千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

きままなオイしゃんの独り言に
つきおうてつかぁさい。

日曜日の朝・・徘徊

2017-11-19 17:17:15 | 日々の出来事
昨夜(すでに今日)は仕事から帰って寝ついたとは2:00頃
風が窓の隙間から吹き込む音が酷うて度々目が覚めました。
全国的に大荒れの天気のようです。

目が覚めたら4:30です。寒かけん朝風呂張ってゆっくり温もりました。
思い立って久々のウオーキングに出かけました。
お休みやけん帰ったらまたゆっくりできますけんね。


朝の大博通り、人っ子一人おりません。
夏の追山の時はもう空が白む頃ですがまだ暗いです。


町屋ふるさと館はすでに開店準備が始まってました。


はい最初はやっぱりお櫛田さん。ちゃんとお詣りしてきました。


古門戸町一区奉納の天狗面の柄が見えますね。


足止め稲荷?て言うところですね。


上川端通りはせいもん払いがあってますが
流石にこの時間は人っ子一人おりません。
夏場はまだ中洲からの酔い客がちらほらおりますがこの寒さです。


鉄砲屋さんです。


そげな中、ここは24時間営業の居酒屋さんです。


こちらはパンダさんが毎日通う銭湯があるゲイツビル


中洲5丁目の一番浜側、けん坊はすでに店じまいして奇麗に掃除されてます。
福岡市の条例で屋台は2:00で営業終了。4:00までに完全撤去せないけませんけん。
昨日も強風の中頑張ったみたいですよ。

そらが白んできました・・・



須崎の博多川沿い、ちょっと前はここが須崎の屋台銀座やったとこです。
けん坊のお母さんの屋台「風来坊」もここにありました。
あの頃は汚かどぶ川やったですが今は奇麗に整備されて川も魚が戻ってきました。
博多座の船乗り込みがある川の下流になります。


おいしゃんが通うた幼稚園があった(今は有りません)博多ルーテル教会。


空も白んできました。ここは追山で最後の左折地点
須崎の山田たばこ店角です。

追山廻り止までの最後の一直線です。


古ノ一パンダ邸の裏に出来た「ローソン」
防犯的には夜の町が明るくなって買い物も便利です。


古ノ一と古ノ二の界、「麻生押し回し」の角、麻生宅


古ノ一メインストリート、昭和通までが古ノ一です。


博多タワーが見える右側は九州場所開催中の「福岡国際センター」その向こうは博多湾です。


ここで朝ご飯、並みのつゆだくとみそ汁です。
ここは港が近いけんいつも朝からお客さんが多い吉野家です。


大博通りでは若い相撲が風呂敷包み一つぶら下げて本場所に向かいよりました。
単衣に下駄は昔ながらばってんが素足じゃなく足袋はいとりました。
寒かけんですね。ばってん昔は素足に下駄やったとですよ。

相撲見よったら昔のこと思い出しました。
うちの商売の羽振りの良かったころタニマチばしよりましたもん。
その頃おいしゃんちに度々顔見せに来てくれよったこの力士


明武谷、最高位大関で得意技は吊りだし。日本人離れしてすらりと長身の
そっぷ型の力士として人気のありました。この写真はまだ若っかころですね。
ちょっと千代の富士にも似とりますがこっちの方が色男。

この人ちょっと変わった力士でおいしゃんちに来る時
三つ揃いのスーツで頭にはボーラーハット被って髷は見えず
相撲取りには見えんかったとです。

懐かしか思い出です。

この辺りでおいしゃんも朝風呂のぬくもりがすっかり冷めて
体の芯から冷えてきましたもん。

急いで戻って再び布団にもぐりこんで暖ばとりよったら
そのまんまま寝入って起きたら夕方ですもん。
3時間くらいしか寝とらんやったし今日は休養日て決めとったともあります。
ばってん腰の痛みがまだ引きません。

今夜は早めにおじやと焼き魚の夕食。



ゆっくり「直虎」見て捕り物控え読みながら早めに寝て
来週にむけて休養しようて思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の続きと週末のこと・・ | トップ | 極寒の週明け »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フジワラ)
2017-11-21 23:08:20
明武谷てイケメンですねー。

ところで、パンダさんが通ってらっしゃるのはスポーツクラブだと誤解してました。ぷぷ。
Unknown (ちどりあし)
2017-11-22 13:45:04
GYMの湯って銭湯みたいですよ・・ぷぷ

コメントを投稿

日々の出来事」カテゴリの最新記事