いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 



 
木谷沢渓流 (奥大山)


 晩夏 奥大山原生林の中 木谷沢渓流を散策しました。
大山環状道路沿い 奥大山スキー場の目の前です。
観光に、スキーにと幾度となく足を運ぶ絶景の場所です。
視線は何時もゲレンデとその向うに望む雄大な大山南壁
仲間の写真撮影に同行 初めて知りました。

 

樹木には説明の標示がされている。詳細な説明文に興味を誘われ読んだ。
2種類の大木をしっかりと覚えた。

サワグルミ






渓流ぞいの落葉樹林に見られる。サルグルミ 数本が集まって発芽 
3~4本が一緒になって大木となります。春には白い房状の花が咲き果実は食べられない。


 トチノキ




トチ餅,せんべい等を実の渋を抜き、でんぷんで作ります。渓流ぞいに自生しています。
(パリのマロニエの並木道)は,
この木の仲間です。~~パリは湿地なのかしらと~~

 

   
    ツリフネソウ        ゴマナ             ハギ        ゲンノショウコ      
 

原生林の大木 大山の湧き水が流れる渓流公園 湿地の草叢で色鮮やかな野の花を眺め、写真を写す。自然の空気を胸いっぱい吸って、幸せな時が過ぎていく~    

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





 庄司ヶ滝 ソーメン流し         


らくらく山歩会 8月恒例、ソーメン流し今年も参加しました。
大山の山、川、滝、道と知らない事が余にも---多い。
毎月のらくらく山歩き』全てが勉強
blogで、復習 体力作り 仲間との再会
楽しみな例会です。 

 

参加者全員が道具、食材等を持って出発
歩くだけでも大変な急斜面あり、背丈以上のクマササを押し分けての歩き、
ロープに掴まり歩く難所あり、そして川の中の歩きは1時間30分、
川石を伝って歩く、石には苔がついていて滑る。
注意深く四つんばいになったりしながら源流に向けて登った。
川歩き初体験 足を滑らせ水に落ちる人もいて…油断は禁 
 

 

 

出発から2時間30分 歩いても歩いても滝が見えない… もうどれ位歩くの?そんな、言葉が出るー細く幾重にも曲った川 … 突然に目の前に滝が現れた。 甲川(キノエカワ)の源流『 庄司ヶ滝』 が現れた。 湧き水が岩から岩へと飛沫をあげ落ちている。側面の壁からも水が滴り落ちてくる。冷気がいっぱいV V


ソーメン樋が設置され、石を入れて足場が作られる。ソーメン茹で、薬味、野菜の天ぷらが作られる。

  

TCCテレビさんもソーメンを湯がいて、ザルで水洗いに集中 “ビデオ、カメラ”は?
樋の設置 赤帽さんOKですか?

 

 

流しソーメン、オープン (ソーメン、トマト、羊羹、ブドウ、マスカット、ダンゴ・・・・) 色鮮やかに滝の冷水に乗り流れてきます。皆で作り皆で食べる。滝の下、川の中、2009年夏の一日 今、一度滝を眺めて…
サルナシ:キゥイに似てとても美味しい、春に白い花を付け秋には実が熟します。登山口で見かけました。つるが丈夫で、祖橋(イヤ)のカズラ橋はサルナシのつるで作られている。 

 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





大山横手道ウオーキング

桝水スキーゲレンデ頂上の直ぐ上に横手道があります。雪の季節リフト利用で展望台までを歩いた事しか無かった。今回、山歩きの友について横手道を歩きました。桝水駐車場に車を置き、黄緑がとてもきれいな草原 芝のゲレンデを登って行く。途中からは草が刈られて無く自然のままです。伸びきった雑草の中に、可憐に咲く、野の花を数多く見る事が出来てとても嬉しかった。又此処からの大山の麓、日本海の眺望は素晴らしい。






桝水スキー場から麓を眺める
 
  
マツムシソウ     コオニユリ       キキョウ                    
           
  
ヤマホトトギス        ナデシコ        ダイモンジソウ
  
 ハギ             ヨツバヒヨドリ       ?  

横手道
大山の環状道路(戦時中 木材の積み出しに作られた舗装道路)より高い位置にありブナ、ミズナラなどの林の中の横手道は日本66ヶ国巡礼する廻国行者の道、大山へ詣る道、大山道が5道作られた。その一つ横手道は、大山の西側を横切る道として岡山県、美作、山陽方面へと結ばれた。1町地蔵が寄進され並んでいる。大鳥居が途中にある。六十六ヶ国 山陰の地での指定は(出雲大社、伯耆大山、隠岐の焼火、因幡の一の宮)との標識
大山の麓 直ぐ近くに在住して6年 未だ知らない事ばかりー
それにしても、大山は大きい,高い、1,709mの山は奥が深いーー

  
力強く美しいブナの大木      苔が付き樹齢を偲ばせる杉の大木




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




レンガ 並べ

玄関と車庫の通路 レンガの敷き替え リニューアルをした。
春先の突風で雨樋が飛んだ。
通路のレンガに苔がついて何回も転んだ。
訪ね来た友人に『滑らないでネー』の一言から、
高い車庫の雨樋、間もなく修理に来てもらえた。
この長梅雨の雨水もスムース流れる。
諦めていた樋の修理で雨もり、湿地からも抜け出せた。

  
新しくなった雨樋・車庫の裏と表

 
の付いたレンガ・穴の空いた樋

レンガの並べ替えの助言も受ける。
レンガのリニューアルを始める事にした。 
雨が落ちた場所は敷き土が流れている。
初めてのレンガ敷きに挑戦 早朝歩きの後、
連日レンガと敷石と土に取組んだ。
傾斜地なので勾配のつけ方が難しい、
レンガの並べ方も再三の手直しをしながら…
毎日毎日、雨が降り中断 思うようには進まない。
お盆に来る、家族に滑るからと…云わなくて済むようにー

   

   

 昨夕にどうにか全部のレンガを並べ終えた。固い蕾の百合も丁度咲いた。
レンガは間隔を空けて並べた。白い小石か芝を植えようかと未だ迷っている。
毎日流した汗と根気のレンガに自己満足 ホットするお盆前の夏日

 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




 

トレーニングの朝に- - -

気儘なトレーニングで過した半年間、短期就業で休止した事に続いての日々だった。それを特に意識する事も無くハードな山歩き、スキーも出来た。 しかし、7月のユートピア登山では、弱くなった歩きを痛感し毎日のトレーニング 継続を決意した。今年の長梅雨に傘を持っての歩き、気持ちいい汗を流しています。 今朝はペンション展望公園まで1時間少々の歩き


大山伯耆町の地図  ペンション展望公園
 


米子市街、中海も霧雨の中に消えて・・・展望台


広大な大山の丘陵地に競走馬の訓練施設


施設内はバラ園にもなっている。

 
月見草が未だ開花している早朝ー帰りには萎んでいる。


ウバユリ(姥百合)が一面に自生 満開 奥深い優美さと侘しさを感じる。
(葉(歯)が落ちてありません。姥も子育て 子供が成長した時には歯が無くなる。名前の由来、)

  
今年も(キカラスウリ) きれいな花に出合った。早朝に咲く花


公園近くの草原で草を食む馬かロバか?人なつこく近づいてくる?? 

今日はケーキ日 久しぶり食べました。

~~~~~~☆~~~~★~~~~~~~★~~~~

カラスウリ2007年7月 投稿ブログから~  

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )