木漏れ日日記

日々のささやかなできごと、、こんなことがありました。

置いてきぼりの水玉

2017-06-19 07:04:19 | 日記
「子どもたちがそれぞれがんばっているのを見て、自分は何をしているんだろうと落ち込んでしまった。」
ということですね。

子どもさんだけでなく、
周りのイキイキと活動しているひとを見て、
まぶしく感じる。
自分はこのままでいいのか、
こんな生き方で良かったのかなと思うこともあるでしょう。

人って贅沢なものですね。

四季折々の中、移り行く時間の中で、
誰しもが同じように何かができるわけではなく、

熱い思いはないけれど、太陽のような心でいようと思う。
心が晴れない日も、笑顔で過ごそうと思う。
ちょっぴり情けない自分も許して、不平不満を言わない。
とか、、

今できる何かを実行してみるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 約束の橋 | トップ | 明るい気持ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む