千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

きままなオイしゃんの独り言に
つきおうてつかぁさい。

黒田三左衛門(美作)

2017-12-15 14:37:44 | 歴史・いにしえの大昔しの事
黒田三奈木家・・・・


現在いろいろな博多の歴史書で見るこの「博多古図」はじめ
いろいろな地図は黒田三奈木家に残されとったものです。

黒田三奈木家てなん?
聞いたことはあるばってんが知らん人も多かて思います。
場所が近かけん秋月藩?て思う人もおりまっしょうね。
違いますばい。黒田本藩の筆頭家老の家ですたい。

「黒田二十四騎」の一人でその中の精鋭「黒田八虎」の一人
黒田三左衛門(美作)本名「黒田一成」



この人の人生は面白かです。恩義が恩義ば生んだ・・てな感じ。

幼名は「加藤玉松」そうもともと黒田の家系や無かとです。
その父は加藤重徳、荒木村重の有岡城の牢番やった人です。

この人は村重の説得に失敗し投獄された黒田官兵衛ば
手厚く見守った人です。
黒田家の家臣の叔母が有岡城におり官兵衛の世話ばするとば黙認したり
たびたび忍んできた「栗山善助」と官兵衛が会話するとも容認しとったとです。
もともと黒田家はあそこら辺の出やけん親戚のおっても不思議や無かですもんね。

官兵衛が助け出されたとき息子の松寿丸(長政)は殺されたて
思うとったけん、加藤重徳の恩に報いるためその息子「玉松」ば養子に引き取ったとです。

ところが松寿丸は秀吉の計らいで竹中半兵衛の下でかくまわれて生きとったとです。
ばってん玉松は長政の弟同様に育てられのちに三左衛門て名乗り
長政の右腕として生涯、活躍し黒田家の筆頭家老ば務めます。

長政につき朝鮮出兵、関ケ原でも功績ば残します。
筑前入国後、名前ば黒田美作(みまさか)としとります。

時は忠之の時代「島原の乱」で幕府郡が佐賀、久留米、柳川、島原四藩の兵で攻めますばってんが
敗退、そこで援軍として九州全部の大名が駆り出され
黒田藩も1万8千の兵ば繰り出しました。
黒田騒動の恩義があって汚名挽回て忠之は奮起しますばってんが
総大将の老中の松平伊豆守信綱は黒田の老臣黒田美作ば
軍議に呼んで知恵を借り、兵糧攻めば決め乱ば治めました。

朝倉三奈木に居ば構えたけん黒田三奈木家て言われとります。
黒田家の中で唯一幕末まで家老ば務めた家であります。

今回はおふざけ一切なしであります・・・チャンチャン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡(黒田)藩考

2017-12-14 16:03:26 | 歴史・いにしえの大昔しの事
前回の続きです。

そのころ福岡博多「福岡(黒田)藩」はどげんやったっちゃろう?

関ヶ原の功績によって黒田長政が筑前ば与えられて福岡ができたとは
皆さんご存知ですね。
その前は官兵衛が豊前領主やったとが筑前にやってきました。
長政に家督ば譲った官兵衛は太宰府で余生ば過ごしたゲナです。

ばってんが、福岡ができたとはたかだか、ここ300年
博多はそれより大昔から栄えた商業都市です。
山笠行事で町人の結束の固うて新参の領主も扱いには気ばつかうたらしい。
始め前任者の小早川秀秋の名島城に入城したばってんがその地は博多の東はずれ
海に囲まれ立地条件も良うなかったけん
福崎の地に7年かけて城ば築城します。
その天守閣があったか否か?は未だ解明されとらんとです。
別名「舞鶴城」て言うて今もこの地に「舞鶴」て言う地名が残っとります。

長政は藩政に博多の町民ば取り込んで治めました。
途絶えとった松囃子(今のどんたく)も復活させ
焼失しとった東長寺も今の場所に建立しとります。
官兵衛に負けず劣らぬ文武に奏でた名君やったごたります。

当時の黒田家臣団は6~7000人ほどやったらしい。
主に備(そなえ)・組(くみ)ていう戦闘集団と
「役方(やくかた)」て呼ばれる行政官としての役職にわけられとったげな。
家老には黒田官兵衛の一の家来「栗山善助」の子「栗山大膳」がおりました。

島原の乱以後、外国船が入って来んごと長崎警護で参勤交代ば免除されたげな。
佐賀鍋島藩とは仲の良かったごたります。

黒田藩では馬廻組まで屋敷住まいやったげな。やっぱ規模の大きな藩やったとですね。

お江戸のごとお城が出来て町がでけあがったとと違い
博多は大昔から博多の町が存在したけん武士の町福岡と町人の町博多は
那珂川ば挟んで向こうとこっちにわかれとります。
福岡部が武家屋敷と下士の住む長屋です。

長政には三人の子供がおりまして
忠之は世継ぎ、弟の長興に筑前秋月藩5万石、高政に筑前直方藩4万石が与えられたけん
福岡藩(黒田藩)52万石て言うたっちゃ実質43万石であります。

長男忠之は長政の側室の子やばってんが長政はこの側室ば嫌うとって
遠く橋本(七隈線の終点)に住まわせ忠之も橋本で生れ育ちました。
長政はこの忠之に後ば継がせとう無かったばってんが後ろ盾の「栗山大膳」の
後押しで忠之は2代藩主になりますと。

ところが忠之は説教がましい大膳ば疎ましゅう思いここから黒田騒動の起こります。
お家取りつぶしの沙汰ほどの騒動やったばってん・・・

その昔、長政が信長の人質やった時、官兵衛が荒木村重に寝返ったて疑われ
長政の首ば跳ねよて信長が命令したばってんが長政は竹中半兵衛にかくまわれて生き残ります。
官兵衛が栗山善助らの手により有岡城から救い出された時、信長は
長政ば殺せて言うたとば涙流して官兵衛に謝ったげなです。

そげな縁もあり、官兵衛は半兵衛の子竹中重門の烏帽子親ば務めとります。
その重門の口利きで黒田家は領地取り上げやったばってん
その日のうちに再度52万石ば拝領、おとがめなしやったげな。

これはお上のお話・・・・

なら博多町人はどげんしよったとでしょう?

お上から博多の行事一切ば任された年行司(その前は月行事て言いよった)て言う人がおって
藩から博多の一切の差配ば任されとりました。
税金と別にジョウギリ銭て言うて博多の祭りごとの積立金ば納めよったとです。
博多はその頃はすでに「流」て言う町組で組織されとって
その長が「町年寄」です。
その配下で山笠行事やらの一切合財がとり仕切られますと。

年よりて言うたら今のおいしゃんんのごと
使いもんにならん人たちておもいますばってんが重要な仕事しよったとですね。

暮れも近いこの頃・・こげなと書きよったら足のがつった・・・

どげんかならんもんかいな


>あ痛たたや誰か助けてくれんやろうか・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々歴史考・・江戸幕府って?

2017-12-14 14:42:54 | 歴史・いにしえの大昔しの事
ここんとこ読書の秋から引き続きまだまだお江戸小説読んでます。
江戸時代の古い言葉やら道具用具やら調べながら読むとも
楽しみの一つです。

例えば「チョキ船」やら「冷飯草履」なんかわからんでっしょう?

小説では幕府の役職がいっぱい出てきてなんやわけのわからん。
老中、家老、大目付、目付・・・
時代劇で言葉は聞くばってん深い内容はしらなんだ。
だんだん幕府の仕組み判ってきた。
幕府では一番偉か人が老中(何人かおります)でその下に
いろいろな役職、大目付、大番頭、町奉行、勘定奉行、城代、遠国奉行が
おります。
奉行でも「寺社奉行」は老中の配下やのうて「町奉行」より格上です。

そいけん神社や寺の敷地内での殺しやら賭場の事件に
町奉行は立ち入ることのでけんとです。
賭場の頭から寺社奉行に賄賂やらでうやむやにされて
町奉行は地団太踏んで悔しがるとですね。

この町奉行の配下におる同心の手下が「銭形平次」のごたあ親分
目明し、御用聞きても言います。
給金はでらんばってんが地域の治安ば守るけん縄張りの中の
大店からの付け届けで暮らしよります。
やくざの親分やったり、奥さんに商売させながら御用ばしよった
親分もおったらしかです。

大名でも将軍家直属の家臣(直臣)が旗本(はたもと)
将軍様にじかに謁見でける大名です。
黒田家はこのくちですね。

面白かとは家康の男系子孫は幕府の要職(いわば公務員)につけんかったらしい。
将軍家の転覆ばはかったらいかんて言う理由やそうです。

今読みよる小説に出てくる岡っ引きの宗吉親分は
町奉行の配下でありながら家康の幕府開闢いらいの目明しで
先祖が幕府の金座破りば召し取ったて言う手柄で
将軍家光直々に金流しの十手ば授かり将軍謁見もでける
特別な目明しなんですね。

「家光公から金流しの十手を拝借した金座裏の宗吉親分たぁ俺のことだ」

商人も幕府開闢以来の商人たちは「小町町人」て言うて
正月には特別にお城にあがって将軍様に謁見が許されたげなです。

松囃子が黒田のお殿様の場内に入ってお祝いしよったとと
一緒ですね。

江戸幕府には二つの奉行所、南町奉行所、北町奉行所のあって
月交代でお江戸八百八町の治安ば管理しよったとばってん
町奉行の数は少なかけんそれぞれ手下に同心やらその下に岡っ引き、下っぴきば配置して
江戸の治安ば守りよりました。



今の警察署みたいなとが「番屋」て言われ取り調べが行われます。
博多ではこの番屋は「会所」て言われ福岡と博多に二か所おかれました。

その博多部の会所があったところが今の古ノ一であります。

古ノ一へようこそ・・につながってきたでっしょうが、ぷぷぷ

次回はその辺のお話ば・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多は麺文化・・な~る!

2017-12-14 00:37:57 | 博多今昔
今日のお昼の備忘録・・・・・
昨日の中華丼の残りで「チャうどん」お店によって色々
商品名はちがいますばってんが要はチャンポンの麺に
うどん玉使うた奴です。


これはね、おいしゃんあんまり奇をてらった料理はあんまり
好きや無かとばってん、八文字組のヨッシーに進められて食べたら
ハマってしもうたとです。
長崎チャンポンと博多うろんのコラボレーションです。
チャンポン麺より温もります・・なんでうどん麺って温まるとでしょう?

博多はうろんとラーメンの文化が競い合っとります。
夏でもラーメンは美味かばってんがたぃ冬場はやっぱうろんですね。
博多のうろんは鎌倉時代からの歴史のありますとよ。

博多はうろん発祥の地!どこかのうどん県のごと宣伝せんでちゃ
普通に食べよります。博多のうろんに腰は要らんです。
すめで食べますけん。入れ歯でも食えますばってん最近の博多うろん
ちょこっと腰のある方がこのまれますね。
美やけうどんさんは太麺柔麺の博多うろんの王道です。

博多は名物の一杯あるけん今更うろんば宣伝せんでもよございますと。
博多商人は週4日はお昼はうろんで過ごしよったほどです。
お江戸の場合はこれが「蕎麦」ですね。

チャンポン・・何でもかんでも混ぜこぜにするとばチャンポンて言いますね。
長崎が本場ばってん九州各地で食べられとります。

ところがこれが本州に入ったら全然別物になって出て来ます。
山口で食べたらラーメンの細麺で餡かけですやん。
大阪で食べてもおんなしような餡かけやった。

チャンポンはやっぱり「チャンポン麺」につきます。
あの麺やなからなチャンポンやあらしません。

長崎チャンポン
その製法の基本は鶏ガラスープです(博多では豚骨使うとこもありこれも美味い)
具は海鮮が主で蒲鉾、浅利、海老、イカ、それに野菜・・・
何でか豚肉ははずせません。
具材炒めた後、鶏ガラスープに九州独特の薄口醤油で味付けします。
具材の出汁と薄口の塩みにちょこっと砂糖入れたら究極の味です。
麺も具と一緒に炊きこんで麺が膨らんで来たら出来上がり。
チャンポンは煮込み料理であります。
煮込んで良かごと・・チャンポン麺でありますと。

その麺ば炒めて水分飛ばしてチャンポンスープで煮込んだとが
博多皿うどん、これもいけますったぃ・・

本当はねこの頃、時代小説読みよるけん今日は江戸時代の博多のこと
書こうかて思いよったばってんが・・

麺でページ割いてしまいましたヤネ。
周ちゃんからおいしゃんの文章は長すぎるていわれたけん
お江戸の博多は次回にコンテニューです・・・

いつか調べもんして博多のお江戸時代の小説書くとがおいしゃんの夢ですばってん
まだまだ生活に追われよりますったぃ

記念誌は間もなくです・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔話書きよったら長いうなったやね・・

2017-12-13 00:07:50 | 日々の出来事
今日も朝方は冷たいもんが降りよりました。
ばってんが昨日と違い風の無かけんよございます。
夜もちゃんとチャリは進みましたです。
昨日も書いたばってんが寒さはこらえきります。
風さえなかったら・・・・・

お昼は昨日の夜中に仕込んだこれ・・・


中華丼。ウズラの卵入りですぜ・・

おいしゃん幼少のみぎりから中華料理は麹屋番にあった「福寿飯店」で
食べ付けとりましたばってんがこの「中華丼」初めて食べたとは
高校時代であります。北京料理の「福寿飯店」は博多んもんは
皆、ここで育ったようなもんですが一応当時は高級中華料理屋やったけん
丼もんやらは無かったけんです。

学校の近くの中尾のバス停の近くにあった出前中心の「紅華飯店」で
初めて食べました。

マスターが「中どん、中どん」て言うとが始め何かわからんで
食べて見たら中々美味しいて思うたもんでした。
ざっくり言えばご飯の上に八宝菜が乗った奴。
ここはおいしゃんたち不良の溜まり場でもありました・・

何年か後、大学時代は「一品香」のヤング定食
中華丼と餃子に中華スープにハマったおいしゃんです。

たまに社会人になった先輩がクラブの練習に来てくれて
このお店で奢ってくれよりました。
その先輩はスパイクの破壊力から「原爆」ていうとがニックネームやった。
若くして心臓病で亡くなったとは残念です。

「何でも食って良かぜ、俺の奢りやけん」
当時はどんだけ食っても食いたらん時代・・・

クラブ終わって学食に忍び込んでまだ温もりの残ったうどんスープで
勝手にうどん作って食べたりしよりました。言うて見たら窃盗です。
まだ近所のおばちゃんたちが作りよった時代の学食やったけん
メニューもうどんと炒飯て言う名のミックスベジタブルのご飯の油炒めと
味の無かカレーライスたいなもんしかなかった。

たしか高校三年生の時、この食堂が建て替えられ
新しゅう合宿所と新しか学食が出来て外部の業者が入って
立派になってA定食やらB定食やらがでけて清涼飲料水の自販機も設置されて
学校でコカコーラが飲めて嬉しかったです。

朝、登校して一時間目の休みか?授業中に持参した弁当食って
二時間目の休みに学食行ってご飯食べてクラブ終わったらなんか
食いもんないかいな?の時代です。
天神についたら味のタウンでなんか食うての頃ですたい!

この合宿所は全国大会常連のサッカー部が使うて
おいしゃんたちバレー部の合宿は教室で寝泊まりせないかんとが悔しかったです。
部室の一階のふろ場、夜中にボールが跳ねる音、観客の歓声が
夜中に聞こえるて言う恐怖話、今では遠い思い出です。

思い出せば夏の地獄の合宿の時(OBに勝つまで朝までゲームさせられよりました)
腹壊したおいしゃんに薬くれたとが女子バレー部の二年先輩のF子ちゃん。
薬くれたとは良かばってんが便秘のくすりやったけん
おいしゃん夜通しトイレの往復した今でも思い出します。
腹抑えてトイレに行くおいしゃん見てクスクス笑いよったとが
今、仕事でおつき合いのある福岡市食品衛生協会の事務員のF子ちゃんです。
妙なめぐり合わせです。

その頃、銀縁眼鏡掛けた陸上部の先輩がこれも福岡市食品衛生協会会長で
市会議員の南原茂さんです。
茂さんのお父さん(勇一郎さん)も市会議員でおいしゃんの中学校のPTA会長やったです。
おいしゃんたちのチームが県大会出場が決まり新しかユニフォームば
作ってくれたとは良かばってんがおいしゃんたち当時全国レベルやった
大濠高校に憧れとってそのユニフォームに似せて自分たちでユニフォーム作って
大会に出たもんやけん会長にこっぴどく怒られたです。
作ってくれたユニフォームは半袖やったしその当時はドリブルの判定が厳しゅうなった頃
長袖が主流になったともあります。
今思えば会長にすまんかったなて思います。

当時おいしゃんの一年先輩のセッターがけん坊やったです。
このチームは市内大会優勝、エースのHさんは高校に進み
春高バレーでベスト4にまで入り松平さんから褒められたほど・・
Hさんは今は高校の先生になって後進の指導・・・・
その弟もバレー部やったばってんがそいつに今おいしゃん髪つんで貰いよります。
けん坊にはセッターの心得ば色々おそえて貰いました。
けん坊は山笠の取締の先輩でもありました。
今は亡きけん坊の若嫁がミポリン、これも巡り合わせでしょうか?

話は遡って「何でも食いやい」
腹すかしのおいしゃんたちは当然腹いっぱいになる
中華丼、それに鶏の唐揚げ

たまに芋飴も作るとみて「こげんしてつくるっちゃね」て感心しよりました。
この頃からおいしゃんの料理熱は燻っとったとかもしれません。

鶏の唐揚げに衣付けて揚げるとも初めて見ました。
福寿飯店ではもっぱら鶏の唐揚げは素揚げやったけんですね。

そげなこげなでおいしゃんのレパートリーも増えとります。
ばってんが今思えば・・・

福寿飯店のエンツアオメン(平麺の焼きそば)と味の素がいっぱいかかった
鶏の骨付き唐揚げ、餃子はおいしゃんの最後の晩餐に欲しかばってんが
福寿飯店無き今、最後は何食びょうか?て主ぷ子にごろです。

チャンチャン、明日もさぶかとかいな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何?この寒さと強風と富岡八幡宮

2017-12-12 00:34:59 | 日々の出来事
博多の町が一気に冷え込みました。
朝からどんより、いかにも寒そうな空の色です。
大陸から「北風小僧」がやってきました。
ヒューンヒューンヒュルル~ンルンルン♪どこの風やありませんもん。
こげん寒かとは反則やもん。

