おっぱいとわたし 相言葉は「治ってる」。「どんどん良くなる」

昨日、健康占いをした。自分の居場所をもう一つ作りなさい。ブログでもいいから。だからサバイブするために、作ったブログです。

告知を受けて、卵子凍結の決意①

2017年05月18日 15時34分16秒 | 卵子凍結
少しずつ、少しずつになると思いますが、今日から卵子凍結への道のりについて
記事にまとめていこうと思います。

私がまだ闘病中なため、思い出しつつ時系列で、
まとまりもつかない部分も大いにあるかと思いますが
参考にしていただければ、と思います。

2016年12月3日に乳癌の告知を受けた私。

抗がん剤を使用する方針も決まりました。

医師から、抗がん剤で不妊になることについて、特に説明はなかったと思います。

が、私がたまたま医療系の職場で働いていた経緯もあり、
知識が全くないわけではなかったことから、「卵子凍結したい」という希望を
最初に伝えました。

この決断が正しかったか、私にはわかりません。

・治療が遅れること

※現実に、乳頭分泌液があった時点11月25日のしこり1.3mmが、抗がん剤投与開始時(1月25日)には1.5mm(少々隆起し石灰化もあり)と成っていました。
⇒なぜ2か月も期間があいたかというと、年末年始で凍結室のLABOの年1回の点検日にあたったため、12月後半は採卵ができない期間があったためでした。

あ、採卵により、抗がん剤投与が送れる人は、投与開始前にしこりの大きさをエコーで調べてもらった方がいいと思います!

私は、主治医にお願いして事前にエコーしてもらいました。
病院や主治医によると思いますが、
わざわざお願いしなかったら、多分やっていなかったと思います。

主治医も私に言われて「そうねぇ。2か月たってるし、やっとくかぁ」という感じでしたので。

この時点では、大したことないと私も主治医も思っていましたが、
最初のAC療法が効果を得られず、4回のうち2回の投与で終了。
ドセタキセルに変更する際には、腫瘍マーカーが倍増します。



・抗がん剤をするからだで、妊娠を望むことはいいこと?
・そもそもパートナーがいない
・年齢(37歳)の問題で、健康でも妊娠のラストチャンス。病気の治療でホルモン治療をするのならば、5年は服用⇒妊娠を望むなら、2年は服用して、いったんお休みして妊活するようにお話している。と主治医。

母親は治療が遅れることを懸念して、卵子凍結に反対でした。

「あんたが、長生きできるかわからないのに、子供を産まれても困る(母が、子育て代行したくない、できない)」

と言われました。

姉は「したいのであれば、やっておいた方がいい」

と言ってくれました。

どうして卵子凍結したかったのか?

「したいと思ったから」

そうとしか、当時の気持ちは説明できません。

ただ、普通に暮らしていて、結婚して、あぁ子供に恵まれないなぁ。というのと

いきなり「びょうきです 、不妊になります、 胸も全摘する予定です」

と言われて

何もかも、病気にいきなり奪われるなんて、到底受け入れられない!

そう思ったことを思い出します。

「卵子凍結したかった」

ただ、もう突き動かされるような想いでした。

結果的にいうと、

私は、卵巣予備能が低くて、既に不妊体質であり

排卵促進剤を打ちまくっても、2回の採卵で
「3個」の卵子を凍結。

思い通りにはいかないのが、不妊治療なんだと思いました。

3個の卵子に奇跡が起きるのか????
わかりませんが(その前に結婚したいですし)
ただ、

その時がきたら

抗がん剤を受ける前に、卵子凍結した、というのは

価値あることだと思っています。

人生、何があるかわからない

結婚したい人が現れて

その人の子供を授かりたい

そう心から望んだときに

凍結しておいてよかったと思うと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爪の状態 | トップ | 卵子凍結できる病院を探す② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。