切れたメビウスの輪(18)

2016-12-13 21:02:14 | 怪奇小説
「この駅で下りて、会社まで歩いて行きます。」
「会社までどれくらい歩くのですか?」
「私の行く会社は十分ほどです。」
「会社は、なぜもっと近くにないのですか?」
「わが社はあまり儲かっていないので、高い事務所家賃は払えないのですよ。」
「なぜ儲かっている会社と、儲かっていない会社があるのですか?」
「経営者の、運と少しの努力と、大きなハッタリの結果ですよ。」
「あなたは、ハッタリは得意ですか?」
「いいや、私はコツコツとやるタイプですから、ハッタリはすぐバレてしまいます。」
「それでは、あなたは経営者になれないですね。」
「自分でも分かっています。」
「努力をしないのですか。」
「ハッタリは嫌いだから努力しません。」
「仕事だから、ハッタリは嫌いとは言えないのではないですか?」
「いいのです。嫌いなことはやりません。」

そして、二人は会社のあるビルに着き、
「ここの十階が会社です。ところで、会社には社員以外は入れないですよ。」
「わたしは、あなた以外には見えませんから大丈夫です。」
「えっ、あなたのお兄さんを探している時に、お兄さんがワープした場所の文房具屋さんには見えていたのではないですか。」
「あの時は、見える必要があったので、見えるようにしていたのです。」
「へぇー、そういうことができるのですか。」
「ええ。」

「では、エレベーターに乗って十階へ行きましょう。」
「エレベーターは便利ですね。」
「五階以上の建物はエレベーター設置が義務付けられていますからね。」
「たくさんの人が乗ってくるのですね。」
「そうですね、たくさんの会社がはいっていますからね。時々、乗りすぎて、重量オーバーとなり、最後に乗ってきた人が降りないといけない時があるのですよ。」
「大変ですね。」
「どこのビルでも同じだと思いますよ。」
「そうですか。」
「さあ、十階に着きました。ここが会社です。」
「きれいな事務所ですね。だけれど、社員が少ないですね。」
「いや、まだ社員が来ていないのですよ。」
「何時ごろに来るのですか?」
「始まる五分前くらいに来ますよ。」
「ギリギリに来るのですね。」
「遅れなければいいのですよ。」

「さあ、朝礼が始まりますよ。」
「朝礼では何を話すのですか。」
「朝の挨拶と、会社の予定と自分たちの今日の行動予定を連絡しあって、情報共有を図るのです。」
「情報共有を図ってどうするのですか?」
「本人が居ない時に連絡があった場合に、応えられるようにするのです。」
「応えられるのですか?」
「全ては応えられないですね。」
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切れたメビウスの輪(17) | トップ | 切れたメビウスの輪(19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

怪奇小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。