近未来的工法による家づくりのかたち

木造住宅の概念を変えた新しい家づくりのかたちを追求します。

君の名は2017

2017-01-05 08:00:00 | 日記
 昨年は映画「君の名は」が話題になりました。私たち世代は「君のは」と言えば佐田啓二と岸恵子主演の映画か、NHKの朝の連続小説ドラマですよね。あとは男と女の反転ストリーでは「転校生」ですか。小林聡美の手を振りながらのペチャパイぼろんちょがどうしても思い出されます

 今回は現在注目されている男女に焦点をあてて、仮に入れ替わったらどんな風に映るか...。その中から浮かび上がってくる真実に鋭く迫ってみます・・・・・・・。

 東京都の「君の名は」・・・・・・・。



 えぇ~これもありですか......。結局のところ政治家というもの底辺にある本質は変わらないという事ですか?。だれがやっても同じ結末にならないようにしていただきたい。今後に注目しましょう・・・・・・。


 元祖「ゲスの名は」・・・・・・・。



 あいやぁ~。すでに過去のことになってしまいました・が。どうでしょう結果的にうまくハマらなかった、かみあわなかった二人だったと言う事か?......。この画像から浮かび出てくる事実は......。女の強さだけが際立っていたという結末か・・・・・・・。


 米国の「プレジデントの名は」・・・・・・・。



 なぁ~るほど。結構あり得ますかこんな大統領......。東京都といい政治家は入れ替わってもあり得るという結果か......。選挙戦敗北後ヒラリー氏は我を失って周りに物を投げつけたらしいし、夫のビルクリントン氏は行方をくらましたらしい

 結果的にヒステリーおばさんが核のスイッチを持たなくて良かったことだけは事実らしい・・・・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017ドラマ話題作 | トップ | もう堪忍袋が裂けました...... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。