木の葉に魅せられて

定年退職後、いろいろな焼き物に挑戦

木の葉天目釉薬について

2017-04-17 11:54:51 | 焼き物
木の葉天目の釉薬
 釉薬が少なくなっていろいろいじっているうちに木の葉がきれいに出なくなって新しく釉薬を作りました。福島長石 56.8 仮焼タルク 2.9 石灰石 11.9 朝鮮カオリン 4.4珪石 24 弁柄 8 
 基本的には上記の調合ですが、後は自分なりに変化をさせて良い釉を作ってください。
 天目マット釉薬は地元の溶岩(安山岩)道路用砕石ですを粉砕して出来た泥(融点(1180℃程度)なので適当に長石、珪石を添加、黒味が足りないので弁柄を添加、作った紅葉の赤は弁柄でなく別の酸化剤を使った方が良いように思われます。
 それから、話は別ですが、この砕石の粗い砕石と細かい砕石とを合わせて料理に使う陶板、焼石には良いような気がしますが、私は年なのでそこまでにはいきません。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリップウエアの試作 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。