いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 




4月19日 山歩き会 
那岐山 登山 (1255m)


4月の山歩き会 “イワウチワ”の花咲く那岐山に参加しました。
TCC集合6:00 那岐山登山口8時半 此処までは会員さんの車に乗り合わせ、お世話になりました。車窓からは日本海から登る真っ赤な太陽ー山陰の海岸ー風車ー湖山池と眺め、同乗の先輩から説明を聞きながら~ 2時間少々の楽しいドライブです。


日本海沿いに並ぶ発電風車と太陽 車中から~


JR那岐駅(因美線)近くが、西仙コースの登山口出発点です。


イワウチワの花


初めて出会ったイワウチワの花満開(淡いピンク、白) 那岐山にのみ自生。
登山道周辺、岩の上にも、古木の上にも至る所で咲いています。
急斜面の登山道は杉・桧などの根っこ道 大木を育て支える力強い根に掴まり足をかけて
苦しい歩きの一歩一歩が 可憐なお花に励まされ和みながら~登りました。


先着グループ皆さんの歓迎のトンネルをぬけ拍手と笑顔に迎えられ頂上に出た。


頂上からは360度の展望 鳥取・岡山 県境の山並が周囲を取りまいている。
南岡山県側に奈義町の集落が眼下に箱庭のように見えている。
山の名前など先輩の方から教えてもらいながら…感無量です。
この足で、自然の山から仲間から英気をもらい登った。
青空の下、お弁当のおにぎり、味噌汁が、とても美味しい。
山菜料理一箸どうですか?ワサビは、いかが?と珍しい料理も食べました。


最終 急坂の下り道


那岐山へ登り、会員の方々との再会 一緒に風景に花にと…共に感動して命のせんたくをしました。過ってはゲレンデのある山にしか興味がなく、この那岐山周辺、国道53号 度々通過するのみでした。若狭氷ノ山スキー場へと県境黒尾峠、トンネル、ループ橋くらいしか解りません。
下山後訪れた石谷家住宅、杉の町 智頭町に元禄時代から住み山林経営、国政にと広く活躍され地域振興にも貢献された。『因美線』開通には私財を投じて完成に導いた。石谷家の大規模な屋敷が存在している事に驚きました。此処を訪れたグループの7人はしばし誰が言い出したか…殿、姫と呼び、滝から落ちる水音、池の 鯉、庭園をバックに正座して記念撮影、欄間の凄さ 豪華江戸座敷でも座して 姫の気分?約40の部屋を巡り感嘆の声を何回と無く口にした。今回もたくさんの知識を得る事が出来ました。不便な県境この地に高速鳥取道の開通が 間もない事にも! らくらく山歩会 お世話になりお陰さまでリフレッシュしました。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )