goo

#2194 サーバルちゃんとかばんちゃん

このふたりを描かねば始まらぬ「けものフレンズ」水彩らくがきです…
何か絵が変じゃが、まあいつものことだし、初めて描いたのでこんなものであろ。


何はともあれ、『けものフレンズ』は面白いです。
登場キャラクターが多いのに、みんな個性的でキャラが立っているのがすごいです。
第1話でセリフが無くしかも体の一部しか映らないシマウマさんですらも強烈な印象を残してしまいます。
お話の進み方に全く無駄がなく、ぽんぽんテンポ良く進むのが良いですね。演出効果も控えめでシンプルなのも好きです

幕間の解説も良いですね。解説の音声とあの画像が合わさることでシュールな面白さを感じてしまいます。
あの動きは繰り返し見ても飽きません。それも、あの解説の音声があればこそで、両方そろっての効果ですね。

キャラの声もぴったりで、声優さんの演技がキャラを際立たせているのがすごいです。
2期も声優さんが同じだと良いな。

隅から隅までみんな好きで面白くて文句の付けようがないアニメです。
ただ唯一の問題は、11話と12話は何度見ても泣いてしまうということです。
ああ、それともう一つ、頭の中でオープニング曲が流れっぱなしになっているのがちょっと困るかな。

そして今はなぜか「ぱっぱぽぱぱっぱっぱぺーぽぱぺぴぽぴっ!」がエンドレスで流れているのじゃ…
これが例の「歌っていることにまるで意味がない…!! なのに印象に残るフレーズが多いのがたちが悪い…!!」(『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』(服部昇大/宝島社))というやつかの…

最後はお話が新たな展開に入るところで終わりますが、2期で続きが見られるのかな。
監督が降ろされたとか製作会社も外されたとか聞いたのがとても残念です。



いちばん好きなキャラを挙げるのは至難です。
かばんちゃんとサーバルちゃんかな。二人は不可分な感じ。ボスも外せない特別枠です。

ほかのフレンズだと、アルパカさんが好きかなぁ。癒やされキャラですねぇ~。ツバ吐くけど。ぺっ。
トキさんも良いですね。ボスとサーバルちゃんが超音波攻撃でやられてるのに、かばんちゃんだけ喜んでいたのは謎ですが、お茶飲んでのどの調子が良くなったあとの歌はみんな喜んでたので良かったです。

フルルは昔の自分を見ているような気がします。
そして今のわたしはツチノコかな…

ハシビロコウさんも良いね。わたしも目が悪くて凝視する癖があるから、まあね…

やっぱり、どのキャラも好きで、一番を決めるのは無理でした…

セルリアンは、最初の方は色もその名の通り「セルリアン(空色)」だったのに、だんだんヤバい色になっていくのが怖いです。
見ただけでわかるヤバさなのです。われわれは賢いので。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« #2193 ハカセ #2195 フルル~! »
 
コメント
 
 
 
Unknown (銀中)
2017-10-10 10:15:14
画像の動きはネコ科が距離を測るときにやる動きだそうですね
最初の狩りごっこでサーバルは小回りが効かないとか動物の習性がちゃんと反映されていたのは驚きでした

シマウマはネットではナメクジ呼ばわりされており、制作サイドももっとちゃんと描いてあげればよかったとコメントしたそうです

>ただ唯一の問題は、11話と12話は何度見ても泣いてしまうということです。
ベタといえばベタですが本当にいいですよね
気持ちはよくわかります
ただ当時は11話終了後は阿鼻叫喚でした
深夜アニメはほのぼのだったのに急に欝展開や、ずっと頑張ってきたのに最後はバッドエンドというのが割とあったりします
そのため「けもフレもそうなるんじゃないか」とかなりざわついていました
そんな騒動の中、名言である「たつき(監督)を信じろ」が生まれたわけですね

>最後はお話が新たな展開に入るところで終わりますが、2期で続きが見られるのかな。
最終話で右下に「おわり」とでますがサーバルの船が通ったあとにうっすらと「つづく」と出てますので期待しましょう

>監督が降ろされたとか製作会社も外されたとか聞いたのがとても残念です。
大炎上だったのでKADOKAWA側から話し合いをするとなったそうです

ちなみにアニメのけもフレを作った会社は少数精鋭で十数人ほどだとか
しかも監督はシナリオやCGなど全体の6割は監督が作ったとされております
その監督を外すとなったのでここまでの騒ぎになったのですね

私も同じ監督のけものフレンズの続きがみたいです


以前も書きましたが私が一番好きなのはジャガーさんです
頼まれたから川を運んであげるではなく、困っているフレンズがいたから自分から探して運んであげているという優しさがいいですね

>トキさんも良いですね。ボスとサーバルちゃんが超音波攻撃でやられてるのに、かばんちゃんだけ喜んでいたのは謎ですが、
おそらくですがサーバルキャットは非常に耳がいいのでダメージが大きいのでしょう
ボスもまあヒトよりは耳がいいと思うので

ハシビロコウさんはデザインの勝利というくらい素晴らしいデザインですね
それと6話最後の「あなた…ヒト?」はとんでもない衝撃でした
あれを見たら7話我慢できませんよね

長々と失礼しました
 
 
 
銀中さんへ (このは紅葉)
2017-10-10 21:48:51
>動物の習性がちゃんと反映されていたのは驚きでした
そう、そこがすごいですよね!
トキの声がアレとか、マーゲイが声真似するとか、キャラの性格や物語に織り込まれていて、解説も交えてあったりで、面白いです。
いや、マーゲイ自体知らなかったんですけど、そういう知らない動物もたくさん出てきていろいろ知ったのがとても楽しいです。

>シマウマはネットではナメクジ呼ばわり
おぉぅ…言われてみれば、たしかにナメクジっぽい?
いや、もうナメクジにしか見えぬかもしれぬ…

>ただ当時は11話終了後は阿鼻叫喚でした
なるほど…テレビだと次の放送まで待つのがきつそう…
>名言である「たつき(監督)を信じろ」が生まれた
今知った名言じゃ。
泣いてしまいますが、この回があってこその物語なので、見るのじゃ。

>「つづく」と出てますので期待しましょう
何回も見ましたが分かりませんでした。
言われてもなかなか見えない…っていうか、字が薄すぎ! 完全に隠しモードですよね。
サーバルちゃんのバスが「おわり」を消すのも、気がついてなかったです…

>その監督を外すとなったのでここまでの騒ぎになったのですね
この騒ぎがなかったらわたしが「けものフレンズ」と出会うことがなかったので、複雑じゃが、うまく治まって続きが出来ると良いのう。

>一番好きなのはジャガーさんです
うむ、もちろんジャガーさんも好きじゃ。
いや~もうどのキャラも良すぎて困るのう(困らない?)
そのうちジャガーさんも描いてみるのじゃ。

>耳がいいのでダメージが大きいのでしょう
なるほど、そういうことですね。
ボスは完全にノックアウトされていたのがアレだったのか、山頂に運んでもらう途中でちょっと嫌味な解説をしたり?

>ハシビロコウさんはデザインの勝利というくらい素晴らしいデザインですね
同感です。見てすぐにわかるデザインですごい!
それに、見た目と癖で怖がられてるけど、じつはかわいく見られたい! ってところが、すごくわかる!
いえ、わたしはもともとハシビロコウさんはかわいいと思っていますが!

>「あなた…ヒト?」はとんでもない衝撃でした
そうそう、さらっと重要なことが出てきますよね。図書館で解明されるのかと油断させておいて。
ツチノコの「あいつ絶滅していなかったのか」もびっくりしました。
物語の進め方が良いですよね。常にワクワク感があって。
繰り返し見ても飽きないどころか新しい発見があって、たーのしー♪

>長々と失礼しました
いえ、いろいろとお話しできて嬉しいです。ありがとうございます。(かばんちゃんの声で)
文章を書いているだけで、いろんなキャラの声が脳内で再生されてやばい…
 
 
 
Unknown (銀中)
2017-10-11 20:14:53
>そういう知らない動物もたくさん出てきていろいろ知ったのがとても楽しいです。
私は動物の雑学が色々増えました
ハシビロコウは飼育での繁殖は世界で3例ほどしかないそうです

>ボスは完全にノックアウトされていたのがアレだったのか、山頂に運んでもらう途中でちょっと嫌味な解説をしたり?
ボスは雪山でかまくらを作ろうとか最終話とか感情表現があっていいですよね

>ツチノコの「あいつ絶滅していなかったのか」もびっくりしました。
私はツチノコはUMAなので特別に知ってたんだろうと思ってたらのハシビロコウさんの一言で驚きました

そういえば一度も話題に上がってないであろう、アライさんとフェネックはこのは紅葉さん的にはどうなんでしょうか?
私はトラブルメーカーなんだなあと思ってたらちゃんとゴメンなさいが出来て好きになりました
 
 
 
銀中さんへ (このは紅葉)
2017-10-11 22:23:37
>私は動物の雑学が色々増えました
わたしもたぶんこれから増える予定…(笑)
もともと動物は好きでいろいろ絵を描いてきましたが、まだまだでした。
ようやく、わたしもジャパリパークで目覚めたので、これからいろんな動物に出会うことでしょう。

