カタツムリの富士登山(5)

2017-07-11 21:10:03 | 童話
『ランランラン、ランランラン。』
『ピッピピピ、ピッピピピ。』
『寒くなってきたね。高い所は、山のふもとよりずっと寒いだね。』
『僕もこれ以上高い所へ登って行くと、他のトンボに会えなくなってしまうので、僕も山のふもとへ下りていくね。カタツムリ君も気を付けてね。』
『僕はまだ登っていくね。ここまで一緒に登ってきてくれてありがとう。僕が下りて来たら、また一緒に下りようね、バイバイ。』
『うん、カタツムリ君、気を付けてね、バイバ~イ。』

そして、ここからは僕だけで頂上を目指して登って行きました。
チョウチョさんもトンボ君もいないので、注意して登って行きました。
『う~、寒い。風が吹くと急に寒くなるなぁ。』

僕は、お父さんの言った
『寒くなったら、背中の家から出たら絶対ダメだよ。』
を思い出した。
『よしっ、今の内に風のこない温かい場所を探そう。』
丈夫な岩の、風のこない場所を探した。
『あっ、ここは丈夫だし、穴もあまり大きく無くて、風が入ってこないや。』

僕が穴の中に入ると、コケが生えていて温かく、コケはお水をもっているので、僕の体も乾燥しないみたいだ。
『よしっ、ここに決めた。僕は温かくなるまでここにいよう。
『コケさん、春まで一緒にいようね。』

そして、僕は穴の外のお水をタップリ飲んで、僕の家に入って寝た。
『温かいなあ。』
そして、僕は暖かくなるまで寝ていました。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カタツムリの富士登山(4) | トップ | カタツムリの富士登山(6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

童話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。