おっぱいとわたし 相言葉は「治ってる」。「どんどん良くなる」

昨日、健康占いをした。自分の居場所をもう一つ作りなさい。ブログでもいいから。だからサバイブするために、作ったブログです。

入院5日目:6月11日ブレストバンドをつける

2017年06月16日 18時55分23秒 | 入院
昨夜、眠れず。

起床後、自主的に歩く。
昨日より身体が楽だ。うれしい。

起床前に今後の仕事の候補を考える。

人の役に立てて、自分にもできそうな仕事

・声をかけていただいている米ぬか店で働く
・ワコールで働く
・カツラ関係の仕事
・病院受け付け
・ヘルパーの資格をとる

なんの取り柄もなく、元気なのが取り柄だったけど、それも今はないから、本当に今後どうしよう。やりがいのある仕事がしたい。

今日も形成受診。
先生がブレストバンドをつけてくれる。
きつめにまかないとダメなんだって。

きつくて、しんどいなー。
健康な胸がつぶれそうで心配。

でも、エキスパンダーが上に上がらないように抑えるため、これは必要なもの。


同室の方が、それぞれ術後回復してきたため(私も含め!)

女性同士、お話の花が咲く。

40代保育士さん
60代のお母さん
30代の私

とても気があって、それぞれの人生の深いところまで語り合う。
楽しかったし、誰も何もなくして生きている人はいないとわかる。

もうひと山、登りきってあと少し 
もう少し
頑張ろう。

よく頑張った。

追記:シャワー洗面台に頭を突っ込んで洗っていたら、面会に来た60代位の女性にじっと見られていた。
患者さんに見られるのは気にならないけど、面会者に見られるのは、嫌なものだ。

健康な人が、高みに登ったところから、のぞいているような、嫌悪感がある。
もしかしたら、これは、自分も健康だったとき(健康だと信じてた時)無自覚に
こういった視線を送っていたのかもしれない。
例えば
電車の中や学校やいろんなところで・・・。

もっと今より若く、健康で、世界に不幸や病気があることが
別世界だったころ。

自分の周りは、笑顔と面白いこと、可能性や興味深い経験にあふれていたあの頃。

世界の主人公は、自分ただ一人だとしんじてうたがわなかったあのころ。

いまでも私は私の人生の主人公だ。

でも、それは、みんなそうなのだ。

みんなが主人公なのだ。

自分以外はわき役のような、尊大な感覚は
若く美しいあの頃の時代、皆一通り経験するものだろう。

そして、ありがとうと言われる立場から
ありがとうと言い続ける立場になったときの、ふがいなさよ。

健康のありがたみよ。

シンプルに身体と心をもっといたわろうと思う。

すべての経験が、私の血肉となり栄養分になって
隅々まで行き渡りますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院4日目:脇のドレーンが... | トップ | 入院6日目:6月12日 大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。