ヒートテックの肌着着ました。
しっかりエネルギー燃えるごと朝からニュウ麺です。


こげな日は体の中から温めななりませんけんね。

お昼に事務所からマンションさぃご飯食べに戻る時は
朝より気温がグンと下がったごたります。
橋の上は風が堪えます、それとビルの間のビル風。
おいしゃんのマンションから事務所までは「御笠川(石堂川)」越えななりません。
冬場はこの橋渡るとが辛いです。
お昼も当然温かい汁物でね・・・・・


具うどんにお弁当の残りの混ぜご飯。
温っか部屋でヒートテック着て食べたら汗かきます。
この汗が外に出たげんたい風邪ひきのもとやけん用心です。

午後からの外周りは強風で飛ばされそうです。
前傾姿勢で歩ゆまな前に進みませんもん。

税務署に書類出して出て来た時、はらはらと白かとが落ちて来ました。
おいしゃんの鼻からも鼻水がタラ~リと垂れて来ました。
気温は10℃以下位やったとでしょうばってんが
強風で体感温度はぐっとさがります。
寒かけん手袋してポケットに手入れとるけん
写真は一切ございません。

こげな日の夜の出勤は堪えます。そう今夜も仕事入れとります。
涙出ろうごと寒かった

温っか部屋で二人こたつでさしつさされつで

「旦さん温めておくれやす・・・」

「うむそろそろ寝屋にまいろうか?」

「旦さん、今宵は朝まで宜しゅうおますか?」

「贅沢をいうでない・・」

「あ~旦さん・・・・・・・」

「あっ旦さん・・そこ違う・・」

「お前も好きよのう~」

やらは夢のまた夢・・

すみませっんつい脱線してしもうた・・現実は・・

今夜もおいしゃん弁当下げてチャリで強風の中、涙流しながら出勤です。
強風で進まんけん途中から押しチャリです。

帰りもこれまた強風で前に進まんし橋の上で横風食ろうて
倒れて飛ばされそうになりました

今頃、周ちゃんは温っか部屋で温っかご飯とスイーツ食べよろう?
パンダさんは冷たい家庭でひとんで温っかご飯食べよろう?
て思いながらも今宵もおいしゃん頑張りました・・・

中洲5丁目の屋台、けん坊、ケンゾー、おけいはすべてお休み。
中島町側のとん吉とひょうたん(洋風屋台じゃありません)は頑張って開けとったばってん
ガラガラで早じまいの様子でした。

明日は今日より6℃も下がるらしい。
寒かとは我慢でけるとばってん風は嫌ですね。

明日もお昼は温もる奴は何にしょうか?て考えながら帰ってきました。
お弁当箱洗うたあと仕込み始めました。
ご飯もタイマーセットして・・・

さてナニガデキルカナ?
スープはとっておきのこれにします。


胡麻沢山の美味しか奴です。


気がつけばまだブログランキング2位ば保っとります。
なしてかいな?
座の賑わいやけんそう気にはしとらんとばってんが・・・・

お江戸小説読みよったら今、旬の「富岡八幡宮」の出て来ました。
「富岡八幡宮にいい女郎屋が出来たんですって」(@_@;)
江戸時代から境内で芝居小屋やら歌舞伎やらのショバ代で
神社は稼ぎよったとですね。

今上天皇もお詣りされるくらいの富岡八幡宮の
刃傷沙汰にはびっくりです。

神様に使える人が銭金で跡目相続はいけませんやね!
来年の初詣、富岡八幡宮のお詣りは減るか?
SNSで話題になっとりました。

そうそう、正月の三社詣りはこちらの地方だけの風習らしかですね。
他は一社詣り?御利益の薄そう・・・

とりあえず、お櫛田さん、筥崎さん・・・後は?
住吉さん?香椎宮?宮地嶽、宗像さんは遠すぎる・・・

ミヤオでも拝んどきましょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い寒い週末と直虎

2017-12-10 20:56:03 | 日々の出来事
土曜日も寒かったですばってんが
日曜日に雨マークのついとったけん頑張って洗濯しました。
寒かけん外に出らんでお掃除のチェックしました。

お掃除しながらこことここは年末までに・・やらのチェックです。
夜の仕事まで外に出らんどこうかて思うたっばってんが
煙草切らしたもんやけん近くのファミマまで・・・・

小腹の空いたけんホットドック買うて来ました。


パン類の「チン」は難しかですね。しくじったらすぐ固うなります。
昔、道端の移動ホットドック屋さんはトースターで焼きござったですもんね。

コンビニはすっかり外人さんがレジにおるとが当たり前になりました。

「アタタメマッシュ~カ?」

「いや良かよ」
博多弁やばってん通じるとかいな?

「オツリハヒャクゴッジュエンニナリマス」

「レシトハイリマシュカ?」

「いや良か(要らん)」
要らんて言えば分かりやすかとでしょうが
この人たち結構、日本語に精通しとるとでしょうね。
日本語学校は標準語しか教えんやろうし、博多弁もおそえよるとかいな?

いっときの中国人から最近は色の黒い人が多うなりましたね。
コンビニだけや無うてスーパーのレジも外人さんが目立ちます。

夜の仕事帰り、久々けん坊がお店出してました。
建太の嫁さんの朋ちゃんの出産騒動で今週はずっとお休みやったですもん。
あのオレンジの看板が見えんと寂しかですもんね。

「建太おめでと~」声掛けて帰ってきました。

日曜の今朝は意外と早起きして朝風呂入ってしっかりニッポンの朝ご飯しました。


味噌汁に白ご飯、目玉焼きにウインナー、青物は高菜のお漬物です。
このあとお替わりしてサバ味醂焼いて食べました。腹いっぱいです。
おいしゃん漬物の中で高菜の漬物が一番好きかも・・・・
これだけでもご飯がいけるし、油炒めにしてもまた味の替わっていけますもんね。
お弁当も白ご飯に高菜とちりめんじゃこ混ぜたら
おかずは少のうて済みます。

雨の降らんうちに洗濯もん取り込んでアイロンかけたあとこれといってすることもなし。
またベッドに入って「鎌倉河岸捕り物控え」読みよったら
また寝てしまい気がついたらお昼ば回っとりました。
以前にも書いたばってんおいしゃんこの頃異常に眠たか日が続きますと。

