宇宙のこっくり亭

意識の覚醒に向かって、精神世界を縦横無尽に語る本格派ブログ!!

マシュー君のメッセージ

2009年01月22日 | 精神世界を語る
  
今、チャネリング界で話題の本といえば、「マシューブック」が挙げられる。十数年前に死んだ17歳(当時)の息子・マシュー君の天上界からのメッセージを、母親のスザンヌ・ワードが受け取っているという。
 
去年の終わり頃、マシュー君のメッセージを編集した「現代社会のスピリチュアルな真相」という本が日本で出版された。
 
それによると、「今度、アメリカ大統領になるオバマは、偉大なる指導霊だ」と、だいぶ前からマシュー君は断言していたことが分かる。選挙でオバマの勝利が決まるより、ずっと前からだ。
 
それには同感なのだが、気になるのは、どうも、チャネラーの母親は、政治的にかなり左旋回した人のようだということ。実際、アメリカ政界でも最左派に属するデニス・クシニッチ議員を、熱烈に支持してきたという。この点については、チャネラー本人も気にしているようで、「マシュー君のメッセージは、母親の政治的な信条とは無関係なのである」と、全編を通じて何度も繰り返している(笑)。
 
さらに、翻訳者氏にいたってはその傾向が顕著だ。本書を翻訳出版するために渡米したときも、「憲法第九条の本」をアメリカに持っていったという、筋金入りの闘士。その点は、ちょっと気になった・・・。
 
マシュー君によると、オバマは暗殺されないんだそうだ。天上界から特別な保護を受けているらしい。それは良かった。ホッとひと安心・・・(?)。

今までの地球は、闇のパワーに支配されていた。おなじみの、「影の世界政府」・イルミナティだ。イルミナティは、トテツもない富と権力を持ち、世界を背後からコントロールしていた。
 
闇のパワーが人々を支配する原理は、「恐怖」である。闇のパワーによる脅しで、人々の心は恐怖で一杯になり、しかも恐怖が伝染していく。
 
しかし、昨年の金融危機で、闇のパワーは壊滅的な打撃を受け、いまや右往左往しているという。この点についても、マシュー君は、まだ金融危機がこれほど悪化するとは予想できなった一昨年の段階で、既に断言している。驚くべき先見の明と言えるかもしれない。
 
闇のパワーが潰れた後には、アセンションがやってくる。この苦闘が終わったとき、真のエデンの園への回帰が訪れる・・・。
 
亡きマシュー君はいまや、「2012年アセンション」を唱導する、オピニオンリーダーに躍り出たと言っていいだろう。今後も要注目だ。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンダラーは、地球にいるだ... | トップ | 大阪の人工衛星 「まいど1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

精神世界を語る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL