今日の南相馬市小高区

東電福島第一原子力発電所から20Km圏内の南相馬市小高区の復興・復旧や住民が抱える放射能問題等の現況を発信しています。

海に異変?

2016-10-25 | 小高区

10月下旬に成り例年だと。小高川の鮭の遡上も本格的になっていよいよシーズン到来となっているはずであるが、今年は水温の変化かはたまた鮭が途中で道草を食っているのか、河口では鮭の姿が全く見られない。相馬の松川浦に行き鮭釣りをしている人に聞いても同様である。私の昨日小高川の河口今年初の鮭釣りに参戦したが、残念ながら釣果はなしであった。私以外7~8人の太公望がいたがやはり釣果はなかったようである。今後に期待したいが、昨年度大漁であった状況とは雲泥の差がある。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来春統合再開予定の小高産業... | トップ | 福島民報&福島民友新聞の避... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小高区」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。