ち~た体動かさなこててコンビに行って買い物して
弁当作りしよったら周ちゃんからLINEです。


べにまる、今年もおすそ分け頂きました。ありがたいですね。

その頃、ミポリンは初孫の「えみりん」の顔見に行ったらしいです。
写真の送ってきました。


みぽりん「母娘みたいやろ?」

い~やしっかり婆さまと孫の写真、見ての通りです。
うち孫やけん一時はえみりん中心の生活でっしょうね。
今年のお正月は良かお正月ば迎えられますね。

寒い寒い、明日の週明けはもっと寒うなるゲナです。
お昼頃が一番寒くなって6℃の予報になってます。


こいつはここから離れません・・・・・

早めに晩御飯、今夜は日田焼そばです。


焼きそばの素使わんで醤油とウスター1:1の割合で
日田焼そばの味になります。
市販の焼きそば麺ば一回湯通ししてしっかり麺ば焼いたらあのお味です。
モヤシ一杯が日田焼そばの特徴です。

そして襟ば正して「直虎」の始まるとば待ちました。

光石研さん(明智光秀)見事、海老蔵(織田信長)ば本能寺でやってくれました。
家康の伊賀越えの逃走劇、茶屋四郎二郎も登場しましたね。
おいしゃんとしてはこの本能寺の変は秀吉が係っとって欲しかっちゃばってんが
今回の「直虎」には秀吉出てこんずくですね。

光秀は生き延びて家康の影の後見人として生き延びた・・説
おいしゃんが好きな説です。
家康の子供・孫に秀忠、家光の文字合わせたら「光秀」です。
日光東照宮にも明智の「桔梗紋」があちこちに・・・
日光には「明智平」の地名もありますもんね・・

一説には本能寺の件ば秀吉は知っとって抜け穴ば掘ったばってんが
当日、その抜け穴ば塞いだとが秀吉やったていう説もあります。
ばってんが肝心の信長の遺骸が見つからんけん秀吉は往生します。
そこにはある信長関係の僧が係っとうていうお話

歴史ば推測したら面白かですねぇ。おいしゃん大好きです。

来週は最終回、仕事で見られんけん悔しかです。
年末の総集編に期待しとこうかな・・・・

チャンチャン

明日は冷え込む予報、明日のお昼は具うどんに味ご飯仕込みました。
雨の中、午後から外周りせないかんけんしろしかです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は寒かったぁ~一日のあれこれ・・

2017-12-08 21:14:18 | 日々の出来事

どうも昨日の夜中に食ったらしい証拠写真です。

今朝、流しに丼の汚れもんのあったけん??
スマホの写真見て思い出しました・・・・

昨日お愛でたのミポリンの孫・・

しっかり洋服来て愛らしいです。
名前は「えみりん」ミポリンと二人でユニット組んで売りだすやもしれません。
ミポリン&えみりんで・・・・・

今朝はごっつうぅ寒かったですね・・・・・
事務所も室内温度8℃やったけんガスストーブとエアコンで
部屋暖めましたもん。


濃い茶で暖ばとりました。

お昼は天丼と海老出汁すめのニュウ麺用意しとりましたばってんがたい

11:00か12:00頃伺いますの組合員さんが待っても待っても
来んしゃれんやない(結局来んしゃれんかった)・・・・・
お昼時過ぎても来んしゃれん、午後からは事務所空けるわけにいかんけん(事務員さんはお休みやけん)
仕方なくマルショクへ


鴨出汁そばとカシワ(鶏)のおにぎりで済ませました。

おいしゃん温かい蕎麦はあんまり食べんっちゃばってんが
カップ麺だけはうろんより蕎麦派です。
カップのうろん麺の食感がうろんとは程遠かけんです。

寒か一日終えて、今日も夜は仕事なしでゆっくりです・・・・・

お昼に食べんかったんニュウ麺ば頂きました。
自分で言うともなんばってん海老の殻とカツブシで出汁とったスメがとっても美味しかったです。
海老風味スメやけん海老天ニュウ麺にしました。



天丼予定の残ったご飯は明日のお弁当に「焼豚炒飯」にしました。

今夜はゆっくりやけん
何気なく探したら今読みよるお江戸の時代小説「鎌倉河岸捕り物控え」の
テレビ版ば見つけました。
この物語は青春時代劇です。


お江戸のむじな長屋育ちの三人の幼馴染が古町町人(江戸開闢以来の江戸町人)達と
金座(現在でいえば造幣局)裏の十手持ちの宗吉親分とかかわる物語です。

舞台は「鎌倉河岸」徳川家康がお江戸入したとき
江戸城作りの資材ば陸揚げした河岸で歴史のある場所です。

一人は腕の良か船頭、一人は金座裏の十手持ちの頭の手下
そして主人公は呉服屋の手代から十手持ちの跡取りに養子に入った政次
この三人が長屋の「しほ」ば巡っての恋物語です。


現代にも残るお江戸の酒問屋「豊島屋」
江戸開闢以来の、山なれば富士、白酒なれば豊島屋と詠われた江戸の草分け
の主人は竹中直人が演じてます。
今もあるとにびっくりしました。




金座裏の頭はこの方が演じとります。

前に読みよった「酔いどれ小藤次」のテレビ版も見たばってん
あれは小説と内容が若干違うてあんまり面白うなかったばってんが
今回は筋書きに忠実で面白かですね・・

そう言えば漫画「博多っ子純情」が映画になった時
漫画の筋書きと全く一緒でとセリフも同じやったですもんね。


この時の主人公「郷六平」ば演じた光石研さんな今や押しも押されぬ名わき役です。
深夜食堂にもいぶし銀の博多弁の刑事役で出て来ますね。



お江戸小説読みよってつくづく思いますばってん
あの時代、武家より町人の方が絶対楽しか暮らしやったて思います。

その頃の博多も商人の町、タイムスリップして江戸時代の博多の町ば
覗いてみたいて思います。

明日は先週も見損ねた「直虎」の再放送見らないかん。
どうも信長の「本能寺の変」に家康が係った件ばこのドラマは
取り上げたようです。

「本能寺の変」は未だ不鮮明・・

明智光秀と朝廷の陰謀説、秀吉と家康の陰謀説、いろいろありますばってんが
事の真相はどげんでしょう?
家康の子に秀忠、家光と明智光秀のふた文字ば使うた真相は?
日光東照宮に残る明智の桔梗紋の謎は?
面白いか仮説一杯です。

一説によると信長が生きとったら・・
日本が世界制圧しとったって説もありますばってんが・・・
これは歴史のなかのおとぎ話であります。

今宵もおやすみなさい・・チャンチャン

なしてか?ブログランキング2位になっとう、びっくり!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

婆ちゃん誕生・・めでたきかなめでたきかな

2017-12-07 19:32:07 | 日々の出来事
今日のお昼は昨日から仕込んどった豚丼と豚汁セット。
降るとか降らんとか?はっきりしやい!て言うような天気でした。


豚丼にはちゃんと牛蒡も入っとります。
一味と紅ショウガたっぷりかけて温まりましたやね。

さて建太の嫁さんの朋ちゃんが11月末の出産予定日よりだいぶ遅れとったとが
やっと陣痛のはじまったてLINE、愈々です。

病院のミポリンから途中経過のLINEが入ってきます。

周ちゃん「産れた?」

おいしゃん「生れた?」・・

ミポリン「まだです髪の毛が見えてるらしいけど、痛がってます」

なんか自分の息子の嫁が頑張りよるごたあ感じのしますもんね。

遅れとうだけに、我が娘ん時よりなんか心配です。

元我が嫁の女系はお産が軽か家系やったけんおいしゃんは3人の子の
出産にはいずれも立ち会うとりまっせんもん。
ちょこっと荷物取りに帰った隙に3人とも生れましたもん。
娘も陣痛からほどなくポロっと産んだですもんね。

て言うてもおいしゃんたちは経験でけん尋常じゃ無か痛さでしょうけん。
便秘の時の固いウ○コばひりだす痛さくらいしか想像できんばってん
その百倍くらいでっしょう?
男なら耐えられん痛さらしいですやン。

そいけん・・・・

「がんばれ・・」「がんばれ・・」て思いよりました・・

ミポリン 「OK」

ミポリンが頑張っても関係無かとぃ・

いくらミポリンがいきんでもなんか違うとしか出てこんとぃ・・

暫し経過待ちです。

話は中座します・・・

今日はおいしゃん天麩羅が食べとうして買い物して帰ってきました。
ついでに正月用も今のうちに買うとかな暮れになったげんたい
一気に物価の上がりますけん今のうちに揃えときます。


鰤はしっかり塩して冷凍します。暮れには値段が3倍ほどになりますけん・・


大根も冷凍、一人身の雑煮ではこれくらいで充分です。
牛蒡は昨日のうちに冷凍しました。
里芋だけは冷凍でけません。芋好かんおいしゃんでも雑煮はきまりもんですけんね。
後はカツオ菜が出たら安いうちに買うて湯がいてこれも冷凍します。


はいこちらは天麩羅用の海老の殻、勿体なかけん出汁とってます。
鰹節と合わせて明日のお昼の天丼のお伴のニュウ麺のすめにします。


天つゆもしっかり作りました。
天丼用は別に味醂、砂糖で濃いく別に作っとります。


今夜の具材はこれ・・


はい出来上がり。


ミヤオが離れません、食べようて思いよったら

「生れました(^^)v」

早速写真が送ってきたけんちょこっとデコレしてみました。


建太、朋ちゃんおめでとう!
今の赤ちゃんはしっかりした顔してますね。
毛もふさふさ、目もぱっちりでもう見えよっちゃないか?て言うくらい。

生れたての子は絶対なんか見えようて思います。
て言うとが初めて生まれたK介が部屋の天井の一画ば見て
笑いよったですもん、たぶん御先祖さんかなんか見えよったに違わんです。
親とおんなじもん食べる頃にはその能力の無うなるって
誰かから聞いたです。まだまだ純真無垢の赤ちゃんです・・

あんまり生れんかったら帝王切開て聞いとったけん
無事、普通分娩での出産やったげなで良かったですね。

ミポリンもいきんだ甲斐のあってやっと婆ちゃんの誕生です。
孫のでけてミポリンもおいしゃんやらパンダさんの仲間入りです。

苦節○十年、新居も建ててWでのお愛でた、建太夫婦と同居やけん
しっかり孫の世話が身に付きまっしょうや・・・・
今からしっかり頑張りながら孫の成長楽しまなこてね。

12月7日て言うたら「クリスマスツリーの日」げなです。
1886(明治19)年のこの日、横浜で外国人船員のために日本初のクリスマスツリーが飾られたてです。

ちなみに「真珠湾攻撃(リメンバーパールハーバー)の日」
東京タワーが公開された日。

12月7日生まれの有名人は

与謝野晶子、 森下洋子(バレリーナ)、いしだ壱成等々・・・・
7種のドレッシング要求するような子に育てたらいかんばい。
質素につつましやかな女の子にね・・

ちなみにおいしゃんの生れた日は・・・
日清戦争勃発、 第二次世界大戦勃発、あんまり良か日やありまっせんな・・

おいしゃんのとこの姫て言うたらもうあっと言う間に2歳になりました。


よそのことゴーヤは育つとの早かて言います。

よその子やなかとばってん外孫やけん中々逢うことのありまっせん。
秋口に逢うたきりやけんまたおしゃまさんに育っとうかもですね・・

とりあえず今夜は

建太、朋ちゃん、ミポリン

お愛でたきかなの巻であります・・チャンチャン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログランキング

2017-12-07 00:49:17 | 日々の出来事
おいしゃん、水曜日の日記です。

昨夜エアコン付けっぱなしで寝てしもうたけん
今朝は喉が痛かです。

昨夜は飲んで帰ってもしっかり今日の食事の準備して寝ました。
昨日のアガペー豚汁があんまり美味しかったけん、たしか冷凍庫にあったはず・・
見つけ出して解凍、朝用に雑炊の冷凍も出して解凍しました。

一夜明け、今朝見て見たら雑炊て思うとったとは
解凍してみたら鶏そぼろ餡かけやった
そいけん、朝飯は抜きです。

やっぱお腹にエネルギーの入っとらんげんたぃ寒かですね。

お昼はしっかり食べました。


前日の豚汁、ミポリンが「生姜のしぼり汁入れとったとわからんかったろ?」
一日置いて温め直して食べたけんわからんかったけん
今日はモヤシ足して、生姜もすって入れてみました。
な~るほど香りも良かし、ポカポカ温まります。


昨日とほとんど一緒、サバ味醂が無いだけです。ばってんが充分贅沢なお昼ご飯です。
カンボコは夫婦恵比須で頂いた奴です。

お江戸の小説読みよったら、江戸時代の庶民はこげな食事でも
ごっつおうですもんね。
大体朝は味噌汁、ご飯、煮魚か焼き魚、それに青菜の漬物
お昼はうろんか蕎麦、お江戸は江戸前て言うて海が近かけん
食卓にも魚が上がるとが在所(田舎)に比べて多い方ですね。

