おじいちゃんのメガネ(2)

2017-03-20 09:30:09 | 童話
今日はお兄ちゃんと一緒に歩いて行くのではなく、おじいちゃんのメガネの自転車でいくので、何も持っていかない。

やっと小川に着いた。
『やぁ、メダカやフナがいっぱいいる。メダカ君、フナ君、今日はお家に連れて行ってあげないよ、また今度ね。』
僕は小川でメダカ君とフナ君に会ったので、今日はもう帰ろう。
『メダカ君、フナ君、バイバイ。』

おじいちゃんが僕の所にきて
『新聞を読むからメガネを使うよ。』
『うん、いいよ。』

何日か後でおじいちゃんのメガネが壊れてしまった。メガネの鼻に当たる所が1個取れてしまったのだ。
『このメガネは古いから仕方が無いなぁ、新しいのを買ってこよう。』と言っておじいちゃんはメガネ屋さんへ行った。
おじいちゃんは帰ってきて『レンズを新しいフレームに付けたので、これをあげるよ。』と言って僕に古いメガネをくれた。

『わぁ、ありがとう、大切にするね。』
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじいちゃんのメガネ(1) | トップ | おじいちゃんのメガネ(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。