『コン太のホッ!とする場所』に代わり『カピバラさんからもらった小説』を掲載します。 コン太より

今日からタイトルと内容を変更しました。引き続き訪問をお願いします。

窓の気持ち(1)

2016-10-15 13:46:34 | 童話
僕は窓を開けて外を見るのが大好きです。
そして窓から外のみんなとお話しをします。

『窓さん、こんにちは。お外のみなさん、こんにちは。』
『やあ、また来てくれたね。ずっと待っていたんだよ。』
『窓さんは僕が来るとうれしい?』
『ああ、すごくうれしいよ。』
『どれくらいうれしいの?』
『いっぱいうれしいよ。』
『そう、僕と同じだね。』
『そうだね。』
『今日は天気がいいからお外が良く見えるね。』
『そうだね。』
『今日のように天気がいい時良いけれど、雨が降ると窓さんは濡れるからかわいそうだね。』
『ありがとう、君は優しいんだよね。だけれど、窓の私が雨や風が入って来ないようにしているから、みんなが濡れたり、寒かったり、暑かったりしないので、私はここに居て嬉しいんだよ。』
『ふぅ~ん、そうなんだ。』

『ねえ、窓さんは窓さん同士でお話しをするの?』
『ああ、窓はみんな仲良しだから、たくさんの家の窓さんとお話しをするよ。遠くに見えていてもお話しができるし、見えない窓さんとは耳でお話しをするんだよ。小さなささやくような音でも聞こえるんだよ。』
『ふぅ~ん、すごいんだね。』
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水の気持ち | トップ | 窓の気持ち(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。