いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 



6月17日 大山夏山登山 1709m

周辺の山々を眼下に眺め案内掲示版と参照する

 

登山口 5時出発 大山1,709mへ登山 7年振りの事です。登山道は1合目から
スッカリ、大きく変貌していた。人手により人工的に変わっていた! 変化に富ん
でいた根っこ道 自然道は無
くなり、何処までも木材で作られた土留の単調な
階段道が続く…


 
殆どがこの様な階段状に成っています。
 
古木で鶯がいい声を聞かせてくれました。


単調な急坂道に、早くから、しんどく成ってきた。パンとコーヒーの
朝食を早目に5合目で済ませた。休憩と兼てー 体調回復で8時過ぎ
ー山頂に辿り着いた。
weekdayの早朝で、視界が開け広々とした山頂、
には5,6人が休憩中だった。


 
山頂に立つ 2回目 2008/6/17 8:20 山頂小屋 鉄塔が夕陽に輝く家から見える。
 

前回には、じゅず繋ぎの登山だった。 今回は、自由にカメラ、展望、
休憩が出来た。6合目辺りから展望開け、登山の醍醐味を味わった。
1709mの山頂からは縮小された箱庭を眺めているように、美保湾、
日本海、いつもの散歩道、ゴルフ場、渓流公園、ロイヤル、ミルクの里、
レークホテル、湖、自宅迄とはっきりと確認できた。大山町海岸の風車、
高速道、スキー場など…何回と無く足を止め眺めた。
いつも、麓から巨峰大山を仰ぎ暮らしながら、
今日は、その大山の頂上に立ち、眼下に見下ろす風景に感動した。
天気に恵まれ、いい登山が出来た。

 

 
約1,000m 上(6合目)から大山スキー場を眺める。
 
 

登山道の人工的改善は、登山ブームで登山者の安全上 仕方ないのでしょうね。
当日は虫(蛾)の異常発生だった?何処までも大群に悩まされ続けた。
用意した虫除けスプレーは全く効果が無かった。下山時には、
登る人達も次々に増え声を掛け合い、お互いに元気を付け合い別れた。
元谷周りで大神神社境内へと下山した。 暑い間の登山は止めよう
と思っていたのに登り切ることができた。
シャツ、上着とも水に浸けたように汗が染み込んだ。

7年前の登山時とは変わった登山道、学校から大山登山をする孫ー
きっと驚くだろう。幼子は根っこの、穴に入り念仏を唱えたり~
GW中の事、頂上の雪の広場で雪投げ、など雪遊びに興じた。
懐かしの写真の場所が無いと? 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 6月16日の散歩


朝の散歩 渓流公園から谷を越え北側急斜面を登った。
ロイヤルvillageにと~ 超高級リゾート地を歩いた。
weekday 何処の建物にも車も人影も無く…
ヒッソリトと深い森の中 充分に管理がされ最高!

湖面近くに、ヨーロッパ風の建物を新しく眼にした。
何て大きな立派な!景色の中にドラマが見えた。
新緑を映した静かな湖面を眺めながら、ぐるりと一周、
湖の公園で朝食 持参したパンとコーヒー
今朝は其処には不釣合いなmountが
ご近所のご夫婦とリッチな気分で朝食をした。


今朝大山は、雲の上に墨絵のように浮んでいた。左端 北よりjからの日の出

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )