いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 



 

10月 登山ユートピア

らくらく山歩会は、 雨にも負けず風にも負けず、何処までも…歩きます。
この悪天候を憂うるでも無く、意気揚々と遠く大阪、鳥取、岡山から早々と集合、
ユートピア小屋へと急傾斜地もらくらくと登って行く会員の皆さんです。何時も笑顔で強風雨の中でも写真を写し周囲の景色、植物に目を向け会話されています。レインウエアーで視野が狭く、懸命に歩く私はカメラもリュックから出せません。聞えてくる会話から紅葉の景色に目を向けるのみです。入会1年を過ぎ難度4.5に初挑戦です。


元谷まで下山 小休止、雨が止みカメラを出した。

今回32名は5グループに分かれて班長と行動を共にしました。急斜面、岩壁と尾根、近くになり冷たい雨と強風、突風に岩にしがみつき、ロープに掴まり恐怖の中、一歩ずつ慎重に進む、頂上近く大山キャラボクの自生地に入る。小さな赤い実はまるで赤いダイヤのように点々と熟れている。種ばかりのような実が甘くて喉をチョットだけ潤してくれる。出発間もなく降り出した風雨は、次第に強くビュービューと音を出し台風のように木々を揺らし紅葉を落とす。立って歩くと吹き飛ばされそうな危険な難所も抜け、大山頂上の尾根、ユートピアに到着した。


こんな難所でも写真を写されるベテランカメラ&歩きの先輩に写真をお願いしました。
月々の山歩きの写真をアルバムに作成され表紙をつけて会へ寄贈されています。


レインウエアとリュックカバーが紅葉難所の中をくねくねと登る。


元谷から米子市街地~美保湾を望む、海の方は天気が良さそうです。


登山遭難碑 (大山遭難者を弔って積まれたものです。)
『ケルン』登山道の分岐点などを表す為に小石を円錐状に積んで作られた。


悪天候の為ユートピアからの縦走は中止され砂滑りでの下山に変更された。
其の為難度は4.0に下がった。ーキツカッタ~のに…砂滑り初体験でした。


砂滑り下山 先輩の写真



豪円駐車場にて解散、登った大山を見上げる。
(あと1ヶ月もしたら雪景色も見られるゲレンデは12月23日がスキー場開き)

沢の上部はゴロ石で落石が危険です。当日は雨で落石は、少なかった、砂利の中へ足を取られ、かなりのコツがいる。スキーのように斜滑降で降りようとする砂滑り初めての私です。、踵に重心を置き正面に向いて歩く、7名は続けて一緒になって降るようにと、班長から注意、指示が出た。今回の山歩きも初めての大山のユートピアでした。多くの知識を得る事が出来ました。頂上ユートピアにたどり着き、ホッとしました。小さな小屋に入りきらなく、雨と寒風の中でかじかんだ指でどうにか取り出したおにぎりも喉をこさない、持参したお湯で、お味噌だけをようやくに溶かし飲み干しました。(かじかんだ手に具が開けない…)  仲間に頂いた熱いお茶の一杯がとても嬉しく温まりました。小屋の廻り風の少ない場所を探し足踏みして手を擦り…早く降りたいー 小屋の入り口6℃でした。こんな、厳しい山歩きも体験しました。 ー20℃のゲレンデでもしない初体験でした。小屋の前での班毎の写真撮影、満面の笑顔の皆さんに! 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




     大相撲 米子場所観戦                                

相撲観戦ーエェ,ウゥ・ン TVニュースで観るだけで興味の薄い大相撲 今、話題の『可愛がり、ーー、八百長…』 問題で、そうなんだ…と独特な言葉のいくつかを知りました。 それくらいの事しか解らないのですが… 観戦に行く事になりました。 皆生温泉に近いR431号沿い 産業体育館です。バス、乗用車も入り大変な人です。国道431号は、ケヤキ並木が延々続きます。丁度、紅葉が見頃です。綺麗なケヤキ並木に、先ずは目を奪われました。



写真の座布団は、土俵入りする力士絵です。座布団に座っての観戦、お土産に頂いて帰りました。
 
  

相撲の取り組み 幕下力士の取組が始っていました。行司の呼び出し、館内放送からも紹介がされます。 顔と名前などを取組み表と合わせながら観戦、 直ぐ近くで出番を待つ力士達の笑顔と雑談、しぐさに、何処にでも見かける若者らしさに、何だか安心しました。 初切、相撲甚句、土表入り櫓太鼓打ちと初めて目にする、一連のパフォーマンスに笑い、最後まで席を立つ事も無く、大勢の人達に交じりカメラをしたり、横綱や有名力士に送られる声援や懸賞金付きのぼり、と目の前にしました。最後まで楽しませてもらいました。 次々に持ち上がる一連の暗いニユースが信じ難く、一部の力士、部屋での不正行為により全力士が、その重責を負っている事と思い心が痛みました。


相撲甚句力士7人が土俵上で輪になり一人ずつ唄われる。独特の詩です。江戸時代から唄い継がれています。相撲甚句は、地方巡業や花相撲などで唄われているそうです。力士、皆さんの声が、とても良く驚きました。それに季節、今の世相に合わせた詩が面白く聞き入りました。



土俵入り

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




比婆山(1,256m) &鳥帽子山(1,225m)

10月18日 紅葉のはじまった広島県民の森比婆山を歩きました。公園センター、スキー場の周辺には鳥帽子山・毛無山・吾妻山…など9つの山 それぞれの山頂へのコースが案内版に記載されていました。ブナ林を歩く軽いコース2ヶ所5時間位をのんびりと歩きました。山リンドウの花、赤い実の付いたキャラボク、ナナカマド、杉林から桧林、ブナ純林と紅葉の原生林 落葉、椎の実を踏みとても気持ちいい歩きでした。自然の山々は最高の季節です。駐車場で見た車は多いかったのに、なぜか他のグループの人と会うことが殆ど無い…コースどりによるのか? 頂上で初めて数人の方達と挨拶を交わしました。 程好く汗ばんだ身体を公園センター内の比婆温泉で流し公園内を散歩、何十年も前に滑ったゲレンデを懐かしく眺めた。当時のシングルリフトはペアリフトに架け替えられ現在も営業されていることに何故かホッとするのでした。往復180km位を一般道利用で秋晴れの山歩きを楽しみました。

 

 

   



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




大山の夜明け前

10月10日 6時7分 朝焼けの写真 早朝歩きをしていてよかった。感動の数分間に出会えました。この空を眺めて30分位も過ぎてから太陽が昇ってきます。 この位置から1時間半、山へ向ってトレーニングします。

 

  10月10日 14時20分 大山の空とコスモス


10月12日 17時25分 沈む太陽と茜雲 大山を写す場所から反対に西の空 中海へと一日の終わりをきれいに染めて暮れていく風景が眺められます。


10月9日 松江 フォーゲルパーク

宍道湖北側湖畔に位置するフォーゲルパークへ初めて行きました。世界最大の規模、驚くばかりのスケールです。午後から一般道利用で往復ー近所の方に便乗させていただいて…中々きつく道中ー車酔い… しかし一歩園内に入ると、、花の楽園満開のベゴニア、フクシア…等に目を奪われてしまい体調も回復していました。心が和み癒されました。 鳥の楽園テーマ園では、珍しい鳥、鳥達のショーは、臭いに過敏な為、足早に通り抜けました。いつも見ている、野山の可憐な花とは対照的になんとも晴やかに、全てが満開で咲き誇っています。

  

  

   
入園口 (庄屋屋敷イメージの長門)         たくさんのお花の中で… 


        

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





白壁土蔵の街並み散策

江戸・明治時代の古い白壁土蔵、赤レンガ、玉川沿いに、昔ながらの土蔵や商家の街並みが保存され、当時の面影を残しています。懐かしい風情が昔のゆったりとした時をしのばさせてくれます。土蔵と商家の間を流れる玉川はとてもきれいに清んでいて静かな流れです。小さな石橋がかけられ、周囲の景観とよく調和しています。土蔵群の一角は、ショップや工房などに改築されて、倉吉の新しい観光名所として静かなブームを数年前から起しています。今回9月末の秋日和 帰岡途中に、友人と訪れる事が出来ました。しばし、ゆったりとした時間を過ごしました。


『萩の花』 ほどよくマッチしています。 


『クス玉』酒蔵の象徴?


『玉川と石橋』

 
『竹細工』 職人技に感激、季節の野の花が似合う竹細工を購入


~~~~~~~~~~~~~~

10月はじめ大山は…

ーコスモス『秋桜』・ススキ『薄、雄花』ー


庭の随処に咲くコスモス 


庭のコスモスと大山『早朝』


朝焼け大山


大山とコスモス 日の出前

  
ススキと大山『早朝に…』              ガソリンの高騰2008年9月
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )