありがとうございます (にゃ~)
2005-08-14 23:59:06
もうすべての役者さんの演技が見応え合ったと思います。特にアメリの時もそうでしたがオドレイ・トトゥの演技には感嘆させられます。ラストでは泣いてしまい暫く涙が止まりませんでしたw
泣くましたか (樹衣子*店主)
2005-08-15 23:24:28
こんばんは☆にゃ~さま



私は、郵便配達夫がけっこういい味を出していたと思いますよ。オドレイ・トトゥは雰囲気のある女優さんですよね。格別美人ではないけれど、印象に残ります。

今後の活躍も期待できますね。^^
こんにちは (にんじん)
2005-08-22 12:07:15
「歩くと脚が痛いの?」はもう、ぐーっときました。

マッチのシーンも最高ですね。
にんじんさまへ (樹衣子)
2005-08-22 21:55:45
>「歩くと脚が痛いの?」はもう、ぐーっときました

やっぱりにんじんさまも、このセリフはお気に入りですか。こどもっぽい言葉ですが、だからよりいっそうマネクの素朴さが感じられますよね。それに可愛い!

マッチをするシーンは、映画史に残るくらいキュートで素適☆

アイデアが見事です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
CAC映画評:「ロング・エンゲージメント」 (言語生活)
 最近、公開された「ロング・エンゲージメント\"Un Long Dimanche De Fiancailles\"」のCinemaauCinema.comにあった映画評を訳しました。フランスの批評サイトでは、なかなかどこも好印象のようでした。ただ、カイユ・ド・シネマはあまりいい得点ではありませんでした。僕は
ロング・エンゲージメント (Cinema de l\'apercu)
2004年/フランス「アメリ」でお馴染み、オドレイ・トトゥとジャン=ピエール・ジュネの最強タッグが贈る戦争映画。他にも神父役にウルバン・カンセリエ(「アメリ」では食料品店の店主コリニョン役)が登場したりと、アメリファンには嬉しい作品。R指定がかかっているのも頷ける
『ロング・エンゲージメント』 (京の昼寝~♪)
 “直感”を信じる。   それは、“奇跡”に耳をすますこと。 ■監督 ジャン=ピエール・ジュネ ■脚本 ギョーム・ローラン ■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」) ■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・
『ロング・エンゲージメント』・・・人を殺すのはイヤ (★shoegirl★)
誰だって愛する人の死は受け入れられないでしょう。 どこかで生きていると信じていたいです。 いつか必ず生きて帰ってきてくれると思い続けたいです。 そんな普通の思い、 でも、たいていは時が経てばあきらめざる得ないだろう・・・と あきらめてしまう所を主人公のマチル
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (わかりやすさとストーリー)
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー●セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?
★「ロング・エンゲージメント」 (ひらりん的映画ブログ)
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。 フランス映画は独特・・・なんだけど、 「アメリ」の監督と女優コンビの作品は見ておこうかな・・・っと
試写会「ロング・エンゲージメント」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール 「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス 配給=ワーナー・ブラザース映画 監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン 出演=オドレイ・トト
『ロング・エンゲージメント』 (傍流点景)
 ジャン・ピーエル・ジュネの映画の魅力は、その「画」による世界観構築が総てである。と思っていた。  捩れてダークな悪夢ファンタジー系の「画」で確固たる個性を築いた人で、個人的には相当タイプのはずなんだけど(苦笑)実はツボの斜め下あたりを横切っている(画の下
ロング・エンゲージメント (利用価値のない日々の雑学)
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント ★★★★★ (TRUE-TIME WEB-LOG)
>ロング・エンゲージメント たったひとつの予感を握り締めて、立ちはだかる現実をたくましく片足飛びに飛び越えて、忍び寄る絶望と不安はおまじないとチューバで吹き飛ばして、一筋縄ではいかない隣人たちに両肩を支えられながらマチルドはマネクへと繋がっている「糸」
ロング・エンゲージメントと矢車菊と (un tas de petites choses : INTERMEZZO)
昨日に引き続き映画を見てきた。 今日は「ロング・エンゲージメント」。「アメリ」大好きな者としては見ないわけにはいかない。 でも,ちょっとすぐには感想が書けない。かなり圧倒されました。ジュネらしい色彩やフラッシュ・バック,さりげない笑いのセンスや意味不明...
ロング・エンゲージメント ★★★★ (マダム・クニコの映画解体新書)
 (ネタバレあり、未見の方はご注意!) テーマは、タイトルの「約束」。「約束」とは何か?  「約束」とは、お互いに自分を信じてくれるように要求しあう行為である。だが、未来に起こるできごとなので、遂行できるかどうかは予測不可能。神に委ねるしかない一種の「信仰
ロング・エンゲージメント (- Fleur-de-lis -)
`直感`を信じる。      それは`奇跡`に耳を澄ますこと。 早速、見に行ってきましたよ! 「ロング・エンゲージメント」(原題:Un long dimanche de fiançailles){/hikari_pink/}{/hikari_blue/} えっと、出来る限り、この映画を見てLilyが感じたことを書き
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
ロング・エンゲージメント (絵のない絵日記)
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督と女優オドレイ・トトゥが再びコンビを組んだミステリィ・ラヴ・ロマンス。セバスチャン・ジャプリゾのベストセラ小説「長い日曜日」の映画化です。 第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。小児麻痺の後遺症で脚が不自由なマチ
DVD: ロング・エンゲージメント (Pocket Warmer)
邦題:ロング・エンゲージメント 原題:Un Long Dimanche de F
ロング・エンゲージメント-映画を見たで(今年167本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感.
ロング・エンゲージメント (Lie to Rye)
出演: オドレイ・トトゥ, ギャスパー・ウリエル, その他 監督: ジャン=ピエール・ジュネ amazonより引用『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演、戦火に生きた真実の愛。圧倒的なスケールと映像美に貫かれた、究極のラブ・ストーリー 「アメリ