僕達の小さくて大きな森(6)

2017-03-07 21:44:42 | 童話
ある日、僕がテーブルで宿題をしていると、お母さんが梅の木の大きな枝を挿した花瓶をテーブルに置いた。
『倒さないでね。』
『うん、大丈夫だよ、倒さないよ。』
宿題が終ったので片付けをしている時に、エンピツを持った右手が梅の枝に近付いた。その時、おじいちゃんの大切にしていた盆栽の時と同じように、エンピツがブルブルとなった。
『うわっ。』

僕は急いで友達の家へ行くと、友達も宿題が終っていた。
『大変だ、ブルブルとなったよ。』
『どこで?』
『今度は盆栽ではなく、お母さんが飾った花瓶の梅の枝だよ。』
『本当? 花瓶の梅の枝でもブルブルとなるんだ。』
『早くおいでよ。』
『うん、お母さんに君んちへ行くと言ってくるからね。』

僕達はエンピツを持って花瓶の梅の枝の前にいた。
『また二人でエンピツを近付けてみようよ。』
『うん、ソッとだよ。』
『ブルブルとならないね。』
『そうだね、今日はならないのかなぁ?』
『うわっ。』
『うわっ。』

僕達はブルブルを忘れかけていたのでビックリした。
『ブルブルとなったね。』
『うん、ブルブルとなったね。』
『盆栽の時のように中に入ってみようか?』
『今度も入れるのかなぁ?』
『そうだね、それに出られるのかなぁ?』
『行ってみようよ。』
『うん、あの動物達にまた会えるかも知れないしね。』
『たのしみだね。』
『行くよ。』
ブルブル、ブルブル。
『うわっ。』
『うわっ。』
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕達の小さくて大きな森(5) | トップ | 僕達の小さくて大きな森(7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。