ピタットハウス浦和店 不動産屋スタッフのリレーブログ

ピタットハウス浦和店スタッフのブログです。リレー形式で日常の出来事や、私たちの想い、私たちの体験などを綴って行きます。

バンジージャンプに行ってきました。

2016-09-17 11:49:52 | 日記

塚越です。

私のお誕生会でサラッと放った友人の一言、「バンジージャンプしたいな~

聞き流しても良かったが「あれっ?前、一緒にやらなかったっけ?」と、うっかり反応してしまった。バンジージャンプの記憶を忘れる人もいないかと思ったが、しばらく考えてから「やっぱりやったことないと思う」という。よくよく考えたら20数年前のことだから彼女と知り合う前だ。確か高さは20メートル前後だったかと思う。一番上まで登ってみたらなんだかショボくて、怖さより寒さに震え、何のためらいもなく飛んでしまった記憶がある。

10歳頃に高飛び込み用の飛び込み台一番上の高さ10メートルから飛び込んだことがある。あの時も下を覗くと怖かったが、自分から好んで飛び込んだんだった。まっすぐに落ちたつもりがお尻のでっぱりに水面が当り、あの激痛は今でも忘れられない。

タンデムのスカイダイビングもやった。一緒に飛ぶ人にどんな飛び方にします?と聞かれ「一番、恐怖感のある飛び方で」とお願いしたら、頭から真っ逆さまに行った。あまりにも高すぎて地面が迫ってくる感じがないので全く恐怖感が無かった。

それから今は無き東京マリンの「フリーフォールカミカゼ」。高さ28メートル、傾斜角度60度、水着一枚で時速70キロを一気に滑り落ちるウォータースライダー。スタートするときにその傾斜角度がきつ過ぎて5メートル先が見えないほど落ち込んでいる。

冒頭の彼女は私の無茶ぶりな好奇心にいつも付き合ってくれた。スカイダイビング然り、フリーフォールカミカゼ然り、秘境ツアー然り、ゲテモノ食いツアー然り。そんな彼女の「バンジージャンプしたいな~」を断れるだろうか?中高年の域に達し、時々、動悸、めまいがしていたとしても、体力的にきついものは今のうちにやっておかねば私たちに残された時間はあと少ししかないのではないだろうか。というわけで、彼女は事前にバンジージャンプについて調べ上げており、私の返事を待つこともなくあっという間に日本一の高さ(100メートル)を誇る竜神橋バンジージャンプに予約を入れた。

バンジージャンプに行く前夜、まだ見たこともない高さ100メートルの景色を想像しただけで手のひらと足の裏にじんわり汗をかき、ゾワゾワして寝つきが悪かった。

 当日、竜神橋に向かって出発。近づいてくるほど変な汗をかいてくる

 

 予約時間よりかなり早く到着したので、ゆっくり心の準備ができると思いきや、「すぐにできます」とのことでいっぷくする間もなく料金を支払ったり、体重を図ったり、装備を装着したり準備開始。ちなみに料金は1回15,000円。高所恐怖症の人には「バッカじゃないの!?」と言われた。思いっきり恐怖感を味わわないと損なのですぐに飛んだらもったいない。

てなわけで、ジャンプするところに案内され、

 とにかく頭から飛び込むようにアドバイスされる。躊躇して足から行ってしまうと下まで行ったときに頭が下の方にギューンと振られるのだそう。なんだか聞いているだけで首痛くしそう。

先客が4、5人いたけど「5、4、3、2、1、バンジーーー」の掛け声でどんどん飛んでいく。お金を払ってまで好んで来ている人達ですから当然か。

手のひらとワキ汗びっしょり。飛んだ後にやらなければいけないことが3つあり、手順を覚えさせられるが頭になかなか入ってこない。飛んでる最中に失神したらどうするのかと質問したら、過去にそういう人はいないらしい。

こんな緊張するのは「コニシホーム」の入社面接以来(-_-;)

係りのお兄さんに飛ぶ順番を決めておいてと言われ、「どちらでもいいよ」と言いつつ、悪いけど先に行かせてもらうことにした。

最後の準備も終わり、お立ち台のキワまで小股で歩いて、つま先を少しだけ出す。

ココが恐怖感全開となるところ、ノルアドレナリンが出まくるところ、一番楽しむところ。鉄骨の枠から手が離せず「怖い~、怖い~」とつぶやいていたら「ハイ、手を離して~!ここに長くいる方が怖いです」と軽く早く飛べよ~的なプレッシャーをかけられる。何回も深呼吸して過呼吸になりそうになる。1回で飛べるか不安になりつつ「ハイ、では行きま~す。5、4、3、2、1、バンジーーー!!!」。

   

「グォォッ!!」と声にならない声。

「あれっ・・・?」

思ったほど口から心臓が飛び出てこない(いや、出ませんから)。目の前にあった山の景色がどんどん視界の上の方に流れていって、微かに耳元で「ヒュー」と風を切る音も聞こえる。と思ったら、2回目のバウンド。はやっ!もう終わり。落下している時間は3、4秒。

でも落ちてる瞬間はとっても気持ちよかったです。やっぱりバンジージャンプは飛び込むまでが楽しい。

終わった途端、「もっと恐いことはないか」という話になり、マカオタワーしか思い浮かばず(高さの恐怖感より、本当に紐が丈夫なのかということの方が怖い)世界のバンジージャンプを調べてみたところ、100メートルなんてヒヨッ子だった。世界一はアメリカ コロラド州にあるロイヤル・ゴージ・ブリッジの321メートル。いつか挑戦してみたい。

http://royalgorgebridge.com/

※現在、ロイヤル・ゴージ・ブリッジのバンジージャンプは中止されているようです。

となるとやっぱりマカオタワーか…金額45,000円以上か…

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のできごと | トップ | 夢の一戸建てニャーw »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。