『コン太のホッ!とする場所』に代わり『カピバラさんからもらった小説』を掲載します。 コン太より

今日からタイトルと内容を変更しました。引き続き訪問をお願いします。

山の気持ち

2016-10-19 21:46:50 | 童話
僕は山が大好きです。
だから山の写真の本を見るのが楽しみです。
僕の家から山は見えないし、僕はまだ小さいので山へ行けません。
だから僕は山の写真の本を見ています。

『日本の山さん、こんにちは。外国の山さん、こんにちは。大きな山さん、こんにちは。小さな山さん、こんにちは。』
『やあ、また山の写真の本を見てくれたね。ずっと待っていたんだよ。』
『山さんは僕が山の写真の本を見ているとうれしい?』
『ああ、すごくうれしいよ。』
『どれくらいうれしいの?』
『いっぱいうれしいよ。』
『そう、僕と同じだね。』
『そうだね。』

『ねえ、山の写真さん、日本で一番高い山は富士山だよね。それでは、日本で一番低い山はどこなの?』
『日本で一番低い山はね、大阪にある天保山という山で、高さは四メートルしかないんだよ。』
『ふぅ~ん、低いんだね。』
『そうだね。』

『では、世界で一番高い山はどこなの?』
『チベットと中国の間にあるエベレストという山だよ。すごく高いので、一年中雪で真っ白なんだ。』
『富士山は冬だけ雪で真っ白になるけれど、エベレストはいつも雪で真っ白だから、すごいんだね。』
『そうだよ。世界で一番高い山だからね。』

『日本の山は色が変わるよね。冬は雪で白くなり、春は新しい葉っぱで黄緑色になって、夏は葉っぱが黄緑色から緑色なって、そして、秋は葉っぱが赤くなって、山が赤い色になるんだね。』
『そうだね、季節で山の色が変わるよね。』
『山にはたくさんの生き物が住んでいるよね。鳥や猿や鹿がいるでしょ。それから、カブトムシやセミやクワガタもいるよね。』
『そうだね、たくさんの昆虫もいるから楽しいよ。それから、クマもいるから気を付けないといけないんだよ。』
『うん、わかった。いつか山に行った時には気をつけるよ。』
『明日はね、乗り物の本を見るから、山の写真の本さんはまた今度ね、バイバイ。』
『うん、わかった。それまで寝ているよ。バイバイ。』

     おしまい
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クツの気持ち(2) | トップ | 飛行機の気持ち(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。