両手は仲良し(2)

2017-05-17 21:33:47 | 童話
それと、お家でご飯を食べている時に
『右手でおはしを持って、左手でちゃわんを持って食べないとダメだよ。』
と、お父さんに注意されました。

ある日、家の中で、隣りの部屋にいるお父さんから、大きな段ボールの箱をお父さんの所に持ってきてほしいと頼まれました。からっぽの箱で軽いのですが大きいので、両手で持って歩いている時に左手が、
『右手君と一緒に持つのはイヤだ。』
と言って左手を放しました。そして、段ボール箱が落ちてしまったので、お父さんから
『ちゃんと両手で持たないとダメだよ。』
と注意されました。

学校の体操の時間に鉄棒をしました。
これは両手でやらないとできない事なので、僕は困りました。
『右手君が鉄棒をつかむのなら、僕は鉄棒をつかまないよ。』
と左手が言うと、右手が
『左手君が鉄棒をつかむのなら、僕は鉄棒をつかむのはイヤだよ。』
と言いました。
その時、
『両手で鉄棒をつかまないと鉄棒はできないよ。』
と、先生に注意されました。

次の日の体操の時間に跳び箱をしましたが、その時も、
『両手を跳び箱につけないと、うまく跳べないよ。』と
、また先生に注意されました。

体育の時間になわとびをしましたが、両手が協力しないので、なわをうまく回すことができませんでした。すると友達が
『ちゃんとなわとびできていたのに、へたくそになったね。』
と言いました。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両手は仲良し(1) | トップ | 両手は仲良し(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。