まちおもい帖2

日ごろ感じていることを書き記します。

敬老の日の間際に-ご冥福をお祈りします

2016-09-19 20:30:12 | 日記

9月19日は、敬老の日。今年から自治会の役員となり、70才以上の方約150人に、粗品をお届けに上がった。

8月頃に粗品の数を確かめるために名簿提出をお願いしたのだが、その後3人の方がお亡くなりになられた。

そして、今日、役員が二手に分かれて届けに上がった。

だいがいは、自分が住んでいるエリアを担当し、私の班の方のお宅に伺った。その家のおばあちゃんは、足腰が弱っており、呼び鈴を押してもいつもなかなか出てこられない。

お天気の良い日には、買い物用の手押し車を使って歩く練習をされていた。息子さんと住んでおられるのだが、「自分でやれることはやれるようにしておかないとね」と一日数回、我が家の前の路地を往復されておられた。

私が草むしりをしていると、いつも声を掛けてくれ、ちょっと立ち話をするのがお互い楽しかった。

ところが、今日は、呼び鈴を鳴らして、玄関に向かったら、人がいるようで、すぐに玄関を開けてくれた。

あら、敬老の日なので、ご親戚が集まられているのかと思ったら、昨日の朝亡くなられたとのことだった。

頑張っておられたので、折角ですからと粗品をもらっていただいたが、知っている方だけにショックだった。

91才だったとのこと、ご冥福をお祈りします。

「高齢化」という無機質な言い方だと、あまり感じないが、〇〇さんちのおばあちゃんという知った方が亡くなられるのは、やはりショックだ。

私も、90才まであと20年。長いような気もするが、おそらくあっと言う間だろう。20年をどうやって暮らすか、どんな死にざまにするか、そろそろ真剣に考えないと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が40代だったらぁ~ | トップ | 自由な空気感、地域の寛容性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事