いなか暮らし
大自然の中に暮らす日々の画像日記  
 



5月18日 (日曜日) 快晴

香取県民の森7:30-矢筈ヶ山ー小矢筈ヶ山ー甲ヶ:山ー勝田ヶ山ー船上山
矢筈ヶ山(1359m) 甲ヶ:山 (1338m) 勝田ヶ山(1210m) 



らくらく山歩会 5月は大山東側の連山を縦走所要時間
 9時間ー 何回も指折り時間の計算したり、(★★★★★ー4・5
不安と期待で高レベルの縦走長丁場へ初挑戦参加しました。


タニウツギ         サンカヨウ

 オオカメノキ           ダイセンスミレ

ショウジョウバカマ          ヤマツツジ  

タムシバ           イワカガミ

      黄ケマン              ミヤマカタバミ









新緑がきれいな、残雪の山々、登り坂で、ハァ、ハァ、と息をきらし

もう、ダメと思う頃に 小休止1ℓのお茶はカラッポ全て、汗で流し

緑の爽やかな風が心地良く~ありがたく、歓喜の声があがる。

疲労も極限 岩にしがみつき甲ヶ山の狭い頂上に這い登り

小さな茎にピンクのきれいな花(岩かがみ)にエールをもらい、

進む ゴジラの背は、断崖絶壁で険しく切り立ち連なる岩場

一歩 一歩、四つん這いで大きな岩に掴まり足を進める

急傾斜面絶壁ではロープに掴まり足場を先輩の助言を受け

先ずは歩きが先決の若輩者は、カメラに収めたい数々の

カメラポイントも、どうにも成らない 残念無念

木陰で密かに咲き、パワーをくれたお花数点の画像でblog




傾斜面で らくらく汁作り、食材、鍋、燃料の運搬ありがとうございます。
おにぎりがさらに美味しく食後の コヒーと今回も頂きました。3回目
座る場所お弁当置く場所も無い、お汁、コーヒーも恐々と運ぶ、
急斜面でのランチです。


 ゴジラの背 この稜線も歩いた!        小矢筈ヶ山 この山頂も通過した!


山登りの方との出会いで沢山の知識を得ました。
偉大な大自然に触れて視野が少しづつ広くなる。
昨年7月8日に櫃ヶ山登山7合目~両足の筋肉硬縮で泣いた…

その苦痛を忘れる事は出来ない。お世話に成ったメンバーの方達、
あれから一年 先輩達からの度々の激励ーおかげで歩けました。
歩く事の需要な事を実感し確信しました。
5っの山頂に立つことが出来、感謝々

 


大山スキー場~香取集合場所へ 今年もよく滑ったゲレンデ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )