おっぱいとわたし 相言葉は「治ってる」。「どんどん良くなる」

昨日、健康占いをした。自分の居場所をもう一つ作りなさい。ブログでもいいから。だからサバイブするために、作ったブログです。

入院中役に立ったもの

2017年06月16日 20時36分00秒 | 入院
私の入院は8日でしたが
主治医から2週間を予定されていたので、ほとんど住む気分で準備を致しました。

実際に入院してみて持参してよかったものをお伝えしますね。


1、マットレス

これ、本当に持って行ってよかった。
病院のベッドは硬いんです。ものすごく。
化学療法中、腰が痛くなってました。
自宅からマットレスを持参して、ほんと~~~~~~~~~~~~~~~~~によかった。
※許可を得てますよ。
おかげで、術後の身動きが取れない時間も、随分助かりました。

2、ペットボトルに付けるキャップ

ごめんなさい、名前忘れたけど・・・100均で買いました。
術後、喉が渇く(麻酔挿官してるから)んですが、いちいちペットボトルのキャップ明ける握力がないんです。
ワンタッチであけられて、ベッドにごろんとおいておいても、漏れないキャップ。
これ、便利です!

いちいちこんなことでナースコール押せないもんねぇ~。


3、マウススプレー

口の保湿スプレーをマクラ元に置いておきました。
麻酔の後って喉がイガイガするんです。
おいておいたら、術後ナースさんが「使う?」って聞いてくれて。
飲水許可が降りるまで、喉のイガイガと渇く感じが緩和されてうれしかった。
レモン味だったし。
まぁなくても、数時間の我慢ですが・・・。
1回しか使わなかったけど(笑)



4、S字フックとハンガー

これは言わずもがなですね(笑)


5、泡から出る石鹸(ボディソープと洗顔とシャンプー兼用)

私は昔から、ミヨシの純せっけん派。全身これだけ。
術後は下半身のみシャワーOK。
でも、ドレーンが濡れないように気をつけなきゃいけませんし、腕もまだ痛いし
シャワーの時間はトータル20分だし・・・。
泡からでるタイプにしとくと、とっても便利。

かさばるのでボディ用のボトルではなく、ハンドソープのボトルにした。
中身はね、純せっけんだから、全部一緒なのよ。





6、加湿器

これは、術後、身体が動けるようになってから、大活躍。(水の交換できるようになったら
小さなデスク用の加湿器が一日中フル稼働!!!
病室の乾燥を癒してくれました。



7、100均のかご

なくてもいいけど、あった方が便利なもの。
フック付きのかごがあると、薬や、お箸やごちゃごちゃするものをまとめておけて、
身の周りがすっきりしました。



8、靴下・はらまきなど

入院中、身体を冷やしたくない。裸足は嫌だったので。
冷え取り靴下や腹巻を愛用。


9、手ぬぐい

タオルより乾くのが早いので、私はハゲなので、タオルじゃなくて手ぬぐいで、事足りた。。。

10、顔のパック

乾燥したお顔のケアに。
ケア中の顔をみられても気にしません。


圏外として・・・


11、耳栓

術前に使いました。同室の方の寝息といびきが気になった。
とはいえ、術後、私もうなされて寝言を言いました(自分の寝言でおきた(-_-;))

人のことは言えませんが、しっかり寝て体調を維持するのも大事。

12、ワンセグ
ガラケー愛用者の私。
ワンセグでTVが見られたので、大活躍でした。


13、化粧品(1本で化粧水と乳液が一つになったもの)
ケア用品はいろいろ持っていったのですが、思ったより短い入院期間だったため
このタイプが楽でよかった。
ワンタッチで開閉できるキャップのものが、便利。
腕が上手に動かせないと、こまごました蓋の開け閉めが億劫になる。。。
これも、術後数日のことですので、後は気になりませんでしたので、
なくてもいいっちゃぁいいんですけど(笑)


以上でした!

私としては

マットレスと、ペットボトルに付けるキャップ

この2点は激押しです。

他のものは、離床したら、自分で病院のコンビニで買えますしね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退院後の初外来(形成) | トップ | 6月17日:病理結果がでる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。