木漏れ日日記

日々のささやかなできごと、、こんなことがありました。

夢の到着地

2017-03-30 07:08:20 | 日記
商人の娘で、幼いころから家の手伝いをしながら働く両親の姿を見たり、周りの大人の人たちの会話を聞いて育ったわたしは、
(どうやら人は苦労というものをすると、立派な大人になれるらしい。わたしも苦労というものをしてみたい。)
という「苦労」への憧れを漠然と抱き、どうしたら「苦労」ができるのかな?ということをよく考えている子どもでした。

そして大人になった。
その当時はそれなりに悩んだり苦労したつもりのことも、今、振り返るとごくごく普通の当たり前の日常生活で、待ちかまえたような苦労でもなかったような、、。
なので立派な大人にはなれていませんが、代わりに自分の心の平安だけは感じられる大人になった。
「将来の夢』を書いた時にはその幸せの存在さへ気づかなかった'心の平安’。

いろいろ通り過ぎて今がある。
それはありがたいことだなぁと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13歳の卒業文集 | トップ | 日々の佇まい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む