いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 




 庄司ヶ滝 ソーメン流し         


らくらく山歩会 8月恒例、ソーメン流し今年も参加しました。
大山の山、川、滝、道と知らない事が余にも---多い。
毎月のらくらく山歩き』全てが勉強
blogで、復習 体力作り 仲間との再会
楽しみな例会です。 

 

参加者全員が道具、食材等を持って出発
歩くだけでも大変な急斜面あり、背丈以上のクマササを押し分けての歩き、
ロープに掴まり歩く難所あり、そして川の中の歩きは1時間30分、
川石を伝って歩く、石には苔がついていて滑る。
注意深く四つんばいになったりしながら源流に向けて登った。
川歩き初体験 足を滑らせ水に落ちる人もいて…油断は禁 
 

 

 

出発から2時間30分 歩いても歩いても滝が見えない… もうどれ位歩くの?そんな、言葉が出るー細く幾重にも曲った川 … 突然に目の前に滝が現れた。 甲川(キノエカワ)の源流『 庄司ヶ滝』 が現れた。 湧き水が岩から岩へと飛沫をあげ落ちている。側面の壁からも水が滴り落ちてくる。冷気がいっぱいV V


ソーメン樋が設置され、石を入れて足場が作られる。ソーメン茹で、薬味、野菜の天ぷらが作られる。

  

TCCテレビさんもソーメンを湯がいて、ザルで水洗いに集中 “ビデオ、カメラ”は?
樋の設置 赤帽さんOKですか?

 

 

流しソーメン、オープン (ソーメン、トマト、羊羹、ブドウ、マスカット、ダンゴ・・・・) 色鮮やかに滝の冷水に乗り流れてきます。皆で作り皆で食べる。滝の下、川の中、2009年夏の一日 今、一度滝を眺めて…
サルナシ:キゥイに似てとても美味しい、春に白い花を付け秋には実が熟します。登山口で見かけました。つるが丈夫で、祖橋(イヤ)のカズラ橋はサルナシのつるで作られている。 

 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )