おっぱいとわたし 相言葉は「治ってる」。「どんどん良くなる」

昨日、健康占いをした。自分の居場所をもう一つ作りなさい。ブログでもいいから。だからサバイブするために、作ったブログです。

朝日を浴びよう

2017年03月15日 15時38分51秒 | 日記
昼夜逆転に近い生活になってしまった私。
正確に言うと、これは癌治療に入る前、鬱(癌も鬱もすごい漢字だよね)になったときから
生活が乱れていた。
告知前後はMAXで、横になったまま、浅い眠りでおきては泣いていた。

それをなんとかしたく
米ぬかを朝いちに予約。

今日も浅い眠りだった。
でも頑張って朝、まだ寒い庭に出てみた。

朝日を背に浴びると、ほんわりと日の温かさをかんじました。

ほんの5分くらいかな、でもパワー感じた~。自然のパワーっていいよね(*^。^*)

毎日続けてみる!

パワーといえば、まきちゃん先生にすすめられて「一義流気功」を受けることにしました。

気功の内容は、HPで説明読んだけど、よーわからん。

スピ系、一回りやってきた私。(自分を変えたくて。潜在意識のカウンセリングとかブロックはずしとか)
でも、今私病気だから、もう潜在意識はいいやって思ってた。

でも、でも、病気を治した人が「いいよ」って言ってるもの(しかも現役医師)。
やらずに後悔したくない。

これがもう最後、受けることにした。

まきちゃんせんせいは、先日の勉強会での質問を「勇気ある」「偉い」と褒めてくださる。
私としては
こんな機会めったにないのだから、自分の状況を公表してでも実りある質問をしたいではないか。
という理由なので、(会場の人だって、何かしら身体を向上したくて集まった人だろうし)
勇気なんてだしてないの。

今まで頑張ってきたから、心配掛けていいし甘えていい。なんて言ってくださる。

・・・・・・・・が、まさか、私が今、上げ全据え膳で、ぐうたらねてばかりいるか
図書館で借りてきた、さくらももこ大先生の「たいのおかしら」を読んで、腹を抱えて笑っているとは、まきちゃん先生も、まさか知る由もないだろう。
子供のころから、怠け者だった私が
ちょっと仕事でがんばったのがいけなかったのだ。

3年寝太郎は3年ですんだし、さくら大先生は17年で済んだ(その後2人とも大活躍だ)
まきちゃん先生は、医師として人を救い続けておられる。

そういう燦然と輝く人生を歩まれた方の、物差しでは測りしれないのが、私のなまけっぷりなのだろう。怠け太郎も、もはやびっくりなのではあるまいか。

というわけで、どうわけかしらないけれど、

とにかく、親にこれ以上心配掛けるのは、さすがに忍びないので(甘えるのは辞めない)
いっちょ、気功でもなんでも受けて、心身のエネルギーを回転させてみようじゃないか。
と、まぁ自分のエネルギーを回転させることにすら、他人様の力を借りて
楽をしようとしているところが、私の渡したる故であろう。

ちなみに、気功の中の愛05とは、0歳から5歳までに、受けられなかった愛情を満タンにするらしいのであるが、一体、全体顔も知らない、よそ様にそのようなことが可能なのであろうか。
もし、可能であれば、なんだか申し訳ないねぇ。。。まるこや。。。と
まるこの、祖母なら茶をすすりながら、言うに違いない。

なんなら両親は健在なので、「おいこら!愛情不足で今病気になったらしいぞ」と警告してもいいのだが、両親は両親で、できるだけの愛情は注いでいたに違いないし、私もそう思っているので、それで病気になったなんていわれちゃ、60を過ぎてそんな言いがかりは、非情な気がする。

何がいいたいのか、わからなくなってきたが

藁にすがる。そういう思いである。

ヨガも再開することにした。

体力を落とさないため、手術に耐えられる身体をキープしたい。
腹式呼吸を身につけられれば、不安も鎮まるというものだ。

天地を逆にするポーズでハゲがお披露目されるかもしれないが

普段から、平常心を保つことの鍛練を行っている
ヨギーニたちは、そんなことにも動じず
あの、タイの人たちの静かな微笑み(ヨガはインドか?)を持ってして、
私のことを笑う者など、いないに違いない。
それでこそ、ヨギーニなのだ。

そうだ、ヨガいこう。なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダラダラとした覚書(冷え取... | トップ | 医師から学ぶ冷え取り健康法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。