てんから、てんから、てんからてん(3)

2017-07-17 08:41:11 | 童話
そして、しばらくして、また満月の夜に
『てんから、てんから、てんからてん。』、
『てんから、てんから、てんからてん。』
と聞こえてきました。
『これから、学級委員会を始めます。それでは、今やっている活動を話しあいます。』

村の小学校の動物達が
『柿や栗の果物がいっぱいなったので、みんなで仲良く分けて食べています。』
と発表しました。
今度は都会の小学校のイヌとネコが
『果物がいっぱい乗った甘いケーキを、みんなで仲良く分けて食べています。』
と発表しました。

『それでは、質問のある方はいますか?』
都会の小学校のイヌとネコが
『村の小学校の動物のみんなは、虫歯が有りますか?』
と聞くと、
『虫歯と言うのは何なのですか?』
と、村の小学校の動物達が質問しました。
『えっ、虫歯を知らないの?』
『うん、知らないよ。』
『虫歯はね、甘い物を食べた後で歯を磨かないとなるんだよ。都会は虫歯の動物が多いんだよ。』
『痛いの?』
『うん、痛いよ。痛いから歯医者さんで直してもらうんだよ。』
『ふぅ~ん。痛いんだ。』

今度は、村の小学校の動物達が質問しました。
『秋になったので赤トンボがたくさん飛んでいますが、都会にも赤トンボはいっぱいいますか?』
『赤トンボって何なのですか?』
『えっ、赤トンボを知らないの?』
そして、村の小学校の動物達が、赤トンボがいっぱい飛んでいる所を月に映して見せました。
『わぁ、本当に真っ赤だね。』
『そうだよ。赤トンボはね、人差し指を上に向けて動かないでいると、その人差し指に赤トンボが止まるんだよ。』
『かわいんだね。』
『うん、かわいいよ。』
『村では、赤トンボは毎日飛んでいるの?』
『うん、秋には毎日飛んでいるよ。』
『都会では、公園で一度飛んでいるのを見たことがあるよ。』
『少ないんだね。』
『うん、少ないね。』

『それでは、今日の学級委員会を終ります。また次の満月の夜に学級委員会をします。
バイバ~イ。』
『バイバ~イ。』
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てんから、てんから、てんか... | トップ | てんから、てんから、てんか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

童話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。