おっぱいとわたし  2016.12.3右乳癌告知 HER2(3+)ホルモン陰性浸潤径1.5cmステージ1

37歳独身:卵子凍結 術前抗がん剤(AC中止・ドセ+ハーセプ4回 5/6最終)
6/8全摘・エキスパンダー挿入中

目の前の主治医を信頼すれど、すべてをゆだねず。

2017年08月09日 16時15分49秒 | 乳がん
先生って、ストレートな物言いする人、多いよね。

こっちはショックで混乱してるのに。

先生って、毎日癌患者見てるから
慣れちゃってるもんね。

まるで、「水ぼうそう」患者に向かって言うみたいに
軽く「胸を切る」って言うよね。

多分それは、むやみに怖がらせないようにっていう配慮だと思う
⇒けど、それは方法として、多分違う。。。

それで、すべての言葉を、感情で受け取って
傷ついちゃう時って、あるよね。

私の主治医、結構「塩対応」(+o+)

いろいろあったよ。

相性がいいかというと、そこは不明。


でもね


私、大学病院で医師と密着して働いていたから
知ってるんだけど

大学病院の先生って

それこそ

「身を削って」働いている。


根本的には「人を救いたい」と思って働いている。

それは、確かな事実です。

だから、相性が悪かったり不信感を持ったら
先生を変えても、いいと思うんだけど


先生だって、目の前のあなたの命をどうでもいいと、思ってるはず、ないと思うの。

だから
この先生で行くって思ったら
基本は目の前の人を信じていたい。

でも、信じてるけど私は、私のことを「委ねる」つもりはありません。

先生が万能か?って思う?
万能の人間なんていないもの。

余談だけど・・・
PC画面ばかり見ている先生は、ブラインドタッチできない先生だろうし
そもそもPCの授業なんて、医学部にないからね。
医師は忙しすぎるよね。自分の食事もソコソコだし。
外来やり取りを記録する、専門事務を設置してもいいと思うんだけど。



自分の命は自分が持つ。

だから、自分の病気について、くまなく知りたいし
調べるし、先生が忙しいことは知ってるけど、納得いくまで質問する。
質問する内容をあらかじめ、紙に書いていくし
主治医の了解を得て、外来のやり取りを、録音する
(録音しないと、そして何度も聞かないと、理解できません)

時には、先生、その物言いないわ~~~。と、落ち込むし
治療成績が低かった時も
恐れと不安でどん底に落ちた(それを、寄り添うタイプの先生ではありませんので。)

何度も折れたし、泣いたし、

でも、何度もはいあがってきた。(今だその繰り返しだと思う)

でも
目の前の主治医は間違いなく私を助けようとしていることは確かだから信じる

信じるし、信用してるし
私が選んだ主治医なのだ。

けど、主治医の選択を他の先生も選択するのか、確認もする
(がん研有明の電話相談とか、乳腺外科の先生のボランティア相談窓口とか利用した)

治療について本で勉強もする

主治医以外の担当医(同じ医局の先生)にも、主治医にしたのと同じ質問もする。

私が納得することが大事。

正直

告知・術前化学療法・手術 

ここまでジェットコースターだから、先生との人間関係を作る時間なんて、ない。
人間関係を作るのは、経過観察になる術後から、やっと作り始める。そんなもんだろう。


毎度、長くてまとまりがなくて、すみません。

でも、素人でありながら、医師との距離が近い仕事を経験し、癌患者を経験した
私ができる
先生との付き合い方のアドバイス?経験談?として

記載してみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌が見つかるまでの私の身体... | トップ | 関節は正直♡ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乳がん」カテゴリの最新記事