それに比べ田舎では雉やら猪やらの肉ば食べよったて思います。
今は田楽て言うたら蒟蒻に味噌乗せて焼いたもんばイメージしますばってんが
最初は豆腐田楽やったごたります。

田舎では前にも書いたばってんが年貢米ば納めないかんけん
ろくに白米食べられんばってんがおかずはお江戸より充実しとったかも?
白米食べるお江戸の病気は「脚気」ですね。

猪(豚)、蒟蒻、豆腐、牛蒡、大根やら全部合わせての味噌味が
現在の豚汁です。
江戸時代の人に食わせてやりたかですね。

お江戸の時代にタイムスリップして今のおいしゃんたちの食いもんば
お江戸の町で売りだしたら蔵に千両箱の溜まりまっしょうや・・・

チャンポンやらラーメン、餃子やら作って売った日にゃ
読売(かわら版)に書きたてられてそれはそれは繁盛しましょうね・・

そげなすらごと考えながらお三時はお茶とおかきで・・・


組合事務所、この時期暇です。午前中予てから可笑しかったPCのネットワーク、
やっと構築し直して午後からはひまです。
事務員さんもおやすみやけん
読書タイムです・・

またまた時代小説に入り込みます。

このお話はこれだけですばってんが・・・・・
ブログの更新しよって気の付きました・・・

「全国面白ブログランキング」気がついたら3位まで上がっとるやんかいさ


大体が5~7位ばそうつきよったとばってん・・・
3位になった原因は何かいな?わかりません。
どうでも良かことですばってんが・・ちょと書いてみました。

ばてんが1位の「老人と喫茶店」は流石に的を得て面白かです。
おいしゃんいっつも感心します。

おいしゃんのごと長々と書かんで笑わせる関西人・・・・・

さすがですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また飲んだ

2017-12-06 10:03:34 | 日々の出来事
昨日は寒かった・・福岡も初雪の便り
山間部はだいぶ積もったようです。

お昼はしっかりこれで温まります。


アガペーランチ、豚汁美味しかったです。ミポリンありがとう。


しっかり完食、ごはんお代わりしました。

夜は町総代があたらしく中州にお店ば開店したけん
パンダさんに誘われて顔出すごとしました。

けん坊で待ち合わせの予定が、この寒さで心折れたミポリンから
「ごめん今日休んだ~」

「なら出ておいで一緒に行こう」てなりました。
本日も「3パカ+ワン」です。

ミポリンが出てくるまで川端の竹乃屋で待ちます・・・・・
席が空くまでカウンターで立ち飲みです。


カウンターで飲んだらお酒が席より安いです。
「席が空くまでどんどん飲もう・・・」
貧乏根性丸出しです。


はい、揃いました。


アナゴの一本付け


牡蠣の変わり衣フライ、ちょっと揚げ過ぎて固かった。

話し弾んで気が付けば10:00です。

「そろそろ行こうか?」で




この姿見るとは初めてです。そうたい蕎麦屋やったたいね。
背後霊は奥さんの良子さん。おいしゃんのPC生徒さんでした。

美味しいお酒とそばが楽しめるお店です。
以前のお店より店内も厨房も広うてメニューも充実しました。


まずは日本酒いただきます。




鴨なんせいろ






パンダさんは親子丼食べてます。


お店の外までお見送り受けました。



当然ミスド





昨夜もしっかり飲んで食べて楽しみました。


これは仁伊島でお土産に頂いた金粉
お正月はこれ入れてちょっと豪華にお酒が飲めますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一週間が始まりました・・

2017-12-05 00:20:00 | 日々の出来事
おいしゃん、月曜日の日記です。

今日も寒い朝でしたばってんちゃんと起きて出勤しました。
お昼は昨日の昼のうちに仕込んどった「鶏照り焼き丼」


ひねり胡麻が美味しそうやろ?
あんまり美味しかけんご飯継ぎたしました。
この類はタレだけでもご飯のいけますもんね。太ネギとシメジ入りです。

こればLINEで見た周ちゃんから


昨日の今日やけん労働者は汁もんまで作る時間のなかとです。

したら、ふらっとミポリンが久しぶりに事務所に顔出してくれました。
このLINEの会話見て汁もんがないけんて豚汁ば持って来てくれました。
しっかとミポリンのアガペー(無償の愛)ば受け止めます。
独身年寄りの「相身互い」とも言います・・

ミポリン
「体こわっとら~ん?」

昨日、卓球(ピンポンて言うた方が当てはまります)とボウリングしたけんです。

おいしゃん
「こわっとらんよ~」

ミポリン
「年寄りは一日間置いてこわるとよ・・ヒヒヒっ」
年寄り扱いして笑い方がいやらしかです・・

自分も一緒やろうもん・・て

昨日はミポリンからこれも皆におすそ分け頂いとります。




クロワッサンです。
今日、おやつに頂きました。美味しかったです。ありがとう。

おいしゃん
「昨日小槌だけ渡して大黒さんのお札渡し忘れとったろ?」

ミポリン
「そうね無かった」

おいしゃん
「今日、夜の仕事帰りに持って行こうお店開けるやろ?」

ミポリン
「今日はお休みにした・・」

雨降って無かとぃ・・ばってん風の強かですもんね。
屋台に風は天敵ですけん。

最近はけん坊すっかり月曜日は定休日の体をなしとりますもんね。
ばってん今日仕事帰りに通ったら「ケンゾー」も「おけい」もお休みやった。

わざわざアガペーで豚汁持って来てくれたわけやぁ有りまっせん。

「建太の年末調整の書類袋ごと全部持ってきた。」
こっちが本命です。

いつものことやぁ有るばってん丸投げです・・・
これはこれでアガペーでちゃんとします。
全部そろえて
「はいこんだけ振り込んどきいね」て振込用紙ば渡します。

そのあと業務スーパーに買いもんに行ったようです。

今度は夜、お仕事中にLINE見よったらパンダさんが

「夫婦恵比須のかんぼこ持って帰ると忘れた・・」の書き込み。
やっぱ覚えとらんです。


こげんあります・・・・

ハンバーグ食べたとは覚えとうかいな?

