いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 



 

 みつがしわ山の会  No,

isduti_ko61.jpg
 
10月10日(金)霧・晴れ
6:00朝拝,弥山頂上山荘7:00―天狗岳8:00―土小屋11:30ー岩黒山(1745,6m)

ー土小屋
 
天狗岳(1982m) 巨大岩をつたい歩き 聳える天狗岳山頂
迫力ある風景 歩きを楽しみました。 

天狗岳山頂に立つ 11人とカメラのFuちゃん
カメラ 登山エキスパート Fuさん (リンク→FunaちゃんのHPへ)


天狗岳の紅葉 取巻く雲海 10月10日 午前7時の山容
1982mの天狗岳は、コメツツジの紅葉が岩峯を赤く染めて、
 ガスのベールが神秘的 山姿です。

7:49 天狗岳から戻り カメラ 此処 鎖から歩く 

この鎖に掴まっての歩きから天狗岳まで往復 山歩き最高の醍醐味でした。
 

GPS画像 実歩行コース FUさん画像    拡大可
 Fuさん GPS画像 Funaちゃん GPS
10月9日 GPS                    10月10日

石鎚 頂上社をロケーションにFuちゃん 7:47 天狗岳  
   
天狗岳にて石鎚神社頂上社を背景にしてFuさん   ベテランの 2人 KaさんOtさん
 石鎚神社 正面の天狗岳へ 岩登り(12人) Fuちゃんカメラ fu_6.jpg
岩峰を 4本足 腹這で歩きました。山頂神社前から仲間に見守られて歩きました。 
天狗岳をぐるりと歩いてきました。
天狗岳へ 一歩一歩慎重に先輩リーダーのアドバイスで辿り着く 8:00 
1昨年の岩登り訓練 和気アルプスを思い出しながら・・・落下したら・・・おしまいです。
isduti_ko64.jpg8:17 朝の山頂 展望 雲海は遥か下の方に見える。  

 

8:00 弥山山頂へ戻って来ました。 朝の展望 遥か下に雲海が見える。

 

8:25 10日(2日目)山頂での準備体操、  isduti_ko65.jpg      

8:20 山頂で朝陽に向って準備体操

 12:49丸瀧山 覚心寺 鳥居前 (集合写真)

  12:49 丸瀧山 集合写真 (男性数人は土小屋ロッジ温泉を楽しんでます。)
 
9:06 
isi_86b.jpg

 岩黒神社参拝  
 
 13:35 岩黒山(1745,6m)
2班 女子グループ  13:36 岩黒山 一班 女子7名 みつがしわスマイル 先輩の皆さんの素敵な笑顔
笑顔の少ないmount 歩きがまだまだ足りないから?

isduti_ko15.jpg 13:33 笹尾根、コメツツジの紅葉の中石鎚山山頂をめざして歩く
kw_3a.jpg kw_4.jpg  

 急登も絶景に癒され笑顔の先輩 isduti_ko63.jpg  
        
 isduti_ko9.jpg 今回のリーダー suさん  

isiduti_59.jpg 見事な紅葉に・・・シャッターお願いして・・・
 
  13:04 紅葉をバックにV v 高山植物に詳しいFjさん シャッターをお願いして… 

写真 拡大 
isi_102b.jpg isi_91b.jpg isi_3b.jpg
isi_02b.jpg isi_1b.jpg コメツツジ小さい紅葉の中 遅れ咲きの白い花を見る事が出来ました。   
  
  
iaduti_ko43.jpg**mount の足 よく歩いてくれました。

8:19 集合写真 報道カメラのKwさん** 報道 Kwさん たくさん写して頂きました。

石鎚連峰 石鎚山 表ルート 1泊 10月例会登山 
名峰 石鎚山 登山仲間から度々聞く山へ初登山が出来ました。

みつがしわ山の会に所属して学び実践させて頂き今日があります。
目にする全てに感激 感謝しました。写真も写しました。
グループの皆さん、本当にありがとうございました。
コメツツジ 初めてみました。 小さな紅葉の中に数個が咲いていました。
白い小さな花、春には白い花の山に成るのでしょうか、
ロープウェイ近くにはスキー場もあり残雪 素晴しい景色でしょう。 

石鎚神社をはじめ成就社など霊峰 この嶮しく厳しい山頂に、
神社がたくさんあり、先人の厚い信仰が延々と今に継承されています。

**長い車中では、9月27日 昼前に突然に御嶽山噴火 大惨事についての
現状況 (死者55人、不明者8人)教訓 対策等 資料 説明が、
会理事長Ymさんからありました。 予測出来ない自然災害 他人事では無く
感深く聞きました。

登山の BLOG 
過ぎし日の登山記録 読返す時、写真を眺め、幼稚な説明文も、
その日、その時が思い出されます。
写真 スライドショー対応でUPしたい。
FC2 今 未だ スライドショー対応が出来ません、と表示されます。


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 石鎚山 弥山 ...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。