>ハシビロコウは飼育での繁殖は世界で3例ほどしかないそうです
し、知らなかったのじゃ…
さっそくひとつ知識が増えたのじゃ。

>ボスは雪山でかまくらを作ろうとか最終話とか感情表現があっていいですよね
最初はただのガイドロボットかと思っていたら、けっこう人間的。「あわわわ…」と慌てるところが好き。
あのボスは、ほかの一般的なボスとは違う、ミライさんと一緒にいた特別な個体――「フレンズ」なのだと思います(機械なのだとしても)。
最終話、かばんちゃんが一人でサーバルちゃんを助けに戻る決意をしたとき、目と目で通じ合ったり。
港での「サーバル、3人での旅楽しかったよ」の言葉は作戦上邪魔にしかならないけれど、言わすにはいられなかった感情の発露。
AIを超えた心がまちがいなくあるはず。
(思い出しただけで泣きそうに…


>私はツチノコはUMAなので特別に知ってたんだろうと
なるほど…「UMAだから」、あの時点ではそういう解釈もあり得ますね。それでハシビロコウさんのシーンで衝撃倍増なのですね。

>そういえば一度も話題に上がってないであろう、アライさんとフェネックは
もちろん、好きですよ!
…というか、みんな好き過ぎて困ります。
アライさんはあわてんぼうのせっかちで、早とちりしただけで悪気があったわけではないですからね。
フェネックは無駄だとわかっていても最後までつきあう友達思いの優しい子。
追いかける展開の都合上、主人公一行との絡みが最後になってしまって、ほとんどネタ的キャラになってますが、たぶん2期では主要キャラになると思います。(たつき監督なら、きっと!)
最終話の船出でサーバルちゃんのボートに乗っていて、かばんちゃんたちと一緒に冒険するはず。
アライさんは、あれほどかばんちゃんに心酔していたのですから、絶対についていきます!
そして、フェネックももちろん一緒!(断言

電池切れで船が動かなくなったところをイルカさんのフレンズに助けてもらって、なんとか島に到着。
未知の土地でもアライさんは相変わらずトラブルメーカで、ボスはデータ不足で不正確なアドバイスと「あわわわわ…」
「不屈の明るさパワー担当」サーバルちゃん、「包容力とまあまあで調整役」フェネック、「人の叡智」かばんちゃん、みんなで力を合わせてどんな困難も克服!
新しいフレンズと出会いながら楽しい冒険が続くよ!(妄想

2期では、遺跡(放置されて寂れた施設や破壊された兵器)がいろいろ見つかって少しずつ謎が解明されていくけれど、人とは出会えなくて、人類が絶滅したかどうかはまだわからないんだ。(ボスの声で)
それが判明するのは3期だよ。(妄想暴走中

 
 
 
Unknown (銀中)
2017-10-12 20:49:08
>ようやく、わたしもジャパリパークで目覚めたので、これからいろんな動物に出会うことでしょう。
けものフレンズとのコラボしている動物園もあって動員数が増えているらしいですね
あとグレープくんなど話題になりましたね(詳細は検索すればすぐにわかると思います)

>アライさんは、あれほどかばんちゃんに心酔していたのですから、絶対についていきます!
最終話のサーバルの乗っていた船とばすてきのバスのようなものの動力は一緒っぽいですからね
それに鳥のフレンズだったら一緒に来てなくても途中でゲストとして出るとかはありえますよね
 
 
 
銀中さんへ (このは紅葉)
2017-10-12 23:48:32
>けものフレンズとのコラボしている動物園もあって動員数が増えているらしいですね
動物園が見直されるなんて、とてもすばらしい効果ですね。
アニメが持つ可能性はまだまだありそうです。

>あとグレープくんなど話題になりましたね
以前ニュースで見たことはあったのですが、何のアニメかまでは興味がなくてすっかり忘れていました。
まさか今頃になって、はまっているとはのう…
グレープくんは体調が悪いらしいので心配じゃ。

>最終話のサーバルの乗っていた船とばすてきのバスのようなものの動力は一緒っぽいですからね
中でアライさんとフェネックさんが、一生懸命こいでますね。
サーバルちゃん以外の同行者が分からないところが、なかなかにくい演出です。

>それに鳥のフレンズだったら一緒に来てなくても途中でゲストとして出るとかはありえますよね
あとで漫画のネタにしようと思っていたことを察知するとは銀中どのもやるのじゃ!
 
 
 
Unknown (銀中)
2017-10-13 18:28:35
>グレープくんは体調が悪いらしいので心配じゃ。
体調不良なのをこの書き込みで知りました
そしてそしてニュースサイトで亡くなったのを知りました
ご冥福をお祈り申し上げます
 
 
 
Unknown (銀中)
2017-10-13 18:29:45
「そして」が1つ多いですね
失礼しました
 
 
 
銀中さんへ (このは紅葉)
2017-10-14 19:19:18
グレープくんがエサも食べられなくなるほど衰弱していたところへ、フルルが来てから元気になったと聞いたのじゃ。
最後までフルルに見守られ、安らかに眠ったのじゃ…(涙)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。