おいしゃんも最近は人のこと言えんばってん。

そげなこげなで又一週間がはじまりました・・・・



明日はぐっと冷え込むようです。

そげんしよったらすぐ暮れがやってくるとでしょうね・・
明日のお昼は「愛の豚汁定食」です。
帰りに「サバ味醂」買うてきました・・・・
周ちゃんからの奈良漬けと合わせてアガペーお昼ご飯になりそうです。
相身互いです・・・・

今日はこの辺でチャンチャン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走の濃い日曜日

2017-12-04 10:36:03 | 日々の出来事
日曜日のおいしゃん面白日記です。

朝はゆっくり朝湯してまずは腹ごしらえ。
前日の水炊きのスープで汁ビーフンで朝ごはん。



部屋の模様替えして洗濯物のアイロンかけ終えて
そろそろ出かける用意しょうかて思いよったら
外からヘリコプターの音の聞こえてきました。

あっ今日、国際マラソンやった何時かいな?

時刻は1:00過ぎ、慌ててテレビつけたら20Km地点通過中
平尾ならもうすぐ来るバイて思うて慌てて外さぃ出たら
もう大博通りは交通規制のかかっとります。呉服町は24キロ地点です。

警備員さんが
「もう選手が来ますので、渡れませんよ~」
おいしゃん慣れとります、地下鉄潜って反対車線へ

そしたらもう先導車が来よります。
なかなかこんけん東長寺あたりまで歩んで行きました。



これがほんとの給水所。ビールは出ません。




先頭集団はあっという間に通り過ぎますばってんが
最後の選手が通り過ぎるまで約30分くらいかかります。
最後は「ご声援ありがとうございました」の広報車が通過。
給水所の係員の「撤収~」の号令で車道のテーブルが一気に片づけられます。

そのまんま待ち合わせのお櫛田さんへ・・・・
今年最後の運試し、夫婦恵比須です。


神妙にお祓い受けてます。


ハイお神酒、おいしゃん嬉しそうですね。
つ「いっぱい注いでください」て言うてしまいました。

恵比須では今年一年ば象徴するごと当たりはかすりもせんで
今年もスカ酒とかまぼこでした。このかまぼこ美味しゅうておいしゃん好きです。


記念撮影どうぞ・・て書いちゃったけん二人でパチリの図です。

同時に行われよる寶照院の大黒天福迎祭にも寄りました。


左はミポリンが当たった小槌、右おいしゃんの熊手です。
今年もぜんざい頂いてきました。

そのあとは今日のメインイベントパンダさんの誕生祝。
エガちゃんと夫婦恵比須で偶然会うたローズママも合流です。


はい、まだ素面、誕生日やけん両手に花です。


パンダさんにだけハンバーグステーキ。
いつも「食べとらん」て覚えてなかけんちゃんと証拠写真


だんだん盛り上がってきました。


はい!絶好調状態です。

ろうそくの火が消えたけんおいしゃんが顔近づけて
火ば付けよったらいきなりパンダさんなおいしゃんの顔の前で
クラッカーばバン・・・こげんあります






はいこちらはおいしゃんとローズママ。
そのむこうは麦ちゃんの散歩の途中に寄ったゆりちゃんです。

盛り上がったパンダさんがどうしても卓球しに行くてきかんけん
歩んでスターレーンまで・・・


はい、はるか昔卓球部のミポリン


はるか昔、7か月卓球部やったおいしゃん






ちょこっと動いたらゼ~ゼ~いいよりますもんね。





pingpon


お酒飲んどうけんみんなメロメロです。
次回、素面で選手権大会するごとしました。

したらパンダさんがどうしてもボウリングするて言うけん
2ゲームだけ・・・・・


相変わらずのおいしゃん溝掃除のスタートです。











不良おいしゃんおばしゃんたちの夜は更けていきました。

またまた楽しか一日でした。

新居が近いミポリンとスターレーンでお別れして徒でかえってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走です

2017-12-02 16:41:06 | 日々の出来事
昨日、土曜日の朝はあんまり寒かけん温かい汁もんが食べとうして
事務所でこれ食べました。


なんも食べやったげんたぃ寒さが身にしみますけんね。

食べよう途中、予定通りJアラートがピンポンピンポン







これ地震速報より音が優しゅうてホントの時
気のつくかいな?て思いました。ばってんホントに飛んで来ても
どげんしようも無かですね。

お昼は前日から仕込んだ具沢山の中華丼


しっかり温まりました。

夜は本当に最後の記念誌準備委員会、本当に最後になりました。
来週入稿してあとは印刷が上がるとば待つばかりです。

足掛け7カ月、メンバーの皆様本当にありがとうございました。
注文しとった博多カレンダーも貰うてきました。



完成祝に夜の町へ出かけました。




Cheersです。
たまにはちゃんと食べなこてで




屋台時代から好きやった海鮮グラタン

当然カラオケ







当然モス





夜の帳の中、周ちゃんに送って頂き帰宅です。

今朝は天気も良うて朝から徘徊、博多駅まで徒で郵便局まで。
博多駅はもうクリスマス一色です。
駅前広場ではコンサートが有りよりました。
ばってんがどうもまだ師走て言う感じのしません。

何か食べて帰ろうか?て思いつつも家の近くまで帰ってきたけん
サニーに寄ってお買いもの
そしたら美鈴女史にばったり・・・・
明日のどんぽ倶楽部の買いものでしょう。

明日も予定のあるけん貴重なお休みは
洗濯と弁当作りです。



その前に腹ごしらえ・・今日はかしわ(鶏)うろんです。


温まりました。


はい3合で4食分出来上がり。

炒飯弁当、高菜飯弁当、鶏そぼろご飯、白ご飯の4食です。
師走は土日も仕事がある日のあるけん作りだめ大事です。

弁当作りに没頭しとって気のつかんかったばってん
スマホ見たら一杯LINEコメントが溜まっとりました。
おいしゃんが既読にならんけん、とうとう周ちゃんが電話してきました。
生存確認です。

今日は大人しゅう休肝日しながら読書です。
またまたパンダさんから本が廻ってきました。


まだ前の分読み終えとらんけん、まだまだ楽しみの続きます。

10月から27冊のハイペース。
今年はほんなごと読書の秋やったです。

明日は博多の年末の風物詩、年内最後の運だめし、夫婦恵比須に行ってきます。
良か年の締めくくりのできれば良かとですが・・・
嫌、今年も元気で運だめしでけるて感謝セナいかんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加