毎日が日曜日の高齢者 節約生活

買物しないのが一番の節約なのだが、必要な物だけを少し買うようにして節約生活....

Windows 10 の覚書

2016年12月28日 | Windows 10

メインで使っている「東芝 15.6型ノートPC dynabook Satellite B451 型番:PB451DNBNR5A51」を、2016/07/29 の 18:55~21:00 に Windows 7 から Windows 10 に無料アップグレードしました。

Windows 10 PCを購入したりリカバリーした時のために、設定の変更とWindows 7 からの変更されたところ、ソフトの動作確認などを覚書として記録しておきます。
(2017/03/06 更新)


2017/01/23 Windows 10 Anniversary Update を実行。
更新に3時間10分程かかりました。
そして変更していた設定がほとんど元にもどりました。

自分のブログを見ながら設定のやり直しをしましたが、動きがもっさりとしています。

2016/07/17 に仕舞い込んだ VAIO (VPCEE26FJ)の設定をする事にしました。(制作中)


お決まり事ですが、設定の変更をされる場合は自己責任でお願いします。

 

使用器機 「東芝 15.6型ノートPC dynabook Satellite B451 型番:PB451DNBNR5A51」
器機の説明 https://www.justmyshop.com/app/servlet/item?item_code=7007215


コンピューターの基本的情報
エディション       Windows 10 Pro
バージョン      1607
OS ビルド      14393.693

システム
    製造元      TOSHIBA
    プロセッサ    Intel Celeron CPU B800 1.50GHz
    実装メモリ(RAM) 16.0GB    (最大8GBを16GBに変更)*
    システムの種類  64ビット オペレーティング システム、×64ベース プロセッサ

*最大8GBを16GBに変更して Windows 7  → Windows 10 にアップグレードしたら認識されました。

メインのブラウザ:Firefox
一部のサイト:Internet Explorer



C

● Cortana が邪魔

● Cドライブの空きが減っている


Explorerエクスプローラー)の設定変更


G

● GUIブートをオフにする(起動時間短縮
[Windowsキー+Rキー] → [ファイル名を指定して実行] → [msconfig]
表示されたシステム構成より 「ブート」タブ を表示させ GUIブートなし にチェックを付けたら OKをクリックし、パソコンを再起動。

参考:「エンジニアの休日」


● Internet Explorer 11 はどこに?

Internet Explorer を通常使うブラウザーにしますか?


● ReadyBoost を設定
Windows 7 で ReadyBoost を使用していたのが、使えなくなっているので使えるように設定。
[Explorer] → [USBメモリーのドライブ]右クリック → [ReadyBoost タブ] → [このデバイスを ReadyBoost 専用にする]又は[このデバイスを使用する]にチェック → [OK]

実装メモリ(RAM) 16.0GB なので効果を感じない。
HDD を SSD に取り換えた VAIO (VPCEE26FJ)すでに十分高速なので、「このデバイスは ReadyBoost に使用できません」とメッセージが出る。

参考:「ズバッと解決! Windows 10探偵団」


W

● Windows 10 のバージョンの確認方法
[スタート] → [設定] → [システム] → 一番下の[バージョン情報]

 

[ Cortana ] 入力欄をクリック →  [ winver ] と入力 →  [ winver コマンドの実行 ] をクリック。
Windowsのバージョン情報が表示される。

参考:ドスパラ

 

● Windows Defender
Windows 10 に Update したときから、セキュリティソフトがインストールされているので無効になっている。

 

● Windows Update
[スタート] → [設定] → [更新とセキュリティ] → [更新プログラムのチェック]



● Windows Update 再起動時間を禁止する時間帯の設定
[スタート] → [設定] → [更新とセキュリティ] → [Windows Update] → [アクティブ時間の変更

参考:Windows Server Insider

 

仮想メモリを無効にする (注意)


● 休止状態が使えない
止状態は Windows 7 で使ったことがあるのだが、「ボリューム(C:)」を圧迫していたので「休止状態」は使わず「スリープ」を使用。
「無効にする手順」「元に戻す場合」は、下記を参考に。

参考:「エンジニアの休日」

 

クイックアクセス
エクスプローラーを開くと「クイックアクセス」という項目が追加されている。
よく使用するホルダーやファイルが表示されるが、使いにくいので表示しないようにする。
[エクスプローラー] → [表示] → [オプション] → [全般タブ] → [エクスプローラーで開く]を[PC]に変更。
[プライバシー]のチェックをマークを外す。


● 高速スタートアップ
高速スタートアップは終了時に時間がかかり、起動するときには終了時と同じ器機が接続されていないとエラーになるので使用しない。
設定する場合は、下記を参考に。

参考:「エンジニアの休日」

 

サインアウトログオフ
1.[「スタートメニュー」右クリック] → [シャットダウンまたはサインアウト] → [サインアウト]
2.[スタートメニュー] → [ 左上のユーザアイコン] → [サインアウト]
3.[「Alt」+「Ctrl」+「Delte」を押す] → [上から3つ目サインアウト]

参考:MOGITATE! 【Windows10】ログオフ(サインアウト)の方法・3種類

 

● 視覚効果の設定
デスクトップの[Computer]右クリック → [プロパティ] → [システムの詳細設定] → [パフォーマンス] → [視覚効果]

[コントロールパネル] → [システムとセキュリティ] → [システム] → [システムの詳細設定] → [パフォーマンス] → [視覚効果]

○カスタム を選び
   ・アイコンの代わりに縮小版を表示する
   ・スクリーンフォントの緑を滑らかにする    にチェックを入れ。[OK]

 

● システムの保護
「ボリューム(C:)」の保護が無効になっていたので有効にする。

デスクトップの[コンピューター]右クリック → [プロパティ] → [システムの保護] → [ボリューム(C:)(システム)] → [構成] → [システムの保護を有効にする] → [ディスク領域の使用量=設定] → [OK]

● スクロールバーの幅を太くする (注意)

● スタートアップはどこに

 

● タスクバーが自動で隠れない


● デスクトップ・アイコンの大きさを変える-1
キーボードの Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回す。
手前に回すと小さくなり、奥へ回すと大きくなる。

 

● デスクトップ・アイコンの大きさを変える-2
デスクトップの何もないところを右クリック → [表示] → [大アイコン・中アイコン・小アイコン] いずれかを選択。

 

● デスクトップ・アイコンの設定
デスクトップの何もないところを右クリック → [個人用設定] → [テーマ] → [デスクトップアイコンの表示] → 表示させたいアイコンにチェックを入れる。

 

● デスクトップの表示

 


● マウス ホイールでスクロールする量の変更
[設定] → [デバイス] → [マウスとタッチパッド] → [一度にスクロールする行数]


● 文字サイズの変更


● ログオフ(サインアウト)の方法

 


 

『OS』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者インフルエンザの予防... | トップ | タイトルやメニューの文字サ... »

関連するみんなの記事