goo

#2041 かゆい痛い

夜はすっかり涼しく(寒く)なって、もう蚊も出ないだろうと電気蚊取り器を点けないで寝たら蚊に喰われました…
しかも喰われた場所が、足の指先やら節やら足の裏という変なところばかり…接地面だったりで常に刺激を受ける場所なので腫れて痛くなってしまいました。
なぜこんな所ばかりと思ったら、お布団から足が出ていたからですね。
顔も手も出ていたと思うのですけれど、こちらはなぜか無傷。

同じ足なら皮の厚い足裏よりも甲のほうを吸ったらどうかとも思いましたが、べつに吸われたいわけではないので誤解のないようにお願いします。

今夜は電気蚊取り器をつけて寝ます…
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« #2040 消しゴム #2042 雨の日も… »
 
コメント
 
 
 
Unknown (もももしもし)
2016-09-18 12:50:17
少し前に、蚊にさされやすいか否かは
足の常在菌(体内外に普通にある菌。無害)が
関係しているという記事が出ていました
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160831/
部位的にそれが関係ありそうです

ちなみに昨晩はうちの方にも蚊が出ました
一時寒くなってたのにいるもんなんですねえ
 
 
 
もももしもしさんへ (このは紅葉)
2016-09-18 21:44:19
>という記事が出ていました
ほほう、どれどれ…
へ~、そんなこともあるのか…
…って、いや、待ってください、お風呂に入った後で足はきれいなはず! 決して不潔ではないですよ!
先日はたまたま足裏方面に集中して刺されただけで、いつも足ばかり狙われているわけではないですし。
しかも…
※蚊に非常に刺されにくくなります。(刺されないとは言っていない)
※人によって大きく違うと考えられます。(個人の感想です)

まあ、蚊取り器をつければ確実なので、アルコール殺菌とかはしませんよ?
でも、こんな話題もあるとは面白かったです。教えてくださってありがとうございます。

>一時寒くなってたのにいるもんなんですねえ
蚊の耐寒能力は意外と侮れないのかもしれません。油断大敵です。
 
 
 
Unknown (もももしもし)
2016-09-18 23:13:29
菌と言う名前で惑わされがちですが
常在菌は普段から表皮や体内にいる菌で
不潔にしていると増える雑菌の類とは
違うのですよー

むしろ常在菌は悪い菌と戦って
退治してくれるバリアのような役割を
果たしていたりします
腸にいる乳酸菌やビフィズス菌も常在菌

これを何でも抗菌、除菌とやりすぎると
いい菌まで退治してしまうことになり
身体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません
 
 
 
もももしもしさんへ (このは紅葉)
2016-09-19 06:42:04
なるほどそうでしたか…
顔も洗いすぎると菌がいなくなって肌が荒れるというので、石けんで洗うのは夜にして、朝は水だけにしてます。
同じ理屈なのでしょうね。
 
 
 
Unknown (でおくれ)
2016-09-24 00:10:39
試してガッテンではお父さんの使用済み靴下使った蚊取り装置とかやってましたね…。
足の裏に関してですが自分は経験上においが付きやすくとれにくい場所だと思ってます。
何度かラッキョウ収穫のアルバイトをした事があるのですが手のひらにラッキョウの匂いが染み込んで洗っても取れず、仕事をやめた後でもお風呂に入りふやけた手のひらを嗅ぐとほんのり刺激臭がするというのがひと月も続きました。
手のひらや足の裏の皮というのは他の場所に比べてかなり分厚い上に水を吸いこんでふやけたりちょっと変わってます。
匂いの物質とかも取り込んで蓄えちゃうんじゃないでしょうか?
一生懸命綺麗にしても虫の鋭い嗅覚には余裕でキャッチできるくらい匂ってるのでは
でも蚊に好かれるから臭いとかばっちいと決まったわけじゃありません。
きっとおいしそうな匂いがしてるのでしょう
 
 
 
でおくれさんへ (このは紅葉)
2016-09-24 01:29:50
お父さんの使用済み靴下を使った蚊取り装置…って、ええ!? 何か嫌です…
ラッキョウの臭いが一ヶ月とれないとか、そういうこともあるのですね。びっくりです!
>きっとおいしそうな匂いがしてるのでしょう
なんというか、蚊に好かれてもあまり嬉しくないのですけれど、変な臭いでないなら、まあ良いのかな…
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。